Xperia Z3 tablet compactのレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月発売となったXperia Z3 tablet compact
今注目される新型Androidタブレットの一つだと言えるだろう。
1年で、大幅に性能や機能が新しくなることから、ユーザーにとっては最新機種の情報はかなり気になる所。どうせ買うのならば、長く使えるものが良いにこしたことはないだろう。
今回は、その注目の最新機種Xperia Z3 tablet compactについてレビューしてみる。

[スポンサーリンク]

スポンサーリンク

 

Xperia Z3 tablet compactの特徴

なんと言ってもこのタブレットの特徴は「絶妙なサイズ」と「豊富な機能」である。

実は、このZ3tabletcompactが出るまで、Xperiaには10.1インチのZ2tabletと約6.4インチのZ Ultraの2機種が存在していた。

xperia z2 tab

Z2tabletの方は、画面は大きくて鮮やかで見やすい上に約426gという軽さ、まさにipad airに対抗できるタブレットとしてよくレビューされていた。しかしながら、家などで使用するには十分であるが、外出先で持ち運んで使用するには大きすぎるという弱点があった。

Xperia Z Ultra

次にZ Ultraについてである。これについてもかなり評価が高いタブレットである。その理由の秘密は約6.4インチという大きさである。4.5~5インチといったサイズが主流のスマートフォンでは画面が小さい、しかしながら10インチ前後のタブレットでは大きすぎて持ち運びができない、そんなユーザーにとって「片手で操作ができ、かつ比較的満足できるサイズの画面」といった不安を解消させたのである。

[スポンサードリンク]

この2機種の良い所をピックアップし、満を持して登場したのがZ3 tablet compactなのである。

画面のサイズは約8インチという上の2機種の間をとった大きさである。これは、家で見るにも十分な大きさであり、さらに重さが約270kgという点も含めて、外へ気軽に持ち運ぶことができるというまさに用途に困らないデキとなっている。

さらに機能がこれ以上ないというほど詰め込まれている点にも注目だ。

まずは防水機能。これがあることで、お風呂場に持ち運ぶこともできるし、綺麗好きな人にとっては、気軽に本体を軽く水で拭くなんてこともできるので、嬉しい限りであろう。

xperia water

次に周りのデジタルノイズキャンセリングハイレゾ対応というウォークマン一押しの機能を惜しみなく搭載している。これらのおかげで、外出先で、ゆったりとしたいときに、デジタルノイズキャンセリングを使用することで、周りの音のほとんどを遮断することができるので、音楽だけに集中して楽しむことができる。さらにハイレゾ再生対応なのだから、かなりクオリティの高い音楽を楽しむことができる。出張先のホテルで、仕事終わりにコーヒーでも飲みながら、まったりと音楽を聴いて癒されるなんてこともできそうだ。

またPS4を持っていれば、このZ3 tablet compactをテレビ代わりにして楽しむことができる点も注目だ。世帯にテレビが一つしかなく、テレビを使用するのに肩身が狭い思いをしている人とか、テレビを持っていないがPS4を楽しみたいという人にはとっては特にうってつけであろう。

実機レビュー

まず、手にした感想としては、多くの人がその軽さに驚くであろう。ただ、Z Ultraを体験した人からするとそれほどの驚きはないかもしれないが・・・

また画面の綺麗さにも目を引く。正直Z2 tabletの時から、ディスプレーの美しさには目を引いていたが、その美しさはこの機種にも受け継がれていることが分かる。

そして何よりも、今までノイズキャンセリング機能を体験したことのない人は是非体験してほしい機能だ。ほんとうに雑音が一瞬にして消えるのである。
筆者は、WALKMANなどですでに体験済みではあったが、パソコン替わりにもなりえる8インチタブレットで聴くとなぜだか新鮮にも感じられた。

この機種は、音楽、電子書籍、ゲームと言ったエンターテイメントな部分だけではなく、アクセサリーのキーボードを使用すれば、どこでもパソコン替わりになるといった利便性が素晴らしい。

まさに様々な用途に使えるマルチな存在で、ある意味タブレットの完成形なのかもしれない。

現時点では、高評価のできるタブレットであるが、また1か月2か月と使用する時が立つにつれて評価は変わってくるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. トヨタのミニバンであるノアとヴォクシーが2017年内にビッグマイナーチェンジを実施する予定だ。 …
  2. スバルのクロスオーバーSUVであるフォレスターのフルモデルチェンジの時期が近付いている。 現段…
  3. トヨタ自動車の新型プリウスPHVが2017年2月15日にフルモデルチェンジすることとなった。 …
  4. スズキのワゴンRのフルモデルチェンジが2017年2月1日に実施された。 元々、次期ワゴンRは、…
  5. スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年春に実施される…
  6. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…
  7. 日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。 5代目となる次期マーチは、現行モデ…
  8. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  9. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  10. トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  3. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  4. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る