トヨタMIRAI 内装・外装のデザインにピックアップ!

ついにトヨタ自動車が次世代車である水素を燃料とした燃料電池車(FCV)のMIRAIの発売日を12月15日に決定した。

燃料電池車(FCV)という日本の新技術に海外の反応も高く、その発売に要注目されている。

まさにハイブリッドカーのプリウス以来の革命といっても過言ではないだろう

名前通り未来(MIRAI)を彷彿させるデザインであるが、外観はもちろんのこと、内装が特に近未来的なデザインなのである。

今回は、その次世代車であり、近未来なデザインであるトヨタのMIRAIについてピックアップしていく。

トヨタMIRAIついに登場。近未来的デザインの外・内装には必見

mirai

まずはMIRAIの外装(エクステリア)の画像から。

これぞ次世代カーと感じさせるデザインである。

コンセプトカーほぼそのもののデザインとも言え、トヨタとしても思い切った決断だったと思われる。

エクステリアのフロントからは、昨年ビッグマイナーチェンジをした新型SAIと新型カムリハイブリッドを組み合わせて、それをかなり次世代的なデザインにしたといった印象を受けた。

特にフォグランプ周辺の迫力あるデザインは、まさにこれからの時代を背負うといった意気込みを感じさせられる。

mirai2

次にリアの画像だが、これまたスポーティでカッコいいものとなっている。

クーペっぽさも感じられ、かなりスポーティ路線になっていると言えるのではないだろうか。

トヨタエンブレムの左右に伸びている赤色のバーが特に新型SAIのリアの雰囲気とも似たものを感じるため、今後のトヨタ車のリアのデザインはこのようなデザインが採用されていくのではと思わせられる。

ビッグマイナーチェンジを受けたSAIのリア画像

sai

次にMIRAIの内装(インテリア)を見てみよう。

トヨタMIRAI インテリア

エクステリア以上に近未来感を感じさせるデザインだと言える。

プリウスαのようにハンドルの前にメーターがなく、大きく突出しているナビが印象的であり、かなり視覚効果が高そうだ。

また、上部に搭載されているマルチインフォメーションディスプレイのデザインも、現行車にはない車との一体感を感じさせるカッコいいデザインとなっている。

また空調関係の設定をする所でも、モニターが設置されており、温度の上下については、指に触れて上下させるだけで調整ができる最新のシステムが取り柄れられていることが分かる。

ちなみにMIRAIの内装色については、ウォームホワイト、ブルーホワイト、ブルーブラックの3色が用意されることとなっている。

MIRAIの乗り心地についてはクラウンに負けないものに作り上げたと言われているため、快適性に期待がかかっている。

是非とも試乗で試したいところだ。

燃費については、一回当たり3分程度の水素充填にて650Km走ることができる。

気になるMIRAIの価格については723万6,000円となっており、エコカー減税や自動車グリーン税制、CEV補助金を考慮すると約225万2,900円がそこから差し引かれることとなり、実質500万程で購入ができることになりそうだ。

最初のうちは水素ステーションの設備が整っている東京・名古屋・大阪・福岡を中心にトヨタ点とトヨペット店にて販売される。

水素ステーションがある場所はこちらを参照
http://toyota.jp/mirai/station/

久々に自動車業界で革命が起きようとしており、MIRAIの発売は、トヨタにとって2015年以降の新たなキーとなる自動車になるであろう。

今後の展開にかなり期待だ。

<関連記事>
パッソのフルモデルチェンジが2016年に実施へ!新型ブーンも同時に登場

アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に!

ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジが2016年1月6日に!セーフティセンスC搭載へ

⇒トヨタの最新情報へ戻る

おすすめの記事