スズキ 次期スペーシアのフルモデルチェンジは2018年!タント・N-BOX越えなるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。

スペーシアは、2013年に軽ハイトワゴン「パレット」の実質後継車としてデビューし、当時はトップクラスの低燃費の実現や室内空間の広さ等が注目され、今なお高い人気を誇る。

2015年に行われたマイナーチェンジでは、「S-エネチャージ」や軽自動車で初めて2つのカメラを採用した「デュアルブレーキサポート」が搭載されるなど、スズキの中でも最新の技術が投入された。

けれども、ライバルのN-BOX、タントと比べると販売台数では大きく差をつけられている状態だ。

そこで、2018年のフルモデルチェンジで新型スペーシアは、巻き返しを図る。

スポンサーリンク

スズキの人気ハイトワゴン スペーシアとは?

スペーシアは、パレットの後継車種として2013年から発売されている軽ハイトワゴンである。

  • 車高の高く広々としたキャビンやスライドドア採用による乗降性の高さ
  • プレミアムUV・IRカットガラスやナノイー搭載のフルオートエアコアン搭載

といった部分に加え、その愛くるしいデザインもあってか、女性ユーザーやファミリーユーザーの人気を集めている。

安全装備には、2015年のマイナーチェンジにて、歩行者に対応した自動ブレーキシステム「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、JNCAP予防安全性能アセスメントにてスズキ初の最高ランク評価「ASV+」を獲得した経緯もある。

一番のポイントは、クラストップレベルの低燃費性能であり、JC08モード32.0km/Lと、他の軽自動車よりも圧倒した数値を達成している所だ。

スペーシアは、スズキ最先端の技術が投入され、安全面、走り、燃費性能のそれぞれがレベルが高いにも関わらず、軽自動車市場でトップのN-BOX等に比べると、販売台数では差が開いてしまっている所が悩み所となっている。

そこで、2016年12月26日には、今風のデザインともいえる大型メッキフロントグリルを採用した「スペーシア カスタムZ」を発売するなど、現在販売拡大に向けてテコ入れされている状況だ。

スズキ スペーシアは人気もライバルN-BOXとの差がネック

まず、現在のスペーシアに関しては、2016年4月~9月軽四輪車通称名別新車販売数を見ると40764台で4位となっており、45716台の3位のアルトに次ぐ、スズキで2番目に売れている軽自動車となっている。

%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2

しかしながら、1位のNBOXは85503台、2位のタントは70119台となっており、スペーシアは、1位のNBOXとは、約35000台もの差をつけられている状態だ。

しかも、NBOXは発売から約5年経ったモデル末期という状況を考えると、いかに異常な人気なのかが伺える。

スズキ 新型車投入スケジュールに狂い

冒頭でお伝えした通り、現時点では次期スペーシアは2018年にモデルチェンジする見通しだ。

しかしながら、2016年に発覚した不正燃費問題の影響もあってスズキの新型車投入スケジュールは当初よりも大きく狂ったと見られる。

次期ワゴンRについては、2016年秋にも発売が見込まれていたが、2017年初頭へ延期。

次期ワゴンRのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

そして次期スイフトについても、2016年後半から2017年へずれ込むこととなる。

次期スイフトのフルモデルチェンジ情報

次期スペーシアは、この次期スイフトに次いで2018年初めにモデルチェンジされることとなる。

発売時期として有力なのは現時点では2018年の1月だ。

これらの流れを見ると、2017年~2018年はスズキの主力車が一気に世代交代を果たすことが伺える。

スズキとしては、コンパクトカーは、ハスラーが好調で次期スイフトにも期待がかかるが、軽トールワゴンのジャンルとしては、次期ワゴンRか次期スペーシアでなんとか大幅なシェア増加をしたい所。

スポンサーリンク

次期スペーシアのフルモデルチェンジの内容とは

suzuki-spacia

フルモデルチェンジする次期スペーシアの内容としては、まずはプラットフォームの刷新が挙げられる。

次期スペーシアには、現行型のアルトから採用されている次世代軽量プラットフォームが用いられることとなる。

これによって現在よりも大幅な軽量化が見込まれ、現在の最軽量モデル870kgを下回る800kg以下になる可能性は十分高い。

ライバルのタントの最軽量モデルは現在920kg、N-BOXが950kgということを考えると、この軽量化は大きな差別化につながる。

そして軽量化にともなって、燃費性能も向上し、現在のJC08モード 32km/ℓを上回る見通しだ。

現在軽自動車トップクラスの燃費性能を誇るアルトの37.0km/ℓにどこまで近づけるのかに注目が集まる。

燃費性能については、現在でもライバル車よりも優位に立っているため、引き続き新型でも優位に立ち続けることとなりそうだ。

また、新世代プラットフォーム採用による軽量化の恩恵は、スロットルやステアリング操作にも影響を与え、走行性能向上にも直結することとなる。

最大のライバルホンダN-BOXは2017年にフルモデルチェンジ

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80n-box

ただでさえ、スペーシアと現状大きく差がついているホンダのN-BOXだが、そのN-BOXは2017年に2代目へとフルモデルチェンジを行る予定だ。

次期N-BOXのフルモデルチェンジ2017最新情報!

デザインはキープコンセプトながらも、ホンダセンシング搭載するなど、現行モデルをより完成度の高いものへと正統進化する見通しだ。

これだと増々、N-BOXが有利になりかねない状況だが、次期スペーシアには、それをひっくり返すほどのインパクトが求められることとなる。

次期ワゴンRと共に、次期スペーシアが軽トールワゴンというジャンルでホンダ・ダイハツに打ち勝つことができるのかどうか、スズキの手腕が最も問われる。

次期スペーシアのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば、またお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. トヨタのミニバンであるノアとヴォクシーが2017年内にビッグマイナーチェンジを実施する予定だ。 …
  2. スバルのクロスオーバーSUVであるフォレスターのフルモデルチェンジの時期が近付いている。 現段…
  3. トヨタ自動車の新型プリウスPHVが2017年2月15日にフルモデルチェンジすることとなった。 …
  4. スズキのワゴンRのフルモデルチェンジが2017年2月1日に実施された。 元々、次期ワゴンRは、…
  5. スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年春に実施される…
  6. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…
  7. 日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。 5代目となる次期マーチは、現行モデ…
  8. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  9. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  10. トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  3. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  4. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る