アクセラ ビッグマイナーチェンジを2016年7月14日実施!1.5Dモデル追加とG-VECTORING CONTROL採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダのアクセラが2016年7月14日にビッグマイナーチェンジを実施した。

今回、ビッグマイナーチェンジにふさわしく、新型アクセラにはデザインの改良に加え、1.5Dモデルのラインナップ化、歩行者検知対応の新型i-ACTIVSENSEやSKYACTIV新技術の(G-VECTORING CONTROL(ジーベクタリングコントロール、GVC)、そして一部グレードに電動パーキングブレーキが採用されることとなった。

今回は、新型アクセラのビッグマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。

スポンサーリンク

マツダ アクセラのビッグマイナーチェンジを2016年7月14日に実施!最先端技術投入へ


<画像はマイナーチェンジ後の新型アクセラ>

昨年当サイトでは、以下の記事を記載していた。

アクセラのマイナーチェンジ2015-2016 進化の可能性を考察

そこから約一年近く経った2016年7月14日、ついにアクセラがビッグマイナーチェンジを実施することとなった。

今回のビッグマイナーチェンジで変更される内容を大きく分けると以下の通りとなる。

・ディーゼルを主にグレード体系の見直し

・i-ACTIVSENSEの新型&安全快適装備の進化

・G-VECTORING CONTROLをマツダ初採用

・その他デザイン等の改良

それでは、一つずつ見ていこう。

新型アクセラ ディーゼルを主にグレード体系の見直し

新型アクセラ3

まず、今回のマイナーチェンジによって2.0ℓのガソリンエンジンのグレードがラインナップから消えることとなった。

その代わりに導入されるのが、1.5ℓディーゼルターボモデルだ。

1.5ℓディーゼルターボモデルについて

新型アクセラ

新型アクセラに追加される1.5ℓディーゼルターボについては、2014年にフルモデルチェンジされたデミオですでに搭載されているが、これが新型アクセラに採用されることとなる。

マイナーチェンジ後のアクセラで主力となるグレードは間違いなく、この1.5ℓディーゼルターボグレードになるだろう。

しかしながら、これはハッチバックタイプのアクセラスポーツのみに搭載され、アクセラセダンには導入されない。

1.5ℓディーゼルターボのグレード体系については、
・15XD
・15XD PROACTIVE
・15XD L Package

の3つのグレードが用意され、価格については、15XDが230.3万円スタート、15XD PROACTIVEが243万円スタート、15XD L Packageが268.9万円スタートとなる。

またディーゼルエンジン特有のガラガラ音を聞こえないようにするナチュラルサウンドスムーザーも搭載されることとなる。

アクセラセダンにこのエンジンが採用されないのは残念ではあるが、デミオで人気のディーゼルグレードを、需要の多いアクセラのハッチバックタイプに絞って販売させることで利益率を高めるという戦略なのだろう。

是非とも、後々特別仕様車としてアクセラセダンにも15XDグレードの追加を期待したいところだ。

ちなみにこの1.5ℓディーゼルターボモデルに関しては、AWDとMTモデルの設定は用意されていない点が惜しい所だ。

ガソリンモデルはこれまで通り

新型アクセラ4

新型アクセラの1.5ℓガソリングレードのSKYACTIV-G 1.5と、2.2ℓディーゼルグレードのSKYACTIV-D 2.2については、マイナーチェンジ前同様、ハッチバック、セダン両方そのままラインナップされたままだ。

ガソリングレードのSKYACTIV-G 1.5の価格については、15Cが176万円スタート、15Sが192.2万円~、15SPROACTIVEが213.8万円スタートとなっている。

2.2ℓディーゼルモデルは2グレードに

新型アクセラ

SKYACTIV-D 2.2モデルに関しては、現在はXDの1グレードのみしか用意されていないが、マイナーチェンジ後は、「XD PROACTIVE」と「XD L Package」の2パターンに分けられる。

気になる価格は、22XD PROACTIVEが278.1万円スタート、22XD L Packageが308.8万~となっており、特に「XD PROACTIVE」タイプについては、価格が300万円を下回る所が大きなポイントだ。

ちなみに最上位グレードということもあって、ナチュラルサウンドスムーザーを発展させたナチュラルサウンド周波数コントロールという静穏装備も標準でされることになる。

その上、AWDの設定もついにされることとなった。

ハイブリッドモデルはほぼ変わらず

新型アクセラ11

新型アクセラのハイブリッドモデルのSKYACTIV-HYBRIDに関しては、価格は据え置きで、セダンのみのラインナップという点はマイナーチェンジ後も変わりはない。

