ベンツEクラス新型の日本発売時期は2016年7月!フルモデルチェンジは7年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツの新型Eクラスがついに日本でもフルモデルチェンジを実施する。

2016年1月に開催されたデトロイトモーターショー2016でワールドプレミアされた次期ベンツEクラスだが、日本での発売日は2016年7月9日であることが確定した。

正式な日本での発表は6月末に行われることになっている。

今回は、7年ぶりにフルモデルチェンジを実施する新型ベンツEクラスについてお伝えする。

スポンサーリンク

ベンツEクラス新型の日本発売時期は2016年7月

今、日本の輸入車メーカーとして最も勢いのあるといっても過言ではないメルセデスベンツ。

日本では2014年に発売された新型Cクラスが大ヒットとなる中、Cクラスの一つ車格が上となるEクラスも2016年ついにフルモデルチェンジが実施される。

日本国内では、ベンツ車の中ではCクラスが主力車となっているが、実は、海外の市場ではEクラスの方が主力車だったりするのだ。

世界的なダウンサイジングの流れから海外でもCクラスの需要は高まっているものの、まだまだ世界的に見るとEクラスがベンツの主力車であることには変わりはない。

現行型Eクラスが発売されたのは2009年であり、そこから7年の歳月を経てフルモデルチェンジが実施されることとなった。

日本でも同様に新型Eクラスが導入されることとなり、2016年の6月末に発表、そして7月9日から販売が開始されることとなった。

日本に初めに発売されるモデルはE200の2.0ℓガソリン車のみとなる。

そして、発売から2か月たった9月以降に、

・E220d(2.0ℓディーゼルエンジン)

・E250(2.0ℓターボエンジン)

・E400(3.0ℓ V6ツインターボエンジン)

がラインナップされる予定となっている。

ベンツ新型Eクラスの日本価格について

ベンツ新型Eクラスの日本価格については以下のとおりだ。

○E200シリーズ
E200 Avantgarde 675.0万円~

E200 4MATIC Avantgarde 698.0万円~

E200 Avantgarde Sports 727.0万円~

○E220dシリーズ
E220d Avantgarde 698.0万円~

E220d Avantgarde Sports 750.0万円~

スポンサーリンク

新型ベンツEクラスの魅力は、自動運転技術

新型Eクラスについては、ワールドプレミアされたデトロイトモーターショー2016にて詳細がすでに明らかとなっている。

エクステリアに関しては、新型Sクラスと新型Cクラスの流れをくむデザインになっている。

ベンツ新型Eクラスのエクステリア

ベンツ新型Eクラスのエクステリアのリア

ボディサイズに関しては、

・全長 4,870mm
・全幅 1,855mm
・全高 1,470mm
・ホイールベース 2,875mm

となっており、モデルチェンジ前と比べると全幅と全高はほぼ変わらないものの、全長が43mm拡大されている。

(参考)モデルチェンジ前のボディサイズ

全長 4,923mm
全幅 1,852mm
全高 1,468mm
ホイールベース 2,939mm

また、もう少し、Sクラス、Cクラス等とデザインに差別化があってもいいのではと思うユーザーも少なくないかもしれない。

ただ、車格・セグメントを問わずに、統一したデザインコンセプトを採用するというのは世界的なトレンドとなっており、国産メーカーでも、マツダや日産のインフィニティ等々、車格問わずにデザインの統一性を持たせる傾向となっている。

ただ、新型Eクラスのインテリアに関しては、Cクラスとは大きく差別化されており、かなりSクラスに近いものになっている。

ベンツ新型Eクラスのインテリア

息をのむ美しさに加え、注目したいのは、次世代を感じさせる大型モニター。

12.3インチワイドモニターを装備し、さらにコクピットにも12.3インチのアナログとデジタルのドライバーメーターを切り替えることができる巨大モニターが標準装備されている。

