アテンザマイナーチェンジ2014

2014年12月11日にビッグマイナーチェンジをする予定のマツダの新型アテンザ。

その新型アテンザのカタログ画像がついに流出したようだ。

噂されていた4WDモデルの追加などかなり興味深いものとなっている。

さほど関心のない人から見ると今までとの違いに気づかないかもしれないが、アテンザを好む者からしてみると、今回のマイナーチェンジは、フルモデルチェンジ並の進化を遂げており、一段とカッコよく魅力的になっていることが分かるだろう。

<追記>
アテンザのマイナーチェンジは2015年1月7日と正式発表!

アテンザ マイナーチェンジは2015年1月7日と発表!画像も公開

<追記2>
さらにアテンザに関する新しい情報は以下の通りだ。

次期アテンザのフルモデルチェンジは2019年の見込み!

アテンザのマイナーチェンジは2017年。ディーゼルハイブリッド搭載が有力

各情報はそれぞれの上記リンク先の記事にて記載。

新型アテンザ マイナーチェンジ後の画像が判明!

アテンザマイナーチェンジ2014
まずは新型アテンザのエクステリアの画像を載せてみたが、かなり力強くより高級感を持ったように見える。

現行型アテンザとの違いで目立つのはグリル周りのメッキが大きく目立つようになったことと、フォグランプ周りにもメッキラインが入ったことである。

さらにフォグランプのLED化など、最新の装備はバッチリのようだ。

ちなみに現行型アテンザはコチラ

mazda_atenza_kushima_665_01
コンセプトモデル TAKERI

アテンザ TAKERI
マイナーチェンジ後の新型アテンザのデザインは現行アテンザのコンセプトモデルのTAKERIにより近づいたと感じさせられる。

大幅改良されたインテリア

そして今回の目玉と言ってもいいほどのより改善されたインテリアである。

atenza インテリア
現行型もなかなか良かったのだが、現行型に比べてシンプルでかつより現代的なデザインになったと言えるのではないだろうか。

ナビもマツダコネクトが採用されていることが確認できる。

他にもシートの素材の変更や電動パーキングを新採用するなど、快適性はかなり向上しているようだ。また、オプションでは待望のリアシートヒーターが選択できるようになった。

静粛性も高まるため、現行型以上の快適な乗り心地になることは間違いないだろう。

現行型アテンザのインテリア

アテンザ
また、4WDモデルの追加で、これまで4WDを待ち望んでいた人にとっては、ついにその時が訪れたと言えるだろう。

12月11日に発売はほぼ確定と思われるが、気になるのは価格である。
これだけ、盛りだくさんな進化を遂げるとむしろ価格が上がらないことの方が不思議だ。

新型アテンザのマイナーチェンジで進化を遂げる部分とは?

ライバルのスバルのレガシィについても先月末にフルモデルチェンジしたばかりであり、より高級感あふれる車となっているため、両車ともいい勝負になりそうだ。

フルモデルチェンジをした新型レガシィB4

レガシィB4
デザイン、快適性といった部分を見ても、新型アテンザはかなり魅力的な自動車だ。

フルモデルチェンジ並みの進化を遂げる新型アテンザの登場によって、マツダの快進撃はまだまだ終わりそうになさそうだ。

この話題に対するVoice

・AWD出したのは素直に評価

・前期乗りとしては良いMCだと思うわ

・MC後のアテンザ、予想通りAWD来たな

・MCアテンザなかなかいいじゃないか!

・後期は国産マツコネ次第だろうな
<Twitter、2ちゃんねるより>

今回のマイナーチェンジの前評判は上々ということがよく分かる。また、AWDモデル追加を評価する声はそれなりに挙がっている。

特にナビのマツダコネクト曰く、マツコネの使い勝手を気にする人が多いようで、新型アテンザの評価は新たに搭載されるマツコネが大きく左右するのは間違いないだろう。

新型アテンザが、今以上の人気車種となれるのかどうかを期待しつつも注目したいところだ。

<関連記事>
デミオのマイナーチェンジ2016 ナチュラルサウンドスムーザーが標準装備へ

CX-9のフルモデルチェンジは2016年春!日本発売は未定

レヴォーグのC型の予想を記載。発売時期は2016年春が有力

おすすめの記事