インプレッサ マイナーチェンジ2014-2015 新型のアイサイト3搭載へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの人気車種のインプレッサがこの度、ビッグマイナーチェンジを実施してD型へ改良される。

2014年は現行インプレッサが販売されてから3年ということもあり、大幅な改良が期待されている。

北米ではすでに2015年モデルとして販売されており、日本でもほぼ同じモデルが新型として販売される予定だ。

新型のアイサイトであるVer3が搭載されるもの確実であり、G4、スポーツ両ユーザーにとって新型インプレッサはかなり魅力的に映るだろう。

すでに現行インプレッサは生産停止されており、発売日は11月25日が濃厚となっている。

<追記>
11月25日に新型インプレッサのマイナーチェンジの実施されることが確定した。

細心の安全装備であるアイサイトVer3が搭載され、コクピットのマルチインフォメーションディスプレイのカラー化、静粛性や足回りの向上等々、かなりの進化を遂げている。

⇒11/25日本でのインプレッサ マイナーチェンジD型が発表!その進化したデザイン・機能はコチラ

<2015年2月27日更新>
なんと2015年にハイブリッドモデルが追加されることが発覚した。発売は7月になる模様
インプレッサハイブリッドが2015年に登場!スポーツ・G4共にラインナップか

スポンサーリンク

インプレッサG4、スポーツのビッグマイナーチェンジ

インプレッサ2015(北米版)

今年のスバルはとにかく新型車のラッシュだ。

レガシィツーリングワゴンの後継車として登場した新型ワゴンのレヴォーグに始まり、インプレッサから独立したWRXの新型S4/WTI、そしてレガシィB4/アウトバックのフルモデルチェンジ。

そこで、インプレッサもビッグマイナーチェンジを果たす。

現在インプレッサにはセダンのG4と、ハッチバックのスポーツの2種類が存在する。

なんといっても自動車の大型化が進む中、3ナンバーではあるものの、今は少なくなった日本向けのボディサイズであることが特徴である。

その上、最先端でトップレベルの安全性能を誇るアイサイトがついて、200万円代で買えるのであるから、コストパフォーマンスはかなり高い。

そんなインプレッサがビッグマイナーチェンジによってどのような変化をとげるのかを見ていこう。

あくまで北米での2015年モデルを参考に書いていくということをあらかじめご了承いただきたい。

まずは定番とも言えるエクステリアの変更だ。

インプレッサG4マイナーチェンジ2014-2015(北米版)
インプレッサスポーツマイナーチェンジ2014-2015

レガシィやレヴォーグのようなスバルの最新のグリルに変更されるかと思いきや、グリルについては現行型のものを少しすっきりさせて、フレームをメッキにして多少の高級感を持たせたという感じである。

ただ、フォグランプのデザインがレヴォーグに似たものとなっており、全体的なかっこよさを引き立てている。

そしてインプレッサG4については、ウインドウ下部にメッキラインが入ったところに注目だ。

なぜかスポーツについてはメッキラインが入っていないが、これも、レヴォーグのデザインを取り入れてのことだろうか。

もしかするとスポーツタイプにメッキラインがないのは、形的にワゴン状という面でレヴォーグと似ており、メッキラインを入れてしまうと、デザイン的に競合する恐れがあるといったことがあるのかもしれない。

ちなみに前モデルであるセダンのインプレッサアネシスも同じくウインドウ下部にメッキラインが入っていた。

どうせなら、ウインドウ周り全体にメッキを施してもらえれば、さらなる高級感が感じられるのだが、そこはフラグシップであるレガシィの特権なのであろう。

また、インプレッサのライバルとなるトヨタのプレミオ、マツダのアクセラも同じようにウインドウ下部だけにメッキが入っていることから、このクラスのセダンでは特に違和感のあることではないが。

次にインテリアであるが、インテリアについては高級化されている。

インプレッサ マイナーチェンジ2014-2015 インテリア(北米版)

