マークXのマイナーチェンジが2016年11月22日に実施!2.0ℓターボ搭載は見送り&トヨタセーフティセンスP採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。

以前、以下のマークXのフルモデルチェンジに関する記事を掲載したが、今回のビッグマイナーチェンジを最後にマークXシリーズが終結する可能性も浮上してきた。

マークXのフルモデルチェンジが2017-2018実施か

今回は、現行型マークXの最後のビッグマイナーチェンジに関する最新情報を記載する。

スポンサーリンク

<マークXのマイナーチェンジが2016年11月22日に実施へ>

<マイナーチェンジした新型マークX>

マークXのモデルチェンジに関する情報は、これまで何度も話が出ては消え、現時点では2012年に実施されたビッグマイナーチェンジを最後に、大きな改良は行われていない。

これは、同じトヨタのセダンで車格が一つ下のプレミオ・アリオンに関しても同様の傾向が見られており、セダン不況の中、トヨタとしてもこれらの車種の方向性をどのようにしていくのかが難しい状態にあることが伺える。

アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に

そんな中、ようやく2016年11月22日に現行型で2度目となるマークXのマイナーチェンジが実施されることが決まった。

2015年に実施されたクラウンのビッグマイナーチェンジでは、90ヶ所以上にも及ぶスポット溶接の増し打ちによるボディー接合部の剛性強化や構造用接着剤の採用がされたが、マークXに関しては、主に衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」搭載を目玉とした改良となる。

<マークXにトヨタセーフティセンスPを搭載>

%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9

 

トヨタセーフティセンスにはPとCの2タイプが存在するがマイナーチェンジで搭載されるのはトヨタセーフティセンスPの方となる。

トヨタは、2017年末までに日本、北米、欧州のほぼ全ての乗用車にトヨタセーフティセンスを搭載させると発表しており、今回のマークXのマイナーチェンジは主にこれに合わせる為に実施されると考えてもいいだろう。

ちなみに、トヨタセーフティセンスPといっても新型プリウスに搭載されているものと、クラウン・ランドクルーザーに搭載されているものでは微妙に性能が異なる。

それはレーダークルーズコントロールが全車速対応か制限ありかの違いだ。

クラウン・ランドクルーザーに搭載されているトヨタセーフティセンスPのレーダークルーズコントロールに関してはブレーキ制御ありという50km以上でしか作動しないものとなっている。

新型マークXに関しては、クラウンと同様のタイプが採用されることとなった。

<マイナーチェンジでグレードを整理 G’sモデルを廃止へ>

マークXは、マイナーチェンジによってグレードが整理されることとなる。

それは、プレミアムと350Sグレード、そしてG’sモデルが廃止されるということだ。

それに伴って3.5ℓグレードに関しては「350RDS」という1つのグレードに一本化され、このグレードは実質Gzの後継グレードとしてラインナップされる。

このRDSグレードは、「Rakish Dynamic Sports」の略称でありダイナミックなスポーツグレードとしてラインナップされ、2.5ℓモデルにも「250RDS」として設定されている。

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx250rds

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds

<上が250RDS、下が350RDS>

このRDSグレードのサスペンションには、電子制御サスペンションが採用されており減衰力が自動調整されるようになっている。

また、このRDSグレードに加えて、「250S/250S Fourグレード」については、Bi-Beam LEDヘッドランプ&LEDクリアランスランプ/デイライトを組み合わせた角型6眼タイプとリアスポイラーが装備されている。

markx

RDSグレード専用のインテリアカラーとして「ブラック×レッド」、「ブラック×ホワイト」が設定設定されており、アルカンターラのシート表皮やアクアウィッシュのインサイドドアグリップ表皮、緻密な加工で流れる光の波を表現したブロックデコのインテリアパネルを採用するなど、贅沢な大人のスポーティセダンが演出されている。

350rds%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

350rds%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a21

<350RDSのインテリア>

250rds%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

<250RDSのインテリア>

<各グレードと価格について>

・350RDS:3,850,200円

・250RDS:3,434,400円

・250S Four:3,452,760円

・250S:3,207,600円

・250G:2,656,800円

・250G Four:2,901,960円

・250G Four “Fパッケージ”:3,161,160円

・250G “Fパッケージ”:2,916,000円

スポンサーリンク

<デザイン改良&その他改良について>

デザインに関しては、エクステリアを主に改良されることとなる。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx

賛否両論のあった現行型のフロントグリルのデザインは左右に低く広がったバンパー&ロアグリル等に変更され新たなデザインとなっている。

新型マークXのリア

リアコンビランプに関しては、マイナーチェンジ前に発売されていたG’sモデルのようにクリアタイプのものに全車変更される。

今回のマイナーチェンジでボディカラーはに新色の「トゥルーブルーマイカメタリック」「プレシャスブラックパール」を含む全6色を設定。

<新色のトゥルーブルーマイカメタリック>

内装(インテリア)に関しては、素材やカラーなど、仕様の異なるインテリアデザインを採用し、ディンプル付本革巻き4本スポークステアリングホイールを採用した他、室内スイッチといった照明をクリアブルーへ統一して質感を向上するとともに、洗練されたイメージを演出している。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85

また、「流れる光の波」を表現したとされるブロックデコのインテリアパネルは、質感の高さをより感じさせられる。

markx%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85%e3%81%ae%e4%b8%80%e9%83%a8