それだけでもハイテク感満載ではあるが、新型Eクラスの魅力はそれではない。

一番の魅力は、ほぼ自動運転といっても過言ではない機能性だ。

その中でも注目なのが以下の2つの機能だ。

・アクティブレーンチェンジアシスト

・リモートパーキングパイロット

アクティブレーンチェンジアシスト

まず、アクティブレーンチェンジアシストについてだが、これは、高速道路にて自動で車線変更が可能となるシステムだ。

これまで全車速対応のクルーズコントロールと車線逸脱を防ぐレーンキープアシストという機能は存在しており、実質単一車線上での自動運転に近いことは実現できていた。

しかし、このアクティブレーンチェンジアシストは、車線変更に関してもドライバーが方向指示器を動かすだけで、自動で周りの状況を車が感知して車線変更をするという革命的なシステムなのである。

これによって、高速道路内でのほぼ自動運転に近い状態が可能になるというわけだ。

リモートパーキングパイロット

これは、ドライバーが車から降りて、外部からスマホを操作するだけで、自動で駐車ができる機能である。

BMWが新型の7シリーズで外部のリモコン操作で自動駐車を可能とする「リモート・コントロール・パーキング」を搭載させて、日本でも導入されたが、これと同様の機能を新型Eクラスでも採用されることとなった。

国産車についても、高速道路の単一車線での自動運転を可能にするセレナを2016年に日産が発売される等の話題が目立つが、新型Eクラスについてはその一歩先を進んでいると言える。

次期セレナのフルモデルチェンジは2016年夏!自動運転技術「パイロットドライブ 1.0」が日産初採用へ

ただ、公式な発表はされていないものの、国内での法的な問題もあり、「アクティブレーンチェンジアシスト」に関しては、日本モデルの発売当初には装備されず、いずれ年次改良によって採用されると現時点では見られている。

今や、燃費の良し悪しだけでは、大きな売りとはならず、いかに自動運転技術が採用できるかどうかが重要なポイントとなっているが、新型Eクラスがアッパーミドルサルーン界の新たな基本となる存在になるのは間違いないだろう。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

ベンツ新型Eクラスに関するVoice

・いよいよ発売か、楽しみだ

・モデルチェンジ直後は少し様子見だな

・インテリアがSクラスみたい

・エアサスのついたモデルは日本では出るのかな

・リモートパーキングやってみたい
<ネット上より>

<関連記事>
新型レクサスISのマイナーチェンジが北京モーターショー2016にて発表!デザイン大幅改良へ

レクサスLSのフルモデルチェンジは2017年に!最先端技術搭載へ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds
    トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。 …
  2. %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-1
    マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを実施する予定だ。 …
  3. %e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
    日産の軽トールワゴン車のデイズルークスと三菱自動車のeKスペースが2016年12月にマイナーチェンジ…
  4. %e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2
    スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  5. suv13
    スバルは、2014年まで大型クロスオーバーSUVとして北米やヨーロッパで発売していたトライベッカ。 …
  6. %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89
    日産のコンパクトカーを代表するノート。 2016年11月2日に、そのノートがマイナーチェンジを…
  7. vw-polo%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%882
    VW(フォルクスワーゲン)のポロのフルモデルチェンジが2017年に実施される。 発売時期につい…
  8. ヴィッツ
    トヨタ自動車のヴィッツが2017年にビッグマイナーチェンジを実施する。 現行型では2度目となる…
  9. %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc
    トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  10. mazda cx-4 2
    マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVを発売させる見通しだ。 その名はCX-6になる可能…

ピックアップ記事

  1. %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5
    スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lf-fc
    レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる予定だ…
  3. 新型セレナ
    日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  4. 新型エスティマ
    エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  5. モデルチェンジした新型ソリオ
    スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にもフルモデルチェンジが実施され…
  6. スカイラインクーペ
    日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 V37型となる次期…
  7. オデッセイハイブリッド
    ホンダのオデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月に設定される見込みだ。 以前から新型…
  8. 新型クラウン2015-2
    トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. NS4-
    <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. accord
    アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 次期スイフト リーク画像
    スズキの次期スイフトが2017年春にフルモデルチェンジを実施する。 次期スイフトの存在について…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9gs200%ef%bd%94
    レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. フルモデルチェンジした新型フリード
    ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. CH-R
    ※C-HRの最新情報を2016年11月8日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 新型セントラ2016(シルフィ)
    日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. スカイラインハイブリッド
    日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. 新型cx-9 2016年
    マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. prius3
    トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. lexusrx
    新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 新型アコードハイブリッド
    以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る