ナビ回りやコクピットのモニターのカラー化等、かなりレヴォーグに近づいており、吸音材も追加されて、今まで以上に静粛性を持つようになったとも言われている。

後写真ではハッキリとは確認できていないがSボタンの位置が移動になり、おそらくハンドルについていると思われる。

最後に気になるのはアイサイトについてだ。

今年6月に最新型のVer3が登場し、いずれインプレッサにも搭載されることは確実視されていたものの、どうやら今回のビッグマイナーチェンジにて搭載開始となるようだ。

アイサイトVer3はカメラのカラー認識が可能になったことから、より人間らしいブレーキのかけ方ができるようになり、緊急停止に対応できる速度も50kmまでになるなど、自動車の安全・快適面で今まで以上に大きな役割を果たすようになった。

ただ、車線の中央維持の機能については、専用の車体設計が必要なのか、それとも上位車種との差別化なのかは今の所不明だが、今回MCされるインプレッサには搭載が見送られることになる。

ターボをつけるほどのスポーティな運転を望まないのであれば、ビッグマイナーチェンジを果たす新型インプレッサは、かなりお買い得で、スポーティで快適な車であることは間違いないだろう。

レガシィでは大きすぎるし、ターボはいらないのでレヴォーグより値段がお手頃な車が良いという人にとっては、新型インプレッサはうってつけの選択であろう。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサイトがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

この話題に対するVoice

・年改後のインプレッサに期待

・G4の窓枠メッキモールはスポーツにも付けりゃ良いのに…

・D型のメーター内のカラーディスプレイ化も情報量増えてて良さそうだね。

・G4HVが欲しいぜ

・もうD型の話か… と、感慨に浸るA型乗り
<ネット上より>

ビッグマイナーチェンジとなるインプレッサD型への期待は大きいようだ。また、昨年噂になったG4のハイブリッド版を望む声も挙がっており、少なからず、インプレッサのハイブリッド化を望むユーザーがいると思われる。

今回は現行モデルに対して挙がっている要望に対して上手く対応した、期待以上のマイナーチェンジだと思う。

筆者的にはさらに電動パーキングが付けば最強だと思うのだが、さすがにそれは望みすぎか。

<関連記事>
レヴォーグのC型を予想!発売時期は2016年春が有力

次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジは2017年の見込み

インプレッサのフルモデルチェンジが2016年に実施!アイサイトver.4搭載なるか

⇒スバルの最新情報に戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds
    トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。 …
  2. %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-1
    マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを実施する予定だ。 …
  3. %e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
    日産の軽トールワゴン車のデイズルークスと三菱自動車のeKスペースが2016年12月にマイナーチェンジ…
  4. %e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2
    スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  5. suv13
    スバルは、2014年まで大型クロスオーバーSUVとして北米やヨーロッパで発売していたトライベッカ。 …
  6. %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89
    日産のコンパクトカーを代表するノート。 2016年11月2日に、そのノートがマイナーチェンジを…
  7. vw-polo%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%882
    VW(フォルクスワーゲン)のポロのフルモデルチェンジが2017年に実施される。 発売時期につい…
  8. ヴィッツ
    トヨタ自動車のヴィッツが2017年にビッグマイナーチェンジを実施する。 現行型では2度目となる…
  9. %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc
    トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  10. mazda cx-4 2
    マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVを発売させる見通しだ。 その名はCX-6になる可能…

ピックアップ記事

  1. %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5
    スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lf-fc
    レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる予定だ…
  3. 新型セレナ
    日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  4. 新型エスティマ
    エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  5. モデルチェンジした新型ソリオ
    スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にもフルモデルチェンジが実施され…
  6. スカイラインクーペ
    日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 V37型となる次期…
  7. オデッセイハイブリッド
    ホンダのオデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月に設定される見込みだ。 以前から新型…
  8. 新型クラウン2015-2
    トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. NS4-
    <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. accord
    アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 次期スイフト リーク画像
    スズキの次期スイフトが2017年春にフルモデルチェンジを実施する。 次期スイフトの存在について…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9gs200%ef%bd%94
    レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. フルモデルチェンジした新型フリード
    ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. CH-R
    ※C-HRの最新情報を2016年11月8日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 新型セントラ2016(シルフィ)
    日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. スカイラインハイブリッド
    日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. 新型cx-9 2016年
    マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. prius3
    トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. lexusrx
    新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 新型アコードハイブリッド
    以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る