オーリスハイブリッドが日本発売!4WDとワゴンモデルの投入はなし

トヨタ自動車のオーリスハイブリッドが2016年4月18日に日本発売された。

オーリスと言えば、2015年にマイナーチェンジが実施され、VWのゴルフTSIの対抗となるダウンサイジングターボの1.2L直噴ターボエンジン8NR-FTS型を搭載したグレードの「120T」がラインナップされて話題となった。

そして今回、ついにハイブリッドモデルの追加ということになるが、実は、欧州仕様のオーリスには、すでにハイブリッドとディーゼルモデルが発売されており、日本でもそれらの発売を望むユーザーは少なくなかった。

そこで今回は、オーリスハイブリッドについての最新情報を記載する。

<オーリスハイブリッドが2016年4月18日に日本発売>

すでにお伝えしたように、オーリスハイブリッドが2016年4月18日に日本で発売が開始された

オーリスハイブリッド
 

オーリスハイブリッド
デザインの特徴としては、ガソリンモデルのエンブレムが日本専用のネッツマークになっていたのに対し、ハイブリッドモデルではブルーのトヨタマークになっているということだ。

その他、ハイブリッド車であることを示すハイブリッドエンブレムが、フロントフェンダーとハッチゲートにさな割っている。

オーリスガソリンモデル
 

オーリスのガソリンモデル エンブレムはネッツマークになっている
オーリスハイブリッドのボディカラーに関しては、ガソリン車同様の6色が用意されている。

オーリスハイブリッド
オーリスハイブリッド その3
オーリスハイブリッドのグレードとしては、ベースグレードの「HYBRID」と上級グレードの「HYBRID“G Package”」の2種類が用意された。

内装(インテリア)に関しては、ハイブリッド専用のハイブリッドシステムインジケーター付立体2眼コンビネーションメーターが採用されている。

また「HYBRID“G Package”」のインテリアについては、ブラックとホワイトを基調とし、シート表皮に本革とウルトラスエードが採用されており、上質な雰囲気へと仕上がっている。

オーリスハイブリッド インテリア
オーリスハイブリッド インテリア2
安全の装備となるToyota Safety Sense Cについては、「HYBRID“G Package”」には標準装備されており、ベースグレードに関してはオプションで装備可能となっている。

価格については、ベースグレードが2,620,473円(税込)、Gパッケージが2,832,545円(税込)となっている。

オーリスハイブリッドモデルに関しては、2WDのみとなっており、4WDモデルはない。

<欧州モデルのオーリスハイブリッド>

欧州仕様のオーリスには、2010年にすでに一世代前の初代オーリスの時からハイブリッドモデルが発売されていた。

欧州仕様オーリス
つまり、2016年に日本で発売予定のオーリスハイブリッドは欧州仕様のオーリスハイブリッドの逆輸入という形と言ってもいいだろう。

<欧州仕様オーリスハイブリッドの動画>

現行型の欧州仕様オーリスハイブリッドに関しては、3代目プリウス(現行型プリウスは4代目になる)同様の、THS-Ⅱの2ZR-FXE型1.8ℓ直4DOHCハイブリッドが採用されている。

日本発売のオーリスハイブリッドにもこれと同様のものとなっており、4代目となる新型プリウスの最新のハイブリッドシステムは採用されていない。

フルモデルチェンジされた新型プリウスに関する情報

ちなみに、燃費に関しては、JC08モード燃費が32.6km/ℓの3代目プリウスと同値の、30.4km/ℓを達成している。

<欧州仕様ではオーリスハイブリッドワゴンも存在>

さらに、欧州仕様のオーリスハイブリッドには、「ツーリング・スポーツ」と呼ばれるステーションワゴン仕様のオーリスも販売されているのだ。

ワゴン版となるオーリスツーリングスポーツ
 

<ワゴン版となるオーリスツーリングスポーツ>
オーリスツーリングスポーツのボディサイズに関しては、全長4,560mm×全幅1,760mm×全高1,475mmとなっており、日本の交通事情に合ったピッタリなサイズでもあり、これが発売されれれば、日本でもそれなりの需要があるようにも思える。

<オーリスハイブリッド ツーリングスポーツの動画>

しかしながら、これに関しては日本発売されるという情報は入っていない。

<日本版オーリスハイブリッドの販売チャンネルはネッツ店以外にも拡大へ>

現在、オーリスに関しては、トヨタネッツ店専売となっているが、オーリスハイブリッドに関しては、ネッツ店以外の店でも販売されることとなった。

それは、トヨペット店である。

これによって、オーリスのかつての姉妹車で2012年に生産が終了されたブレイドの後継的存在として実質トヨペットで売り出されるという感じと言えるだろう。

オーリスのハイブリッドモデルのフロントのエンブレムがネッツマークではなく、欧州仕様同様のトヨタマークになっているのは、こういった事情が関係していると思われる。

<オーリスハイブリッドに対するVoice>

・オーリスハイブリッドついに日本でも投入されるのか

・欧州ではオーリスハイブリッドってプリウス以上に人気だった気がする

・オーリスハイブリッドの価格って300万円越えちゃうのかな

・ほんとにHVが追加されるのだろうか?

・オーリスHVツーリングワゴンが出てくれたらほしいのだけれどな
<ネット上より>

マイナーチェンジを実施し、すでにモデル末期に近づいている中、本当にハイブリッドモデルが追加されるのかという声も発売前は挙がっていたが、無事に発売されることとなったオーリスハイブリッド。

新型プリウスの購入に悩んでいたユーザーにとっては、オーリスのハイブリッドモデルの登場によって選択肢が増えたと言えるだろう。

また、オーリスワゴンの日本投入を期待するユーザーも少なくはない。

オーリスワゴンモデルに関しては、次期モデルでの導入に是非、期待したい。

<関連記事>
アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に!

新型プリウスPHVのフルモデルチェンジ最新情報!発売時期は2016年秋。

トヨタ86とBRZのマイナーチェンジが2016年に実施!発売時期は7月の予定

パッソのフルモデルチェンジが2016年に実施へ!新型ブーンも同時に登場

⇒トヨタの最新情報へ戻る

〇トヨタ オーリス公式ページ
http://toyota.jp/auris/

〇ニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11762373/

おすすめの記事