ホンダ、グレイスの評価・評判次第ではコンパクトセダン復権も

ホンダのグレイスがついに12月1日発売となった。新しいハイブリッドのコンパクトセダン発売とあってニュース等で話題となっている。
ちなみに海外ではシティとしてすでに今年の初めに発売されており日本での発売が待たれていた。

もともと日本では今年の春に発売と言われていたものの、度重なる延期を経て待望の登場となった。価格は195万円といったお買い得感のあるものであり、グレイスに対する世間の評価や評判が高ければ現在日本では冷え込んでいるコンパクトセダン市場の復権もありそうだ。

コンパクトセダン復権はグレイスの評価次第!?

ミニバンや軽自動車、コンパクトカーが人気の中、セダン業界は日本では縮小していると言われており、セダンファンにとってはいち早くかつての勢いを取り戻してほしい所だろう。

セダンについてもグローバル化により、年々サイズが大型化する傾向にあり、全幅が1800㎜を超えることも珍しくはなくなってきた。

狭い道路が多いといった事情の日本では、大型車を買うことに抵抗がある人もいることであろう。

そんな中、コンパクトセダンであらば問題解決となるが、車種がこれまた少ないのである。筆者が思いつく限りでは、トヨタのカローラ、アリオン、プレミオ、日産のラティオぐらいである。見方によっては日産のシルフィやスバルのインプレッサG4も含まれるであろう。

ハイブリッド&自動ブレーキ

ただ、近年流行りのハイブリッドもしくは自動ブレーキといった安全性能を求めると、ハイブリッドではカローラアクシオハイブリッド、安全性能でいえば、インプレッサG4の2車種だけになってしまう。

そんな中、ハイブリッドと自動ブレーキの両方を搭載したものが、今回話題となっているグレイスなのである。

もともと、発売前は、サイズや予想される価格からみてカローラアクシオハイブリッドがライバルになるとみられていたが、発売後、ホンダはライバルとしてプリウスを名指しした。価格面だけを見るとプリウスの方がワンランク上に思えてしまうが、それだけ本気で作ったということのあらわれであろう。つまり価格はプリウスのワンランク下で買えるが、中身は価格のワンランク上の内容となっているということであろう。

実際、エクステリア・インテリア共にデザインからは、プレミアム感を感じさせるものとなっている。

かつてのシビックを彷彿させられるデザインとも言え、ノーマルではスポーティ感が強いが、なんとオプションでは、所々メッキガーニッシュをつけることができ、ウインドウ下部にもメッキを付けることが可能となっているのである。カローラアクシオも上級モデルにはウインドウ下部にメッキモールがついてくるが、オプションで取り付けができるというのは中々めずらしいことではないだろうか。

他のコンパクトセダンについては、カローラアクシオについては、2015年にビッグマイナーチェンジをすると言われており、グレイスを意識しないわけにはいかず、トヨタも黙ってはいないだろう。エクステリアの大幅な変更が期待されており、また、先日発表された、Toyota Safety Senseが搭載されるのもほぼ間違いないだろう。そうなれば、グレイスの強力なライバルとなる。

さらに日本では発売未定だが、マツダのデミオセダンといったハイブリッドに対抗したディーゼルエンジンを搭載したものも海外では発売される。

グレイスの評価や評判が高まるにつれて、コンパクトセダンの需要は高まるだろうし、そうなれば、デミオセダンの日本投入の可能性は高まるだろう。そうなれば、日産などの他メーカーも本格的にコンパクトセダンに力を入れてくると考えられる。

そうなれば、セダンファンとしては、理想的な展開となる。

コンパクトセダン復権は、グレイスに託されたといっても過言ではないかもしれない。

おすすめの記事