ただ、アクセルペダルがオルガン式に変更される等細かな改良は行われている。

i-ACTIVSENSEの新型&安全快適装備の進化

i-ACTIVSENSE

そして今回、ついにi-ACTIVSENSEの自動ブレーキシステムが歩行者検知対応となる。

新機能搭載のi-ACTIVSENSE

歩行者対応の自動ブレーキに関しては2012年に、マツダ車両開発本部 車輛システム開発部主幹の大村博志氏が

「ステレオカメラによる実用化を検討している。2016年までの市場投入を目標に開発を進めているところだ」

同時期を目標に、時速50~60kmの速度域から自動ブレーキによる衝突回避が可能なシステムも開発
ソースはこちら

と話していたことから、いずれ歩行者対応のi-ACTIVSENSEが登場する旨をこちらの記事でお伝えしていた。

アテンザのマイナーチェンジは2017年。ディーゼルハイブリッド搭載が有力

これが計画通り順調に進んで、今回の新型アクセラに初採用されることになったということだ。

それが、今回新搭載されるアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)だ。

<アドバンストSCBSの公式解説動画>

i-ACTIVSENSEについては、BSM、RCTAという側方面・後方面の安全を配慮したシステムなどが採用されており、安全装備としては充実した性能を誇っていたが、自動ブレーキの面で歩行者検知に対応しておらず、他社よりも遅れが目立っていた。

マツダ最大のライバルであるスバルは、アイサイトで歩行者検知対応の自動ブレーキは、はるか前より採用しており、トヨタや日産、ホンダもトヨタセーフティセンスや、エマージェンシーブレーキホンダセンシングという歩行者検知対応の自動ブレーキを備えたシステムを近年装備している。

それどころか、軽自動車でもスズキのデュアルカメラ ブレーキサポートがすでに歩行者検知対応の自動ブレーキを採用したことは記憶新しい。

そんな中、ついにマツダも自動ブレーキに歩行者を検知させる機能を実装することに成功したというわけだ。

また、新型アクセラのi-ACTIVSENSEには、これまですでにアテンザやCX-5で採用されていた高速走行中に車線からはみださないよう調整する車線逸脱防止支援システムのレーンキープアシスト(LKA)の機能も備わる。

クルーズコントロールは全車速対応ならず

レーダークルーズコントロール

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)がこの機会に全車速対応になることを期待したユーザーも少なくはないかと思うが、残念ながら今回は、全車速対応は見送られることとなった。

マツダのライバルメーカーの「アクセラと同価格帯の車」を見てみると、トヨタに関しては、クルーズコントロール機能のないトヨタセーフティセンスCが採用されている車が多かったり、ホンダに関しては、約30km/h~約100km/hという制限のあるACCを搭載するホンダセンシングが採用されていたり、あまり全車速対応クル―ズコントロールを搭載している車はかなり少ない。

しかしながら、アクセラの最大のライバルと見られることも多いスバルのインプレッサのアイサイトが全車速対応の追従型クルーズコントロールに対応していることを考えると、いずれはアクセラのMRCCも全車速対応になることを期待したいところだ。

ヘッドアップディスプレーがカラー化

現在は、単色でしか表示されないヘッドアップディスプレーの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」も改良されて、表示範囲の拡大化とカラー表示が可能になる。

それだけではなく、ホンダセンシングのように、カメラが認識した道路標識を表示するという機能も加わる。

電動パーキングブレーキが一部グレードに採用へ

新型アクセラに搭載される電動パーキングブレーキ

そして、アテンザ・CX-5が2014年のビッグマイナーチェンジ時に採用された電動パーキングブレーキが、新型アクセラにも搭載されることとなった。

但し、この電動パーキングブレーキ全グレードに採用されるわけではなく、SKYACTIV-D 2.2の2つのXDグレードのみへの搭載となる。

また、XDグレードのみ電動パーキングブレーキが採用されることによって、シャッター付きのカップホルダーになったり、センターコンソールが合成皮革のソフトパッドを採用するなど、アテンザに近いデザインが与えられ、他のグレードよりも豪華な内装となる。

スポンサーリンク

新型アクセラ G-VECTORING CONTROLをマツダ初採用

今回の新型アクセラのマイナーチェンジでの一つの目玉と言えるのが、「G-VECTORING CONTROL(G-ベクタリングコントロール)」をマツダ車で初めて採用されるという点だ。

