2017年 カローラフィールダー、アクシオのマイナーチェンジを実施か!?現行最後の変更点とは

トヨタ自動車のカローラフィールダーとカローラアクシオのマイナーチェンジが2017年10月頃に行われる可能性が浮上。

カローラと言えば、次期モデルの投入が2018年になる見通しであり、今回の改良が現行モデル最後のリニューアルとなるだろう。

そんなカローラのマイナーチェンジの変更点に関する注目ポイントを紹介する。

スポンサーリンク

カローラ フィールダー&アクシオのマイナーチェンジ最新情報

カローラーのマイナーチェンジの注目内容は、

  • 外観、内装のデザイン変更
  • 燃費性能

この2つとなる。

外観と内装の内容を一部変更か

今回のマイナーチェンジで外観内容に関して、一部変更が行われる可能性が有力となっている。

その内容でキーとなるのがLEDヘッドランプ

オートレベリング機能付のBi-Beam LEDヘッドランプ※が現行モデルには、

  • HYBRID G“W×B
  • 1.8S“W×B”
  • 1.8S
  • 1.5G“W×Bグレード

に標準装備という形が取られている。

※ロービームとハイビームの切り替えが1灯の光源で行うことができる。
省電力にも貢献。

このBi-Beam LEDヘッドランプ標準搭載グレードがさらに拡充する見通しなのだ。

つまり現在、Bi-Beam LEDヘッドランプのオプション設定という形をとっている

  • HYBRID G“AEROTOURER”
  • HYBRID G
  • HYBRID
  • 1.5G“AEROTOURER”
  • 1.5G
  • 1.5X

のいずれかのグレードにBi-Beam LEDヘッドランプ標準搭載の可能性があるということになる。

同時にハリアー等、最近の新型モデルで搭載されているシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)搭載も期待したい所だが、その情報は出ておらず、採用される可能性は低い。

さらに、外観だけでなく、内装(インテリア)も、

  • メッキパーツ
  • パネルの素材変更

といった一部改良の可能性が取りざたされている。

スポンサーリンク

マイチェンで燃費性能向上の可能性

カローラのハイブリッドモデルについては、マイナーチェンジで若干の燃費性能向上する可能性がある。

現行カローラハイブリッドのスペックは、

<エンジン>

最高出力:54kW[74PS]/4,800rpm
最大トルク:111Nm[11.3kgm]/3,600~4,400rpm

<モーター>

最高出力:45kW[61PS]
最大トルク: 169Nm[17.2kgm]
システム最高出力 :73kW[100PS]

<燃費性能>

JC08モード:33.8km/L

となっているが、システムについては変更はなく、予想される内容としては、燃費性能がわずかに向上して34.0km/L程度に向上か。

現行型最後のモデルに!2018年に世代交代の見通し

今回の改良が現行型モデル最後の商品力向上の改良となりそうである。

そして2018年頃には、次期カローラへとフルモデルチェンジする見通しであり、今度のカローラは、グローバルモデルとして3ナンバーモデルへと進化すると見られている。

次期カローラに関しては【カローラのフルモデルチェンジ情報】の記事にて詳しく解説しているので合わせてお読みいただきたい。

つまり、現行カローラが5ナンバーサイズとしては最後のシリーズになる可能性があるため、5ナンバーカローラを求める方は、今回が最後の買い時になる可能性が高い。

 カローラフィールダー アクシオのマイナーチェンジに関するまとめ

かつての大衆車としての役割はプリウスとアクアに奪われていると言っても過言ではない状況だが、まだまだ需要とブランド力は衰えていない。

クラウンのフルモデルチェンジ情報】の記事にあるように、トヨタは、2018年に次期クラウンをデビューさせる見通しであり、次期カローラは新世代クラウンに続いてのデビューとなるか注目である。

また、廃止も噂される【次期マークXのモデルチェンジの動向】も気になる所。

ひとまず、カローラは、次期モデル登場間近と見られるため、今回の改良でどこまでお買い得な仕様をラインナップさせて売り切ることができるのか注目だ。

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダのアテンザセダン、アテンザワゴンがフルモデルチェンジに関する最新情報を今回お伝えする。 …
  2. 日産のミニバンの新型セレナにフルハイブリッドシステムとなるe-POWERが搭載される見通しだ。 …
  3. ホンダのインサイトが2018年に復活する、そんな可能性が浮上している。 2014年に販売終了を…
  4. トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされて…
  5. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  6. ホンダの次期ヴェゼルがフルモデルチェンジによってどのように進化するのか。 本記事では、次期ヴェ…
  7. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  8. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2018年内に行われると見られている。…
  10. スバルのレヴォーグが2017年7月にビッグマイナーチェンジを行いD型モデルが発売される。最新バージョ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る