次期クラウンのフルモデルチェンジは2018年実施見込み!FCVモデルが2019年に登場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車の高級セダンのクラウンのフルモデルチェンジの時期として2018年が有力となっている。

現行型クラウン(アスリート、ロイヤル)は、2012年のモデルチェンジ時に大型グリルを採用するといった画期的なデザインの採用が大きな目玉となったが、次期クラウンではFCV化が大目玉となりそうだ。

今回は、次期クラウンのフルモデルチェンジに関する情報を記載する。

スポンサーリンク

次期クラウンのフルモデルチェンジは2019年頃に。FCVモデルがラインナップ

2012年に登場した14代目S210系の現行型クラウンは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、新型クラウンアスリートにダウンサイジングターボが搭載されたことは記憶に新しい。

クラウンアスリート・ロイヤルのマイナーチェンジが2015年10月1日に実施!

そして2016年内には最新の安全装備であるトヨタセーフティセンスPが搭載される見通しとなっている。

レクサスのスピンドルグリルのような大型グリルを採用するなど、これまでのクラウンのイメージとは異なる若返り化が図られ、結果、国産のセダンとしては現在でも絶大な人気を誇っている。

そんなクラウンが2018年に15代目へ世代交代をする見込みだ。

その次期クラウンのフルモデルチェンジの内容として、まずは新プラットフォームの採用だ。

新型クラウンにはTNGAのFRプラットフォームが搭載へ

現行型のクラウンには、S180系の12代目となる通称「ゼロクラウン」から採用されている「トヨタ・Nプラットフォーム」と呼ばれるプラットフォームが採用されている。

これが、今回のフルモデルチェンジによって、S180系、S200系、S210系(※S190系はレクサスGSになる)と3代に渡って使用されてきたプラットフォームがついに刷新されることとなる。

そのプラットフォームこそが、トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」のFRタイプのTNGA-Nだ。

TNGAに関しては、2015年発売の新型プリウスを皮切りに、今後フルモデルチェンジされるレクサスを含むトヨタ車全てに採用されていく予定のプラットフォームだ。

そして次期クラウンに採用されるTNGA-Nに関しては、次期センチュリー、次期レクサスLS、次期レクサスGS、レクサスLC等々に採用される見通しとなっている。

トヨタ センチュリーが新型へ!フルモデルチェンジは2017年

レクサスLSのフルモデルチェンジは2017年に!最先端技術搭載へ

レクサスLC500hの最新情報!日本発売は2017年春。次期レクサスSCとして期待が高まる

つまりトヨタのプレミアムセダンに関してはレクサス・トヨタブランド問わずに、TNGA-Nという一つのプラットフォームに統合されると見ていいだろう。

スポンサーリンク

次期クラウンのパワートレイン

そして次期クラウンのパワートレインに関しては、2.5ℓ直4のダウンサイジングターボエンジンモデルと2.5ℓ直4ハイブリッドモデルの2つがメインとなる。

ちなみに現行型に設定されているV6のガソリンエンジンモデルについては廃止される見通しだ。

次期クラウン 2019年にはFCVモデル追加か

そしてフルモデルチェンジされる2018年から約1年遅れた2019年には、FCV(燃料電池車)モデルが次期クラウンとして新たにラインナップとして追加される予定だ。

これはクラウンならではの後輪駆動(FR)に対応した新しいFCV用のシステムを採用し、前輪駆動(FF)のトヨタMIRAIとは異なるものになるという。

このFCVモデルに関しては、次期クラウンの追加モデルというよりも、派生車という表現の方が適切かもしれない。

価格に関しては800万円前後と予想される。

現時点では、トヨタのFCVとしては、現在販売されているMIRAI、次期クラウンの他には、次期レクサスLSと次期エスティマにFCVモデルが用意される見通しだ。

エスティマのマイナーチェンジが2016年6月6日実施!フルモデルチェンジは2019年頃

次期クラウンへ電動パーキングの採用の可否について

これは筆者の願望にもなるのだが、フルモデルチェンジ後の次期クラウンには電動パーキングブレーキが採用されることを期待したい。

現行型のクラウンには、足踏み式のパーキングブレーキが採用されているが、電動パーキングブレーキの近年需要が高まってきている。

他社の国産セダンを見てみると、今やスバルのレガシィB4、WRX S4、マツダのアテンザ、ホンダのアコードハイブリッド等がすでに電動パーキングブレーキを採用している。

アコードハイブリッドのビッグマイナーチェンジが2016年5月26日実施!レジェンドに迫る進化

レガシィB4、WRX S4、アコードハイブリッドに関してはブレーキホールド機能まで付いており、アテンザについても2017以降のモデルチェンジにてブレーキホールド機能が採用されるのは間違いないだろう。

個人的に思うのは、クラウンに電動パーキングブレーキを搭載する絶妙のタイミングであった2015年のビッグマイナーチェンジ時に採用されなかったのは、当時1ヵ月後に発売される新型レクサスGSの存在や、2016年のビッグマイナーチェンジでも電動パーキングブレーキが見送られるレクサスIS等に配慮してのことかもしれない。

しかしながら、国産セダンの王者とも言えるクラウンが、次期モデルでこの状況を無視するとは思えず、現在以上に電動パーキング搭載車が増えている2018年という時期を考えるとほぼ間違いなく採用されると見ている。

これに関しては続報を期待してほしい。

クラウンの業界ポジション現状維持か、新路線開拓なるか

現行型クラウンに関しては、これまでよりもユーザーの若返りを目指し、大幅なデザインの改良が行われてきた。

そういった内容が功を奏し、現在でも国産高級セダンとしての絶大なポジションを維持し続けている。

しかしながら、レクサスブランドの台頭によって、「いつかはクラウン」というキャッチフレーズが存在していた頃のように、クラウン=多くの人が憧れる高級車という雰囲気は薄まりつつある。

特に若者の中では、かつてのクラウンのポジションはレクサスが、とって代わっているといっても過言ではない。

また、アルファード・ヴェルファイアがトヨタの高級車として人気が高まっていることからも、クラウンの存在感がやや隠れ気味なのは否めない。

また、フーガに加えて日産のスカイラインの車格が上がって新たにクラウンのライバルに加わったことや、車格は別になるが、マツダのアテンザセダンやスバルのレガシィB4のように車格以上の質感と性能を備えたコストパフォーマンスに優れた車も登場するようになり、クラウンのライバル車の状況はここ数年大きく変化しつつある。

今のところはクラウンの座を奪う程の驚異的な存在にはなっていないものの、将来的にはそれらのライバル車が大きな脅威となる車に進化する可能性は十分にあると言えるだろう。

グローバル市場が相手のレクサスとは差別化し、実質国内専用の高級車としてのポジションをどう保ち、新規ユーザー獲得のためにどのようにアピールしていくのか。

2018年に登場する次期クラウンには、それが大きな課題となるだろう。

FCVの他にも次期クラウンならではのオリジナルの付加価値に期待したい。

次期クラウンのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば、またお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  2. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  3. トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  4. マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月2日日本でフルモデルチェンジを実施する。 …
  5. トヨタ自動車のカムリハイブリッドが2017年の夏にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 現行…
  6. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  7. ホンダのN-BOXが2017年にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を今…
  8. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2017年3月頃に行われると見られてい…
  10. トヨタ自動車のヴィッツが2017年1月12日にビッグマイナーチェンジを実施した。 現行型ヴィッ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. ※C-HRの最新情報を2016年12月12日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る