フリードのフルモデルチェンジが2016年9月に実施!スパイクはフリード+に名称変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。

現時点で最有力の発売時期は9月中旬となっている。

元々、新型フリードは、2015年中にフルモデルチェンジされる見込みだったのだが、品質問題が影響したのか計画が大きくずれ込むこととなった。

今回の新型フリードには、以前からハイブリッドと1ℓ直3のダウンサイジングターボエンジンが両採用されることが期待されていたが、フルモデルチェンジ当初は、NAのガソリンモデルとハイブリッドモデルのみとなる。

ただ、ターボモデルに関しても、発売から数年以内に登場する予定となっている。

また、今回のフルモデルチェンジによって、派生車である2列シートのフリードスパイクについては、名称をフリード+(プラス)に変更されることとなった。

そこで今回は、ホンダの新型フリードのフルモデルチェンジに関する最新情報をお伝えする。

スポンサーリンク

<ホンダ 新型フリードのフルモデルチェンジが2016年9月に実施!>

現行型フリード
<画像は現行型フリード>
 

現行型である初代フリードについては、2008年5月にモビリオの後継車種として発売された。

ミニバンとして、コンパクトなサイズにも関わらず、広い室内空間という「ちょうどいいホンダ」をテーマに作られているだけあって、ホンダの大人気車種の一つとなっている。

その初代フリードの登場から8年の歳月を経て今回、2016年に2代目フリードへとフルモデルチェンジを果たすこととなる。

ちなみに最大のライバルであるトヨタのシエンタについては、2015年に12年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、ハイブリッドモデルが追加されるとあって大きく話題になったが、今回の新型フリードについても大変注目されているのは言うまでもないだろう。

<トヨタ 新型シエンタ>

新型シエンタ

新型シエンタ モデルチェンジ2015の最新情報!ハイブリッドがついにラインナップ

人気車種の12年ぶりのフルモデルチェンジとあって、新型シエンタは想像以上の大ヒットを繰り広げており、一気にこのクラスのミニバン市場を制覇する勢いでありフリードにとっては、待ったなしの状態となっている。

元々、次期フリードに関しては2015年内にフルモデルチェンジが見込まれていたが、品質問題等の影響もあって、2016年に発売延期となった経緯がある。

それゆえ、新型フリードは、絶対に失敗できない状況にあると言えるのだ。

<新型フリード モデルチェンジ当初はハイブリッドとNAガソリンモデルのみ>

現行の初代フリードのハイブリッドシステムについては、一世代前のハイブリッドシステムのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)が採用されているが、フルモデルチェンジ後の新型フリードでは、ヴェゼル、フィットといったホンダの主力ハイブリッド車に採用されているDCTハイブリッド機構を採用したスポーツハイブリッドのi-DCDが搭載され、燃費効率が向上することとなる。

i-DCD搭載によってモーターのみでのEV走行が可能となる点が大きなポイントだ。

vezel
<新型フリードにはヴェゼルハイブリッドと同様のi-DCD採用へ>
 

現行モデルのフリードハイブリッドの燃費性能はJC08モードで21.6km/Lであるが、新型シエンタハイブリッドの燃費がそれを上回る27.2km/Lを達成していることを考えると、新型フリードハイブリッドの燃費性能は27.2km/Lを上回る可能性が非常に高い。

少なくともヴェゼルハイブリッドの27.0km/Lと同等の性能には持ち込んでくるだろうが、筆者としては27.5km/L~28.0km/Lあたりに落ち着くと予想する。

また、ガソリンモデルに関しては、1.5ℓの直4エンジンが採用され、新型フリードの発売時には、この1.5ℓ直4モデルとハイブリッドモデルの2つがラインナップされることとなっている。

さらに新型フリードの魅力的な情報としては、現在ガソリン車のみの設定で、ハイブリッドでは設定されていない4WDが新型フリードでは、ハイブリッドモデルにも設定されるという点だ。