その他、本体に90カ所もスポット打ちを増やしたり構造用接着剤を採用するなどボディ剛性強化が図られており、フロントとリアのサスペンションの熟成を図ったチューニングを施すといった足回りの改良が行われて、よりスポーティなセダンとして進化している。

また、洗車などによって付きやすい小さなすり傷を自己修復するクリア塗装の「セルフリストアリングコート」を全車に標準装備されることとなった。

<モデリスタの存在に注目>

マイナーチェンジと同時にトヨタモデリスタインターナショナルより、カスタマイズアイテムも用意されている。

フロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートの3点をセットとした(単体でも発売している)モデリスタエアロキットやフロントグリルガーニッシュといったカスタマイズをすることで、よりアグレッシブなデザインへと変貌を遂げる。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf1

<MODELLISTAエアロキット装着車>

この他にも、ミラーガーニッシュや前後のドアパネルに追加できるメッキ加飾の「スタイリッシュモール」、「LEDライセンスランプ」、モデリスタオリジナルデザインのアルミホイール&タイヤセット「WingDancer」シリーズといったものも用意されており、幅広いカスタマイズの設定が可能となっている。

<マークX マイナーチェンジで2.0ℓのダウンサイジングターボ搭載は見送り>

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds

2016年夏までは、新型マークXのパワートレーンについては、V6 3.5ℓグレードの代わりに2.0ℓダウンサイジングターボのグレードが用意される可能性が取り沙汰されていた。

トヨタの2.0ℓダウンサイジングターボと言えば、レクサスIS200tやクラウンアスリートに搭載されている8AR-FTS型エンジンであるが、これがマークX用としてチューニングされると考えられていたのだ。

しかしながら、これは見送られることとなった。

今は車格が上がりクラウンクラスになってしまったものの、かつてのマークXのライバルであるスカイラインが、すでに2.0ℓのダウンサイジングターボエンジンを搭載しており、さらに次回のマイナーチェンジでは、3ℓのツインターボを搭載する予定であることから、マークXにターボモデルが設定されることで少しでもスカイラインに近づくと期待していただけに少し残念だ。

そこまでコストをかけられなかったのか、それともクラウンとの差別化が理由といった所だろうか。

ちなみに今回のマイナーチェンジがマークX史上で最後の大幅改良となり、2019年頃には次期モデルを投入せずに生産終了となる可能性が浮上している。

ただ、今回のマイナーチェンジ後の新型マークXの動向次第では、その流れが変わる可能性もあり、仮にマークXのブランドがなくなったとしても後継のアッパーミドルセダンが誕生する可能性は捨てきれない。

今回のマイナーチェンジがユーザーにどこまで受け入れられるのかに今後要注目だ。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

マークXのマイナーチェンジに関するVoice

・ターボ採用してほしかったな

・G’sは一旦廃止なのか

・トヨタセーフティセンスPはプリウスと同じタイプなのかな

・次期モデルはいつ出るのかな

・現行型が中期型になるということか

・デザインはカッコよくなったと思う

<ネット上より>

今やティアナ、レガシィB4、アテンザといったライバル車の中でも一番日本の交通事情にあったサイズであり、唯一のFRであるマークX。

そんなマークXが今回を持って生産終了となってしまうことは、ファンにとっては何とか食い止めたい所。

今回のマイナーチェンジで再び勢いを盛り返し、次期モデルが投入されることを願うばかりである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afx350rds
    トヨタ自動車のマークXが2016年11月22日にビッグマイナーチェンジを実施して同日発売された。 …
  2. %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-1
    マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを実施する予定だ。 …
  3. %e3%83%87%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9
    日産の軽トールワゴン車のデイズルークスと三菱自動車のeKスペースが2016年12月にマイナーチェンジ…
  4. %e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2
    スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  5. suv13
    スバルは、2014年まで大型クロスオーバーSUVとして北米やヨーロッパで発売していたトライベッカ。 …
  6. %e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89
    日産のコンパクトカーを代表するノート。 2016年11月2日に、そのノートがマイナーチェンジを…
  7. vw-polo%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%882
    VW(フォルクスワーゲン)のポロのフルモデルチェンジが2017年に実施される。 発売時期につい…
  8. ヴィッツ
    トヨタ自動車のヴィッツが2017年にビッグマイナーチェンジを実施する。 現行型では2度目となる…
  9. %e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc
    トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  10. mazda cx-4 2
    マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVを発売させる見通しだ。 その名はCX-6になる可能…

ピックアップ記事

  1. %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b5
    スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lf-fc
    レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる予定だ…
  3. 新型セレナ
    日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  4. 新型エスティマ
    エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  5. モデルチェンジした新型ソリオ
    スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にもフルモデルチェンジが実施され…
  6. スカイラインクーペ
    日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 V37型となる次期…
  7. オデッセイハイブリッド
    ホンダのオデッセイハイブリッドの発売日が2016年2月に設定される見込みだ。 以前から新型…
  8. 新型クラウン2015-2
    トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. NS4-
    <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. accord
    アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 次期スイフト リーク画像
    スズキの次期スイフトが2017年春にフルモデルチェンジを実施する。 次期スイフトの存在について…
  2. %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9gs200%ef%bd%94
    レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. フルモデルチェンジした新型フリード
    ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. CH-R
    ※C-HRの最新情報を2016年11月8日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 新型セントラ2016(シルフィ)
    日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. スカイラインハイブリッド
    日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. 新型cx-9 2016年
    マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. prius3
    トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. lexusrx
    新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 新型アコードハイブリッド
    以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る