プレミオ、アリオンのフルモデルチェンジ予想!廃止でカローラに統合の可能性を考察


プレミオ、アリオンのフルモデルチェンジ情報

車を乗り換え予定の方へ

あなたの車が今いくらで売れるか、30秒でチェックしてみよう

トヨタの5ナンバーセダンであるプレミオとアリオンの今後の行方に注目が集まっている。

すでに両モデルとも現行型がデビューをして10年以上が経過していることもあり、いつフルモデルチェンジしてもおかしくない状況だ。

しかしながら、SAIやマークXといった車種がカタログ落ちする現状、プレミオとアリオンも廃止されるのではと予想する声も少なくない。

そこで、今回はプレミオとアリオンのフルモデルチェンジに関して現在の状況を元に考察してみた。


プレミオとアリオンが生産終了で廃止される可能性

まず、次期モデルがあったとしてもプレミオとアリオンの両モデルが発売される可能性は低いだろう。

トヨタは、現行車種の大幅な見直しをして、2020年代半ばをめどに国内販売車種を半減させることが検討されていると日本経済新聞が2017年10月に報じた。

このことから、売れ筋モデル以外は廃止、または、別車種への統合がされていくと見られる。

プレミオとアリオンに関しては、売れ筋のプレミオに統合か両モデルとも廃止の可能性が考えられる。

マークXとSAIが廃止されて事実上カムリに統合されることを考えると、プレミオ・アリオンもカローラに統合されて廃止される可能性は十分あるだろう。

しかしながら、プレミオに関しては2018年4月~2019年3月までの間に10,883台販売しており、ハイエースワゴン(9,364台)、アウトランダー(8,759台)、エスティマ(8,713台)よりも売れている。

2019年3月に限って見ると、プレミオは1,223台販売しており、1,228台のシビックとほぼ同様の台数となっている。

>>参照ソース

これだけの台数を販売できるプレミオを果たして廃止させるだろうか。

エスティマに関しては次期モデルの噂があるだけに、エスティマ以上に販売台数の多いプレミオが販売終了となるのは筆者としては考え難い。

なぜプレミオは未だに売れるのか

なぜ未だにプレミオが支持されているのかを考えると、

  • 5ナンバーサイズで小回りが利く
  • 高級感のあるデザイン

この2つが大きな理由だろう。

大きなセダンに乗るのはしんどいが、質感の低いセダンには乗りたくない。

そう思うユーザーのニーズをまさに満たしているのが、プレミオだ。

クラウンロイヤルを彷彿させるデザインでかつ、コンパクトなサイズ。

どこかミニクラウンと感じさせるそのコンセプトが、年配のユーザー層を中心に人気を集めていると筆者は考える。

このユーザー層が次期モデルを支えてくれるだけの乗り換え需要があるのかどうかを、トヨタとしては見極めている段階と思われる。

カローラと統合する場合に考えられる後継グレード

仮にプレミオがカローラセダンに統合された場合に考えられるのは、高級グレードとしてのラインナップだ。

次期カローラセダンには、海外ではアクティブなデザインの「スポーティモデル」と高品質なデザインの「プレステージモデル」という2パターンのデザインが用意されている。

しかしながら、なぜか日本ではスポーティモデルのみしか発売予定はない。

高齢層のユーザーが多いカローラアクシオからの乗り換えを狙うならば、「プレステージモデル」の方が需要に合うはずなのに、なぜかスポーティモデル限定なのである。

詳しくは【新型カローラセダン プレステージモデルの日本発売を予想!プレミオ後継車種として注目したい存在】の記事を参照いただきたいが、「プレステージモデル」が日本仕様で用意されていないのはプレミオ後継モデルとして導入するからと予想できないだろうか。

問題は、カローラセダン プレステージモデルが日本発売されたとしても、プレミオを求めていたユーザー層が、カローラを購入することに「車格を下げる」と感じないかどうかだ。