<後々、新型フリードには直3の1.0ℓターボモデルが追加へ>

honda VTECTURVO 1.0タイプ
そして、今回のフリードのフルモデルチェンジにてもう一つ注目なのが、ダウンサイジングターボの採用である。

新型ステップワゴンが1.5ℓの直4VTECターボが採用されたことが話題となったが、コンパクトミニバンである新型フリードに関しては、1.0ℓの直3VTECターボの採用となる。

現在、ホンダの車でハイブリッドとターボモデルの両方をラインナップしているのはジェイドだけだが、ジェイドの時同様、フリードターボの発売は、ハイブリッドよりも遅れての発売となる。

現時点では、1ℓ直3ターボエンジンについては、2021年から生産されると見られている。

つまり新型フリードにダウンサイジングターボモデルについては、2016年の発売から5年後のビッグマイナーチェンジにて搭載される可能性が濃厚となっている。

スポンサーリンク

<フリードスパイクはフルモデルチェンジ後は「フリード+」へ名称変更>

フリードの派生車として2列シートのフリードスパイクがこれまで発売されてきたが、今回のフルモデルチェンジによって、名称がフリード+へ変更されることとなった。

フリードスパイク
<フリードスパイク>
 

+という名称は、同じホンダのN-BOX+を彷彿させるが、似たような位置づけと言えるだろう。

ちなみに、フリード+には福祉車両を兼ねた機能が搭載される予定だ。

<新型フリードにホンダセンシング搭載は?>

ホンダセンシング
ホンダの最先端安全支援システムのホンダセンシングが今回のフルモデルチェンジによって、新型フリードに搭載されるかどうかにも注目が集まっている。

ホンダセンシングについては、搭載されている車とされていない車が分かれており、2015年、フィットシャトルからフルモデルチェンジされたシャトルでさえ搭載されていない。

ホンダ シャトルを新型ブランドに!ホンダセンシングの有無は?

現時点では、ヴェゼル未満の車格の車にはホンダセンシングが搭載されていないという状態だ。

しかしながら、トヨタセーフティセンスCを搭載している新型シエンタに対抗することや、今以上に安全支援システム搭載車が拡充している時期に新型フリードが発売となると、新型フリードにホンダセンシングの搭載される確率はほぼ確実と言ってもいい。

〇ホンダセンシング公式動画

また、ライバルの日産が8月にフルモデルチェンジを実施する新型セレナは、自動運転機能がメインとなるため、その新型セレナよりも後に発売する新型フリードとしては、何とかホンダセンシングで見劣りのないようにしたい所。

⇒次期セレナのフルモデルチェンジは2016年8月!自動運転等の最新情報掲載

レジェンドやアコードに採用されている渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)が採用されているモデルのホンダセンシングを採用すれば、新型セレナに似た自動走行技術がアピールできると言えるが、果たしてどうなるのか。

これは、続報を期待してほしい。

<新型フリードのスパイショットが流出>

現在、複数のフルモデルチェンジ後の新型フリードのスパイショットがいくつか流出しているので、それをいくつか紹介させていただく。

新型フリードのスパイショット
新型フリードのスパイショット2
新型フリードのスパイショット3
新型フリードのスパイショット5
新型フリードのスパイショット6
画像を見る限り、現行型フリードのデザインの雰囲気を引き継いでおり、グリルには近年のホンダのデザインアイデンティティーであるSOLID WING FACE(ソリッド・ウイング・フェース)が採用されていることが分かる。