G-VECTORING CONTROLは、マツダが2016年に発表したばかりの新たな「人馬一体」の技術コンセプトである「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾である。

このG-VECTORING CONTROLは、ドライバーのハンドル操作に応じて自動的にエンジンの駆動トルクを変化させる技術であり、その結果、ドライバーの思いに近い応答性と自然で安定した運転が実現できるようになる。

コーナー時に特にその恩恵を受けることができ、長距離ドライブでの疲労軽減にもつながりそうだ。

その他デザイン等の改良

マイナーチェンジ後の新型アクセラの画像

デザインに関しては、2014年のアテンザのビッグマイナーチェンジの時程の大きなインパクトのある変更は行われない。

デザインに関しては、

・フロントのマツダエンブレムがグリル内に収まるようになった

・グリルのメッキトリムのラインの位置の変更

・リアのリフレクターのデザインを長方形に変更

といった改良が行われている。

<新型アクセラの内装画像>

新型アクセラの内装

新型アクセラの内装

新型アクセラの内装

新型アクセラの内装

また、ボディカラーについては、廃止されるものと新規追加されるものがある。

<廃止されるボディカラー>
・ブルーリフレックスマイカ
・メテオグレ―マイカ
・アルミニウムメタリック

<新規追加されるボディカラー>
・マシーングレープレミアムメタリック
・ソニックシルバーメタリック
・エターナルブルーマイカ

マシーングレーに関しては、ニューヨーク国際オートショー2016にて世界初公開され、鼓動デザインで「ソウルレッド」に続く特別塗装色ということもあり、マツダが相当力を入れている注目のボディカラーである。

<新カラーのマシーングレー>

新型アクセラ マシーングレー

新型アクセラ10

新型アクセラ5

日本では、今回の新型アクセラが初のマシーングレーを採用する車となるが、ソウルレッドのように、人気が高まりマツダを新たに代表するボディカラーとなれるかどうかにも注目したいところ。

アクセラ 最大のライバルのインプレッサはフルモデルチェンジを控えているが・・・

新型インプレッサ
アクセラにとって最大のライバルとなるスバルのインプレッサについては、2016年末にフルモデルチェンジを実施することとなっている。

次期インプレッサは2016年にフルモデルチェンジ!アイサイトver.4搭載は見送り

新型インプレッサには、新プラットフォームの「Subaru Global Platform(SGP)」が搭載され、このSGP採用によって「レオーネがレガシィになった時並の進化」とも言われており、非常に注目されている。

マイナーチェンジされるアクセラの内容から見て、G-VECTORING CONTROL搭載や、新機能を搭載したi-ACTIVSENSEを採用するなど、新型インプレッサに対抗できるだけの内容を備えているように筆者は思う。

他にも、先日発売されたトヨタの新型アリオン・プレミオに関しては、クラウン風の高級でダイナミックなデザインを採用されたことが話題となったが、これも新型アクセラにとって大きなライバルとなる。

各社それぞれの魅力を掲げて新型モデルを投入することになるが、果たしてこのクラスの車の勝者はどれの車になるのか要注目だ。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

アクセラのマイナーチェンジに対するVoice

・ついに出るのか。楽しみ。

・エターナルブルーがどんな色なのか実車を見てみたい

・CX-4も出るし、どちらがいいのか悩むな

・全車速ACCはいつ付くのかな

・マシーングレーはカッコ良さそう
<ネット上より>

<関連記事>
マツダCX-4を2016年に日本発売か。<最新情報追記>

次期CX-5のフルモデルチェンジは2018年か。LAショー2016にてコンセプトカー公開の可能性

次期アテンザのフルモデルチェンジは2019年の見込み!SKYACTIV2&HCCIが実用化か

⇒マツダの最新情報一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • ルビー
    • 2016年 10月 24日

    先日発表されたデミオの特別仕様車「Tailored Brown」のような内装がアクセラにも採用してくれれば嬉しいのだが。

    来年に期待。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年春に実施される…
  2. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…
  3. 日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。 5代目となる次期マーチは、現行モデ…
  4. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  5. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  6. トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  7. マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月2日日本でフルモデルチェンジを実施する。 …
  8. トヨタ自動車のカムリハイブリッドが2017年の夏にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 現行…
  9. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  10. ホンダのN-BOXが2017年にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を今…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. ※C-HRの最新情報を2016年12月12日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る