さらに新型カローラは3ナンバーになるためサイズでの抵抗を感じるユーザーも出るだろう。

そこで、カローラではなく次期プレミオとしてフルモデルチェンジした場合に予想できる内容が次の通りとなる。


プレミオとアリオンがフルモデルチェンジする場合の予想内容

プレミオとアリオンがフルモデルチェンジする場合は、以下の2つのパターンが想定できる。

GA-Bプラットフォーム採用で5ナンバー継続

新型カローラセダンではTNGAプラットフォームのCセグ用の「GA-Cプラットフォーム」が採用されている。

しかしながら、次期プレミオではGA-Cプラットフォームではなく、次期ヴィッツや次期アクアで活用されるA・Bセグ用の「GA-Bプラットフォーム」を活用して開発されるというパターンだ。

これならば5ナンバーサイズを維持できる。

実現すれば、今後小型セダンを求めるユーザー層を一気に取り込めることになるが、トヨタが本気で売りたいであろう新型カローラセダンの売り上げに影響が出る事を考えると実現のハードルは高い。

可能性があるとすれば、事実上、次期アクアを高級化させたセダンといった内容になりそうだ。

新型カローラプレステージモデルをベースに開発

もう一つは、先程お伝えした新型カローラセダンのプレステージモデルをベースに、次期プレミオが開発されるというパターンだ。

新型カローラセダン プレステージモデルのフロントマスクをクラウン風に仕立て上げ、内装の質感も向上させる。

これならばプレミオのイメージを壊さず、かつ効率的に開発できるため、一番可能性があるパターンではないだろうか。

3ナンバー化してしまうことになるが、プリウスサイズに収まれば問題はないだろう。

実現すれば、現在のアリオン・プレミオユーザーだけでなく、かつてのプレミオからプリウス等の別車種に流れたユーザー層、SAIに乗っているユーザー層からの乗り換え需要が見込めそうだ。

また、デザインのカッコ良さが話題となった新型インサイトに若年層が注目している現状を考えると、デザイン次第では次期プレミオを若年層にもアピールすることが可能だろう。

インサイト 新型の売れ行きは意外と好調!?販売台数をチェック

トヨタは本来それを新型カローラで実現させたいだろうが、果たしてもう一世代プレミオを存続させる決断をできるのか。

プレミオとアリオンに関する最新情報が入り次第、続報をお伝えする。

車を乗り換え予定の方へ

あなたの車が今いくらで売れるか、30秒でチェックしてみよう

コメントは利用できません。

最新記事

  1. レクサスRXのマイナーチェンジに関する情報を本記事ではお伝えする。 [quads id=1] …
  2. フルモデルチェンジした新型シルフィ
    日産のシルフィがいよいよフルモデルチェンジする。 シルフィは、日本市場では海外と異なり、現行モ…
  3. Mazda3最新情報
    マツダのアクセラがフルモデルチェンジをして日本でもMazda3のネームで発売となる。 コンセプ…
  4. 220系クラウンのマイナーチェンジを予想
    トヨタの高級セダンのクラウンが2018年6月にフルモデルチェンジを行いS220系モデルが発売となった…
  5. カローラのフルモデルチェンジ最新情報
    トヨタのカローラフィールダーとカローラアクシオが2019年にフルモデルチェンジを行う。 すでに…
  6. プレミオ、アリオンのフルモデルチェンジ情報
    トヨタの5ナンバーセダンであるプレミオとアリオンの今後の行方に注目が集まっている。 すでに両モ…
  7. WRXのフルモデルチェンジ最新情報
    スバルの次期WRX S4と次期WRX STIのフルモデルチェンジに関する最新情報を今回ピックアップす…
  8. レガシィB4のフルモデルチェンジ最新情報
    スバルのフラグシップセダンのレガシィB4と上級SUVのレガシィアウトバック。 レガシィと言えば…
  9. スカイラインのマイナーチェンジ最新情報
    2019年のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2…
  10. インプレッサのマイナーチェンジ最新情報
    スバルの主力モデルとなっているインプレッサだが、2019年のマイナーチェンジに注目が集まっている。 …

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが現在注目されている。 V37型となる次期スカ…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スカイラインのマイナーチェンジ最新情報
    2019年のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 【最新】次期シルフィの情報を以下の記事にて記載 >>次期シルフィのフルモデルチェンジ最…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る