次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジは2017年!トヨタ製ハイブリッド+PHVモデルも投入の見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年に実施される予定だ。

モデルチェンジ後の次期XVハイブリッドのハイブリッドシステムには、新型プリウス同様のトヨタのTHSⅡの最新システムが搭載される見通し。

そしてそのハイブリッドシステムを活かしてPHV化させるという情報も出ている。

今回はスバルの次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジに関する情報を記載する。

スポンサーリンク

<次期XVハイブリッドがフルモデルチェンジが2017年に実施!ワールドプレミアは2017年前半のモーターショーにて>

現行型の2代目スバルXVは、2012年10月5日にデビューし、翌年2013年6月24日にスバル初となるハイブリッド車のXVハイブリッドが発売された。

その2代目のデビューから約5年後なる2017年に3代目へフルモデルチェンジすることになる。

次期XVのワールドプレミアについては、2017年3月開催予定のジュネーブモーターショー2017もしくは、2017年4月開催予定のニューヨークモーターショーが最有力となっている。

次期XVの日本発売に関しては、ワールドプレミアが行われてから数か月後となる2017年の秋となる見通しだ。

<次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジの内容>

現行型XVハイブリッドには、スバルが独自開発したハイブリッドシステムが採用されている。

しかしながら、次期XVハイブリッドに関しては、スバル独自開発のシステムではなく、トヨタが2015年12月に発売した4代目プリウスに搭載されているハイブリッドシステムが流用されることとなる。

4代目プリウスには、従来のTHSⅡを改良したトヨタ最新のハイブリッドシステムが搭載されているが、このシステムをスバルの縦置き水平対向エンジンと組み合すことができるように開発中と見られている。

xv-hybrid
<画像は現行型XVハイブリッド>
 

4代目プリウスに関しては、JC08モードで40km/ℓを達成しており、その最先端のハイブリッドシステムの提供を受けることから、次期XVハイブリッドは新型プリウスと肩を並べる燃費性能を誇り、大きな注目を集めることは間違いないだろう。

新型プリウスのフルモデルチェンジについて

実は、トヨタとスバルが環境技術に関して提携することに関して、すでに新中期経営ビジョンの「際立とう2020」にて以下のように書かれていた。

際立とう2020
際立とう2020-2
 

2017年頃から「世界最高HVを順次展開」するという点と、2014年以降、トヨタと電動化を含めて環境分野でシナジーを創出させるということから、今回の話は必然的なものだと言える。

いきなり2017年にスバルが独自で世界最高レベルのハイブリッドシステムを作るとは考えられないため、世界最高HV=トヨタの最新式ハイブリッドシステムというのは、まさにピッタリの表現だろう。

<次期XVハイブリッドではPHVモデルも追加される見通し>

次期XVハイブリッドでは、プラグインハイブリッド(PHV)モデルも後に追加される見通しだ。

これは、2018年に北米のカルフォルニア州のZEV規制が改正され、ハイブリッド車が規制の内容からはずされ、EVカーやPHV車、燃料電池車の販売の割合を一定数以上にする必要にせまられていることが原因だ。

このZEV規制の改正を受けて、トヨタに関しては、FCVのMIRAIを発売させたり、プリウスに関しても新型では、通常モデルではなくPHVモデルの方により力を入れるなどすでに対策に向けて動いている。

スバルに関しても、「際立とう2020」でこのZEV規制に対応する旨が記載されている。

際立とう2020

このグラフを見ても分かるように、2017年もしくは2018年頃にPHVを投入する計画であることが分かる。

このXVのPHVに関してもトヨタの技術が導入される可能性が濃厚だが、すでにプロペラシャフトありのAWDハイブリッド車という魅力を持つXVなだけに、「XV PHV」は相当魅力的なPHV車になるのは間違いないだろう。