SOLID WING FACE(ソリッドウイングフェース)
<SOLID WING FACE(ソリッド・ウイング・フェース)>
 

新型フリードの予想ボディサイズについては、全長 4,250mm、全幅 1,695mm、全高 1,710mmだ。

また、ボディカラーにはイエローが採用されるという情報が現時点で挙がっている。

スパイショット画像からは、現行型同様、Aピラーの三角窓の採用によって、視界の範囲が広がり安全面にも考慮されていることが分かる。

<参考 現行型フリードの画像>

freed

<ホンダが新型フリードの先行情報サイトを立ち上げ>

ホンダは、フリードのフルモデルチェンジ発表に先駆けて、先行情報サイトを立ち上げた。

そこでついに新型フリードの画像が公開された。

その画像がこちらだ。

フルモデルチェンジした新型フリード

<参照 ホンダ 新型フリード先行情報ページ

今は情報はほとんど公開されていないが、気になる方は、このホンダ公式の新型フリードのページをこまめにチェックしておくと良いだろう。

ホンダ公式 新型フリード先行情報ページ

http://www.honda.co.jp/FREED/new/

当メディアでも、引き続き新型フリードのフルモデルチェンジに関する最新情報が入ればまたお伝えするので楽しみにしていてほしい。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

新型フリードに対するVoice

・新型フリードの4WDの価格っていくらになるんだろう?

・新型フリードのエクステリアが気になる

・新型ソリオにすべきか、新型フリードを待つべきか迷う

・シエンタか新型フリードかどちらにしようかな

・新型シエンタの売れ行きを見てホンダはどう思ってるんだろう

・これ以上発売が延期されないことを願う

・新型フリードにホンダセンシングがつくのなら買う

・どうせなら全車速対応ACCと電動パーキングつけてほしい
<ネット上より>

新型シエンタと新型ソリオの2つのどちらにすべきか、それともフリードがフルモデルチェンジされるまで待つのかを迷うユーザーは多い。

新型フリードにホンダセンシング搭載を期待するユーザーも多く、フルモデルチェンジ後のフリードのエクステリアに関しても最近のホンダのデザインと異なったものを希望するユーザーも少なくない。

ファミリー層を含め、大きな需要のある新型フリードが公式に発表されれば大きく話題となるだろう。

フリードのフルモデルチェンジに関する最新情報が入り次第またお伝えする。

<関連記事>

新型フィットのマイナーチェンジ最新情報!2016-2017年内にホンダセンシング搭載の見込み

次期スイフトスポーツが2016年フルモデルチェンジにて登場!

<参考リンク>
ホンダのフリード公式ページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds
    トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。 …
  2. %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-1
    マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを実施する予定だ。 …
  3. %e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
    日産の軽トールワゴン車のデイズルークスと三菱自動車のeKスペースが2016年12月にマイナーチェンジ…
  4. %e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2
    スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  5. suv13
    スバルは、2014年まで大型クロスオーバーSUVとして北米やヨーロッパで発売していたトライベッカ。 …
  6. %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89
    日産のコンパクトカーを代表するノート。 2016年11月2日に、そのノートがマイナーチェンジを…
  7. vw-polo%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%882
    VW(フォルクスワーゲン)のポロのフルモデルチェンジが2017年に実施される。 発売時期につい…
  8. ヴィッツ
    トヨタ自動車のヴィッツが2017年にビッグマイナーチェンジを実施する。 現行型では2度目となる…
  9. %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc
    トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  10. mazda cx-4 2
    マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVを発売させる見通しだ。 その名はCX-6になる可能…

ピックアップ記事

  1. %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5
    スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lf-fc
    レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる予定だ…
  3. 新型セレナ
    日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  4. 新型エスティマ
    エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  5. モデルチェンジした新型ソリオ
    スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にもフルモデルチェンジが実施され…
  6. スカイラインクーペ
    日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 V37型となる次期…
  7. オデッセイハイブリッド
    ホンダのオデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月に設定される見込みだ。 以前から新型…
  8. 新型クラウン2015-2
    トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. NS4-
    <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. accord
    アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 次期スイフト リーク画像
    スズキの次期スイフトが2017年春にフルモデルチェンジを実施する。 次期スイフトの存在について…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9gs200%ef%bd%94
    レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. フルモデルチェンジした新型フリード
    ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. CH-R
    ※C-HRの最新情報を2016年11月8日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 新型セントラ2016(シルフィ)
    日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. スカイラインハイブリッド
    日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. 新型cx-9 2016年
    マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. prius3
    トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. lexusrx
    新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 新型アコードハイブリッド
    以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る