トヨタ 新型オーリスのフルモデルチェンジ最新情報!2018年に実施か

トヨタ自動車のオーリスのフルモデルチェンジの時期がせまっている。

現時点では、新型オーリスの発売時期は2018年が有力だ。

スパイショット画像に関しても海外では撮影され始めている。

特に欧州では人気の高いハッチバックカーとして人気のオーリスだが、今回は、オーリスのフルモデルチェンジに関する最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

トヨタ車の最新情報を更新中!

新型オーリスのエクステリアか?スパイショット画像が流出

フルモデルチェンジする新型オーリスのエクステリアについてだが、まずは、こちらの海外でスクープされたスパイショット画像をご覧いただきたい。

motor.esより

スパイショット画像をさらに表示する

カモフラージュされているものの、フロントデザインに関してはキーンルックが採用されていることが把握できる。

  • グリルとバンパー内のインテークの形状
  • リアドアからリアにかけて流れるキャラクターライン

これらは4代目プリウスと酷似しており、次期オーリスは新型プリウスベースとなっているとも考えられる。

ただ、サイドやリアビューのシルエットを見ても、現行オーリスのキープコンセプトとなる可能性が高い。

現行オーリス

現行オーリス

4代目プリウスをベースとしつつ、現行オーリスのキープコンセプトというのが、スクープ写真から読み取れる印象だ。

新型オーリスのフルモデルチェンジの内容とは?

ここからは、新型オーリスのフルモデルチェンジの内容について現時点での情報を見ていこう。

ボディサイズはやや大型化の見通し

新型オーリスのボディサイズはやや大型化する見通しだが、スタイリッシュな5ドアハッチバックとしての存在感は継続されるのは間違いない。

特にヨーロッパでは、日本で未発売のステーションワゴンモデルとなる「オーリスツーリングスポーツ」も発売されていることから、積載量の向上が期待される。

オーリスツーリングスポーツ

フォルクスワーゲンの「ゴルフ」等、ライバルとなるヨーロッパのCセグ車対抗のためにも、新たなプラットフォームを活かしたボディ拡大が図られる見通しだ。

新世代プラットフォーム「TNGA」を活用

新型オーリスのプラットフォームには、TNGA(Toyota New Global Architecture)の思想を取り入れたトヨタ新世代プラットフォームが活用される。

すでに、4代目プリウスを皮切りに、多くのトヨタの新車で活用されて始めているが、新型オーリスも例外ではない。

多くの車で共用できることで、生産と開発コストが抑えられ、効率よくパフォーマンスに優れた開発に貢献するTNGAの効果は計り知れない。

デザインの柔軟性や、ボディ剛性の強化、低重心化といった恩恵を受けた新型オーリスは、モデルチェンジ前よりも大幅な進化を遂げることが可能になるわけだ。

新型オーリスのパワートレインについて

新型オーリスのパワートレインについてだが、日本仕様ではモデルチェンジ前と同じく

  • 1.2L直列4気筒直噴ターボエンジン
  • 1.8L 直列4気筒エンジン+電動モーターのハイブリッド

の2モデルがラインナップされる可能性が高い。

この1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドという構成は、C-HRでも採用されている。
⇒C-HRの最新情報はこちら

その1.8Lハイブリッドのシステムに関しては、4代目プリウスやC-HRと同様のTHSⅡの最新モデルが採用され、燃費性能は35.0km/L程度まで向上する見通し。

1.2L直4直噴ターボモデルについては、CVTだけでなく、6速マニュアルミッションの追加の可能性も出ている。

<ディーゼルエンジンについて>

ヨーロッパ仕様では、すでにオーリスには、ディーゼルエンジンモデルがラインナップされている。

日本でも近年は、マツダのクリーンディーゼル搭載車の発売によって、ディーゼルエンジンの知名度は向上しつつある。

現時点で不透明なのが、NAの1.8Lガソリンモデルがモデルチェンジ後にどうなるかだ。

この1.8LのNAガソリンモデルが、新型オーリスではディーゼルモデルにとって代わるのではという情報も一部では存在する。

スポンサーリンク

トヨタセーフティセンスについて

現在オーリスには、安全装備としてトヨタセーフティセンスCが搭載されている。

本来、プリウスと同車格であることを踏まえると、トヨタセーフティセンスCではなくトヨタセーフティセンスPが適切な所だが、モデルチェンジを機に新型オーリスには、トヨタセーフティセンスPが搭載されると予想する。

C-HRに関しても、トヨタセーフティセンスPが採用されており、オーリスのライバルとなるインプレッサやアクセラには、トヨタセーフティセンスP同等以上の装備が搭載されている。

これを踏まえても、新型オーリスには、トヨタセーフティセンスPが搭載されない理由はないだろう。

新型オーリス フルモデルチェンジの時期はいつなのか

新型オーリスへとフルモデルチェンジする時期としては、現時点では2018年春~夏ごろが有力。

2017年は、生産準備から試作評価、品質確認等が行われると見られている。

オーリスのライバルの状況

オーリスは、欧州市場が主なターゲットとなっており、次期モデルでもそれは大きく変わることはなさそうだ。

大きなライバルとしては、同じCセグカーのフォルクスワーゲンのゴルフが上げられる。

ただ、日本市場でのライバル車を考えると以下の車種が当てはまる。

トヨタ プリウス

同じトヨタ内でのライバルとなるのプリウス。

日本では圧倒的にプリウス優位な状況だが、実は、欧州ではオーリスの方が人気が高い。

それゆえ、本記事前半でも少し紹介したが、オーリスのステーションワゴンモデルも販売されている程だ。

しかしながら、日本でも2016年4月にハイブリッドモデルを追加するなど、日本市場でオーリスへのテコ入れがされつつある。

4代目プリウスよりも余程劣る部分がなく、デザインの差別化が上手くできれば、新型オーリスは、アンチプリウス層の受け皿として十分に働くことができるだろう。

⇒4代目プリウスの情報はこちら

スバル インプレッサ

今まさにノリに乗っているのが新型インプレッサ。

オーリスにとって、日本では強力なライバルとなるのが、インプレッサスポーツだ。

インプレッサは、2016年10月にフルモデルチェンジを行い、新プラットフォームSGPを活用するなど、飛躍的な進化と遂げた。

トヨタとしては、インプレッサのユーザー層を、何とか新型オーリスへ呼び寄せたい所だろう。

⇒新型インプレッサの情報はこちら

マツダ アクセラ

クリーンディーゼルエンジンを搭載し、欧州市場でもオーリスのライバル関係となるマツダのアクセラ。

このアクセラに関しては、2016年に大きな改良が加えられたばかりだ。

⇒アクセラのビッグマイナーチェンジの詳細はこちら

第2世代のスカイアクティブを採用したモデルチェンジが新型オーリスと同時期に行われる見通しであり、今後、より強力なライバルとなるのは間違いない。

新型オーリスは、日本での存在感をどこまで向上できるのか

トヨタ最先端の技術が搭載される新型オーリスが、日本市場にてどこまでシャアを伸ばすことができるのかどうか。

それは、デザインはもちろん、「プリウスやインプレッサよりもオーリスが欲しい」と思える訴求をいかに演出できるのかどうかがキーとなるだろう。

プリウスとは一味違うTNGA世代の新型オーリスには、大いに期待したい。

今後、オーリスのフルモデルチェンジ最新情報が入り次第、またお伝えする。

トヨタ車の最新情報を更新中!

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  2. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  3. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  4. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  5. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  6. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  7. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…
  10. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

新車購入カタログ


<楽天>

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る