レガシィB4・アウトバックのC型が2016年10月3日発売!特別仕様車のSporVitaも同時発売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルのフラグシップであるレガシィB4とアウトバックが2016年9月8日に年次改良し、10月3日に発売することを発表した。

今回の改良でC型となるが、同時に東京モーターショー2015で公開されていた特別仕様車の「レガシィ B4 SporVita(スポルヴィータ)」も300台限定で発売する。

また、レガシィアウトバックの特別仕様車の「X-ADVANCE」が2017年1月9日より発売されることも発表された。

今回は、年次改良されたレガシィB4、アウトバックのC型についての最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

<新型レガシィB4・アウトバックがC型へ年次改良!2016年10月3日発売>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3b4%e3%81%aec%e5%9e%8b

2014年10月にフルモデルチェンジをして6代目となった現行型レガシィB4とアウトバック。

スバルは、イヤーモデル制をとっており、毎年、改良を行う体制をとっている。

発売から3年目となる2016年にC型となるレガシィB4とアウトバックだが、今回の年次改良の目玉は、アイサイトのアクティブレーンキープに車線中央維持機能が搭載されたことだ。

<C型でついに「車線中央維持機能」を追加>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%afc%e5%9e%8b

現在のレガシィには、アイサイトver3が搭載されており、そのアイサイトver3にはアクティブレーンキープという機能がすでに備わっていた。

これは、約65km/h以上の速度で走行している時に、左右の車線をはみ出ない様にステアリング操作のアシストを自動で行い、車線から逸脱を防止する機能であった。

ただ、このアクティブレーンキープに関しては、レヴォーグとWRX S4ではさらに、「車線中央維持機能」という機能が備わっていたのに対し、レガシィには「車線中央維持機能」が備わっていなかった。

この「車線中央維持機能」があることで、車線の中央を走るように自動で調整されるので、ドライバーがこまめにステアリングの調整をする必要がなく、運転の負担を大幅に軽減されることになる。

なぜ、レヴォーグとWRX S4には「車線中央維持機能」が搭載されているのに、スバルのフラグシップであるレガシィにはこの機能が搭載されていないのかという疑問はユーザーからも出ていたが、2016年の年次改良でようやくレガシィにも「車線中央維持機能」が搭載されることになったというわけだ。

<単に「車線中央維持機能」がついただけではない>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3b4-c%e5%9e%8b

実は、ただ単にレヴォーグとWRX S4で搭載されていた「車線中央維持機能」がレガシィに搭載されたというわけではない。

レヴォーグとWRX S4のアクティブレーンキープ機能である「車線中央維持機能」と「車線逸脱抑制機能」は約65km/h以上で作動することになっている。

2016-09-08_14h15_58

<参照 レヴォーグの公式サイト

しかし、レガシィの場合は、約60km/h以上での走行時に作動ができるようになっているのだ。

2016-09-08_14h15_34

<参照 レガシィB4公式サイト

たった5km/hの差と思う方もいるかもしれないが、この5km/hの差は、意外にも大きい。

ちなみに、ライバルとなるマツダのアテンザ等に採用されている「i-ACTIVSENSE」のレーンキープ・アシスト・システム(LAS)は、すでに約60km/h以上で作動することが可能になっているため、この基準に合わせてきたとも考えられなくもない。

アイサイトver3という名称のままではあるが、新型レガシィのC型に搭載するアイサイトver3は、現行型レヴォーグ等に搭載されるアイサイトver3よりも地味に進化していると言えるだろう。

<2017年にはレガシィB4・アウトバックのビッグマイナーチェンジが実施し、アイサイトver4搭載か>

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

少し先の話となるが、2017年に発売4年目となるレガシィB4・アウトバックは、ビッグマイナーチェンジをしてD型になると考えられる。

近年のスバルは、D型で大幅改良となるビッグマイナーチェンジを実施している傾向を見ると、その可能性は高い。

筆者は、その新型レガシィのビッグマイナーチェンジの内容としては、新世代アイサイトであるアイサイトver4(仮)搭載が一つの目玉になると予想している。

⇒スバル アイサイトver4を2017年に導入へ!初搭載車は・・・

実際にスバルは、2017年に新型アイサイトを導入すると発表しており、その新型アイサイトの機能としては、アクティブレーンキープ機能である「車線中央維持機能」と「車線逸脱抑制機能」が、渋滞時のカーブ追従にも対応し、0kmから作動可能となる渋滞追従機能であるTJA(トラフィック・ジャム・アシスト)を採用する予定だ。

2017%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd

これは、今回のレガシィC型で、約60km/h以上の走行時に作動する「車線中央維持機能」が付いたばかりだが、来年には約60km/h以上ではなく全車速で対応可能になることを意味していると言ったもいいのではないだろうか。

