新型アクア GRスポーツが2017年11月デビュー!マイナーチェンジモデルをベースとしたG's後継モデル

あなたの車、最高いくらで売れるかご存じ?

【無料】あなたの車が今最高いくらで売れるか、45秒でチェックしてみよう

トヨタのコンパクトカーの新型アクアにGRモデルが2017年11月21日に発表される見通しだ。

現行アクアは、2017年6月19日に2度目となるマイナーチェンジを実施しましたが、かつてラインナップされていたスポーツモデルのアクアG'sは廃止されている。

そのアクアG'sの後継モデルとして、アクアGRスポーツが新たにラインナップされることとなる。

アクアGRスポーツの最新情報

新型アクアGRについて最新情報を現在分かる範囲で更新していく。

新型アクアGRスポーツの外観デザイン

新型アクアGRスポーツの外観デザインとして参考になるのが、東京オートサロンで公開された「AQUA TGR Concept」だ。

そのAQUA TGR Conceptの外観画像がこちら。

<AQUA TGR Conceptのスペック>

全長: 4,070mm
全幅:1,695mm
全高:1,440mm
ホイールベース:2,550mm
乗車定員:5人
駆動方式:FF
トランスミッション:電気式無段変速

AQUA TGR Conceptは、「G’s AQUA」の流れを汲む後継的なコンセプトモデルとなっており、ノーマルアクアに比べて、ボディ剛性の向上やサスペンションのチューニングが行われている。

このAQUA TGR Conceptを実質、市販化モデルとしたものが、アクアGR SPORTとなる。

アクアGR SPORTのボディサイズは、

全長4,070mm

全幅1,695mm

全高1,455mm(17インチタイヤ装着車は1,440mm)

となる。

アクアGRスポーツのポイント

アクアGRスポーツには、

  • 四角調のエアインテーク
  • 専用フロント、リアバンパー
  • スモーク基調のリアコンビランプ
  • フロントスポイラー
  • 前後バンパー裏側にアルミテープ
  • 専用サスペンション
  • メッキ加飾
  • サイドマッドガード
  • 専用のプッシュ方式のスタートスイッチ
  • ドアミラー(ブラック塗装)

というGR専用の装備はもちろん、17インチアルミホイールもGR専用のものが採用される見通し。

また、AQUA TGR Conceptではトヨタエンブレムが採用されていましたが、新型アクアGRでも、同様にGR専用エンブレムではなく、トヨタのCIマークが採用される見通しだ。

足回りに関しては、

  • ショックアブソーバー
  • スプリング

が変更される見通し。

また、G'sモデルの時同様、スポット溶接の増し打ちも行われることに。

<17インチパッケージもあり>

新型アクアGRには、17インチパッケージも用意される見通し。

その内容としては、

  • タイヤに17インチ専用アルミホイール採用
  • LEDデイライト
  • 大型のルーフスポイラー
  • ブレーキキャリバー(ホワイト塗装)
  • メーターパネルがタコメーター付
  • 専用の小径ステアリングホイール
  • 床下にボディ補強パーツ

といった内容が見込まれる。

新型アクアGRスポーツの最新情報まとめ

2017年9月から、G's後継となるGRシリーズが、プリウスPHVを皮切りに、プリウスα、86、ヴィッツ、ノア・ヴォクシー等様々な車種に展開されていくこととなる。

その中で2017年11月に発表見込みのアクアGRスポーツ。

アクアGRスポーツは、よりスポーティなコンパクトハイブリッドカーとしてかなり期待できそうだ。

<関連記事>
>>マークX GR-Sの最新情報
>>プリウスα GRスポーツの情報はこちら

あなたの車、最高いくらで売れるかご存じ?

【無料】あなたの車が今最高いくらで売れるか、45秒でチェックしてみよう

おすすめの記事