なお、XV PHVに関しては、2017年のフルモデルチェンジ時には同時発売されず、少し期間を置いて新たに発売される見込み。

現行型のXVが発売から約9か月後にハイブリッドモデルを投入した時のような流れになりそうだ。

<次期XVのコンセプト>

以前スバルはプラグインハイブリッドのコンセプトカーとして「VIZIV EVOLUTION CONCEPT」を2013年に公開した。

VIZIV EVOLUTION CONCEPT
<VIZIV EVOLUTION CONCEPT>
 

そして、ジュネーブモーターショー2016(2016年3月開催)では、より明確となった次期XVのコンセプトカーである「XVコンセプト」が公開された。

%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%abxv%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88

%e3%80%8cxv%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88%e3%80%8d

%e6%96%b0%e5%9e%8bxv%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88

 

このXVコンセプトのボディサイズは、全長4,520mm×全幅1,920mm×全高1,570mmとなっている。

「XVコンセプト」をベースに市販モデルのデザインが出来上がることとなるが、元々XVはインプレッサの派生モデルということから、新型インプレッサスポーツ似のSUVになるのは間違いない。

スポンサーリンク

<新プラットフォームSGPとアイサイトVer3>

次期XVのプラットフォームには、2016年にデビューした新型インプレッサに初搭載されたスバルの次世代プラットフォームである「Subaru Global Platform(SGP)」が新型インプレッサに続いて採用されることとなる。

次期インプレッサが2016年にフルモデルチェンジにて登場

そして次期XVに搭載される運転支援システムのアイサイトのバージョンだが、新型インプレッサ同様にアイサイトver3の最新モデルが採用される可能性が高い。

2017年には、アイサイトの次期バージョンが投入されることがすでに明らかになっているが、筆者としては、これの次期アイサイトの初搭載車は2017年春~夏にビッグマイナーチェンジされるレヴォーグとにらんでいるため、それよりも早くワールドプレミアされる次期XVにアイサイトの最新バージョンが搭載されるとは考え難い。

スバル アイサイトver4を2017年に導入へ!初搭載車は・・・

これに関しては続報を待っていてほしい。

<次期インプレッサハイブリッドにも期待>

次期XVハイブリッド登場にあたって、もう一つ注目なのは、次期インプレッサハイブリッドにもトヨタの最新式ハイブリッドシステムの搭載の可能性が高まるというわけだ。

新型インプレッサは、フルモデルチェンジ時にはハイブリッドモデルはラインナップされていない。

しかしながら、後の年次改良時等でハイブリッドモデルが投入される可能性は高い。

そうなれば、インプレッサPHVの誕生といった可能性も高まってくる。

スバルのエコカーが今後どのような路線を進んでいくのか。

さらなる続報を楽しみに待っていてほしい。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサイトがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

<XVハイブリッドに対するVoice>

・やっぱFMCするとサイズ大きくなるんだろうか

・PHVになったら充電場所考えないとな

・現行型のアイサイトVer3化はまだかな

・次期フォレスターではなく、XVがPHV化するのか

・日本にXVディーゼル投入はないのかな
<ネット上より>

最近は日本でもディーゼル車の人気が出ていることから、XVのディーゼルを日本でも発売してほしいという声が挙がっている。

今の所、スバルが日本でディーゼル車を出す動きは見られないが、想像以上にディーゼル車の人気が高まった場合は、発売の可能性は十分出てくるだろう。

それよりもトヨタ顔負けの環境性能を誇るPHVモデルをXVにラインナップ化することで、どこまで次期XVの人気を高めることができるのかどうかに注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  2. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  3. トヨタ自動車の人気SUVのハリアーが2017年にマイナーチェンジを実施する見通しだ。 モデルラ…
  4. マツダの人気クロスオーバーSUVのCX-5が2017年2月2日日本でフルモデルチェンジを実施する。 …
  5. トヨタ自動車のカムリハイブリッドが2017年の夏にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 現行…
  6. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  7. ホンダのN-BOXが2017年にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を今…
  8. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2017年3月頃に行われると見られてい…
  10. トヨタ自動車のヴィッツが2017年1月12日にビッグマイナーチェンジを実施した。 現行型ヴィッ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  3. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  4. ※C-HRの最新情報を2016年12月12日更新 C-HRの価格や予約情報等を記事内に追加済み …
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る