BMW 7シリーズが新型へフルモデルチェンジ!自動駐車がついに実現へ

BMWのフラグシップである7シリーズがフルモデルチェンジをして新型になることが2015年6月10日正式に発表された。

今年の4月にティザー映像が公開され、かなりの注目を浴びたことは記憶に新しい。

2016年度までに発売される見込みであり、日本でも欧州に少し遅れて発売されると見られている。

量産車で世界初、自動で駐車するシステムなど革新的機能を搭載して満を持しての発表となったわけだが、今回は、6年ぶりにモデルチェンジを果たした新型BMW7シリーズについてピックアップする。

BMW7シリーズが新型に!モデルチェンジの内容にピックアップ

まずは、BMW公式の新型7シリーズの動画を紹介させていただく。

フラグシップサルーンにふさわしく貫禄ある堂々としたエクステリアに、息を飲むように美しいインテリアはさすがの一言であるが、何よりも、今回のモデルチェンジでの目玉機能とも言えるオプションに設定される「リモートコントロール・パーキング」に注目せずにはいられない。

これは、ドライバーが乗車していなくても、手元のリモコンを操作するだけで、自動的に駐車してくれるという夢のような機能である。

bmw7
 

まさに映画007のボンドカーを彷彿させる機能であるが、もちろん指定位置に駐車させるだけではなく、ガレージから車を引き出すということも可能である。

まさに自動運転ができる車の市販化が間近にせまっていることを感じさせてくれる機能と言えるだろう。

そしてもう一つ、ナビ等を操作するシステムのiDriveがさらに進化し、今度は、タッチパネル操作だけではなく、ジェスチャーでも操作をすることが可能となった。

bmw7-2
エンジンについては、

・4.4ℓのV8ツインターボ(450HP/650Nm)(50i xDrive/750Li xDrive)

・3.0ℓの直6ターボ((326HP/450Nm)(740i/740Li)

・3.0ℓ直6ターボディーゼル(265HP/620Nm)(730d/730Ld/730d xDrive/730Ld xDrive)

が用意され、どれも8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせたものになる。

また、直4ターボ(258HP/400Nm)+モーター(95HP/250Nm)のPHVモデル(740Le/740Le xDrive)も用意されることが発表されている。

駆動方式に関しては、FRとxDeiveと呼ばれる4WDの2つが採用となる。

デザインについて

デザインについては、新型と旧型の7シリーズを比較してみた。

bmw7-4
 

<新型のフロント>
bmw7-5
 

<旧型のフロント>
bmw7-3
 

<新型リア>
bmw7-6
 

<旧型のリア>
フロントのデザインに関しては、大きく変わったと印象は少ないものの、ヘッドライトがグリルと繋がっている所が、凛々しさを感じさせられる。

そしてリアに関しては、メッキバーがコンビランプの真ん中を突き抜けるデザインとなっており、かっこよさと目新しさを同時に感じさせられ、旧型のデザインがより古めかしく思わせられる。

そういえば、以前同じようなリアのデザインを取り入れている車があったと思い、考えた所、その車は昨年マイナーチェンジしたトヨタのカムリハイブリッドであった。

camry
 

<カムリハイブリッド>
さすがに車格が大きく異なることから、両者を比較することはタブーかもしれないが、メッキバーがリアコンビランプの中心を突き抜けているというデザインでは共通であり、どちらも美しいデザインだ。

もしかすると今後、このようなリアのデザインの車が増えてくるかもしれないとひそかに思ったのはここだけの話である。

次にインテリアについて。

bmw7-7
bmw7-8
さすがは、BMWのフラグシップサルーンのインテリアと思わせられる、息を飲むような美しくも優雅な空間である。

旧型のデザインも高級感あふれるものであったが、それをより今風に進化させ、どちらかというとこってり風だったものをあっさり風にしたという印象を受ける。

bmw7-9
 

旧型のインテリア
また、電動シートにマッサージの機能を付けたりパノラマルールを搭載させた豪華モデルも用意されるようだ。

日本を含めた発売日と価格に関しては、まだ発表されていない。

欧州に関しては2015年内、日本に関しては遅くても2016年度中には発売されることは間違いない。

価格に関しては、旧型のエントリーグレードの740iの10,580,000円を下回る可能性は低いと見ていいだろう。

新型BWM 7serieseに対するVoice

・足元の広さがよさそう。これなら、ゆっくりとすごせそう。

・自動運転はもうすぐだなって思わされるね

・リモートコントロールパーキング凄すぎ

・新型7シリーズかっこいいじゃないか。

・ベンツのSクラスとどっちがいいのか迷うわ

・やっぱり日本ではサイズ大きく感じるのかな
<ネット上より>

自動駐車機能に注目が集まっているが、一度実際に試乗してその機能を試してみたいものだ。

日本のメーカーにもこの新型7シリーズに負けない機能を搭載させた新車の発売を期待したいが、最も期待できそうなのは、2017年にフルモデルチェンジするレクサスLSだと筆者は思っている。

レクサスLSのフルモデルチェンジは2017年!最先端機能搭載へ

ただ、日産自動車も2016年末までに、高速道路の同一車線内での自動運転化や自動駐車できる車を一般向けに販売すると発表しているため、2016年~2017年は日本メーカーの最先端機能を搭載した新車の登場にかなり期待できそうだ。

<他の自動車記事>
レクサスLC500hが2016年11月にも発表へ!次期レクサスSCとして期待が高まる

エスティマのフルモデルチェンジ情報

新型セレナのモデルチェンジは2015年ではなく2016年!

新型パジェロスポーツが2016年春にフルモデルチェンジにて登場!

おすすめの記事