これは、すなわち、自動車専用道路での単一車線での自動走行が可能になることを意味する。

もう一つ新型レガシィのビッグマイナーチェンジの内容で期待したいのが、新型インプレッサに採用された新世代プラットフォームのSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)だが、これは、2016年3月期決算説明会の資料に書かれているように、2016年度以降のFMC(フルモデルチェンジ)モデル全車に順次投入と書かれているため、マイナーチェンジであるレガシィには搭載はないと考えられる。

2016-09-08_14h38_50【2016年3月期決算説明会の資料より】

2017年のレガシィのビッグマイナーチェンジでは、自動車専用道路での単一自動走行が可能となるアイサイトver4(仮)搭載に加え、よりフラグシップらしく質感を高めるといった内容が主になるのではないだろうか。

スポンサーリンク

<300台限定のレガシィB4 SporVita(スポルヴィータ)について>

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3-b4-sporvita%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%ef%bc%89

東京モーターショー2015年には、スバルとイタリアのMARIO LEVI社とのコラボレーションをしたWRX S4 SporVita(スポルヴィータ)とレガシィB4 SporVita(スポルヴィータ)が公開され、先にWRX S4 SporVita(スポルヴィータ)が500台限定で発売された。

wrxs4sporvita

<画像はWRX S4 SporVita>

そして今回は、いよいよレガシィB4 SporVita(スポルヴィータ)がコレボレーション第二弾として300台限定で発売される。

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3b4-sporvita

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3b4-sporvita%e5%86%85%e8%a3%85

通常モデルのレガシィB4Limitedに比べて、エクステリアにサテンメッキドアミラーが採用されている所や、内装にMARIO LEVI製タン本革シートやおしゃれなデザインの本革巻ステアリングホイールが採用されている所がSporVitaならではのポイントとなる。

<レガシィ アウトバック 新ボディカラー追加と特別仕様車について>

今回のC型からレガシィアウトバックには新ボディカラーの「オークブラウン・パール」が新たに加わることとなった。

オークブラウンパール

非常に美しいカラーなだけに、筆者としてはレガシィB4でも追加してほしかったと思う。

そして、レガシィアウトバックの特別仕様車となるX-ADVANCE

%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%82%a3-%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af-x-advance

レガシィアウトバックX-ADVANCEに関しては、「本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギア」をデザインテーマとして開発され、専用シートを採用する等、特別仕様車ならではのデザインをエクテリア・インテリア共に備える。

⇒レガシィアウトバックX-ADVANCEの公式サイトはこちら

レガシィアウトバックX-ADVANCEに関しては、年次改良から少し遅れた2017年1月9日から販売が開始される。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds
    トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。 …
  2. %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-1
    マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを実施する予定だ。 …
  3. %e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
    日産の軽トールワゴン車のデイズルークスと三菱自動車のeKスペースが2016年12月にマイナーチェンジ…
  4. %e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2
    スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  5. suv13
    スバルは、2014年まで大型クロスオーバーSUVとして北米やヨーロッパで発売していたトライベッカ。 …
  6. %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89
    日産のコンパクトカーを代表するノート。 2016年11月2日に、そのノートがマイナーチェンジを…
  7. vw-polo%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%882
    VW(フォルクスワーゲン)のポロのフルモデルチェンジが2017年に実施される。 発売時期につい…
  8. ヴィッツ
    トヨタ自動車のヴィッツが2017年にビッグマイナーチェンジを実施する。 現行型では2度目となる…
  9. %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc
    トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  10. mazda cx-4 2
    マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVを発売させる見通しだ。 その名はCX-6になる可能…

ピックアップ記事

  1. %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5
    スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lf-fc
    レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる予定だ…
  3. 新型セレナ
    日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  4. 新型エスティマ
    エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  5. モデルチェンジした新型ソリオ
    スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にもフルモデルチェンジが実施され…
  6. スカイラインクーペ
    日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 V37型となる次期…
  7. オデッセイハイブリッド
    ホンダのオデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月に設定される見込みだ。 以前から新型…
  8. 新型クラウン2015-2
    トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. NS4-
    <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. accord
    アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 次期スイフト リーク画像
    スズキの次期スイフトが2017年春にフルモデルチェンジを実施する。 次期スイフトの存在について…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9gs200%ef%bd%94
    レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. フルモデルチェンジした新型フリード
    ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. CH-R
    ※C-HRの最新情報を2016年11月8日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 新型セントラ2016(シルフィ)
    日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. スカイラインハイブリッド
    日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. 新型cx-9 2016年
    マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. prius3
    トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. lexusrx
    新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 新型アコードハイブリッド
    以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る