新型フィットシャトル 2015年にフルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載の有無を考察

ホンダの新型フィットシャトルが2015年の8月(5月15日と決定。詳しくは追記にて)にもフルモデルチェンジが行われる。
2013年に新型フィットがフルモデルチェンジされ、フィットシャトルもそれに続くことを期待されていたが、新型フィットから約2年遅れでの登場となる。新型フィットシャトルにはターボモデルが追加されるという情報出てきている。
ホンダセンシングの搭載の有無も今回大きな焦点となる。
テスト車をスクープされた情報もあり、今回は、現段階で把握できている最新情報を記載する。
元々、2014年度には発売されると見られていただけに正式発表を首を長くして待っているユーザーは多いはずだ。

<追記>
新型フィットシャトルの発売日が2015年5月15日だと決定した。
しかも、フルモデルチェンジという形ではなく、「SHUTTLE」というブランドで発売されることになる。

詳しくはコチラの記事にて参考にしてほしい。
ホンダ シャトルが新型ブランドに!ホンダセンシングの有無は?



<新型フィットシャトル 2015年にフルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載なら大ヒット確実か>

fitshuttle

2013年にフルモデルチェンジされた新型フィットの誕生以来、その派生車が次々と登場している。
まずは、SUVのヴェゼル、そしてハイブリッドコンパクトセダンのグレイスだ。
いずれの車種も好調であり、それ以前からフィットをベースにした車として登場していたフィットシャトルについても、それに続くのは必然と見られていた。

しかし、新型フィットのリコール問題によって、ホンダの新車販売計画は大幅に見直しがせまられ、フィットシャトルのフルモデルチェンジの時期も大幅にずれている。

現段階では2015年の夏には行われる見込みで、その時期は8月の可能性が高い。

最近話題のホンダセンシングについてだが、搭載される可能性について考察してみた。

現段階でホンダセンシングは、新型レジェンド、オデッセイ、ジェイドに搭載済みだ。
ヴェゼルについても2015年中にマイナーチェンジが行われホンダセンシング搭載となると見られている。

ホンダは、随時ホンダセンシング搭載車を増やしていくことを発表しており、2017年までに全車にトヨタセーフティセンスの搭載をかかげるトヨタに対抗してくるのは明確であり、今年発売される新車については出来る限り搭載を目指してくるだろう。

その点から考えると新型フィットシャトルにホンダセンシングが搭載される可能性が高い。
ただ、一つ心配なのは、果たしてオデッセイやジェイドと同性能のものが搭載されるのかどうかだ。
まずは下記の表を見てほしい。

honda-sensing

引用元 http://www.honda.co.jp/hondasensing/

ご覧のとおりレジェンドのホンダセンシングのみアダプティブクルーズコントロールが全車速対応だったり、歩行者事故低減ステアリング搭載といった差別化がなされている。
また、この表をみて初めて知ったのだが、オデッセイだけ、標識認識機能がカラー表示できていないのには驚いた。
オデッセイは、ジェイドより上級車にもかかわらず、ジェイドのセンシングの方が性能が高いとは、ジェイドに対するホンダの力の入れ具合がよく分かる。

また、これらの車に比べて価格が低いフィットシャトルともなれば、さらにいくつかの項目を省いての搭載になると予想したい。
トヨタセーフティセンスのPとCの差別化具合から参考にすると、ACCや路外逸脱抑制機能あたりが省かれるのではないだろうか。

筆者としては、ホンダの良心をみせて是非、オデッセイレベルのセンシングを搭載してほしいところだが。
そうすれば、トヨタセーフティセンスに差をつけて有利にもなると思うのは私だけではないはずだ。

<最新情報によるとターボエンジン搭載の見込み>

最新情報によると、新型フィットシャトルには、1ℓの直3VTECターボエンジンが搭載されることになっている。

VTECターボエンジンについては下記の記事にて紹介しているのでよければ参考に。
新型フリード モデルチェンジは2015年の見込み。最新情報について!

4月下旬にフルモデルチェンジされる新型ステップワゴンに1.5ℓの直噴ターボエンジンが搭載されることが正式発表されたように、実は2015年からホンダはハイブリッドに加えて、ダウンサイジングターボエンジン搭載に関して力を入れ始めている。

そもそも新型フィットのマイナーチェンジも2015年予定されており、フィットにも1ℓの直3VTECターボエンジンが搭載されると見られている。
新型フィット マイナーチェンジ2015

フィットに搭載されて上級モデルともいえるフィットシャトルにターボが搭載されないというのは、まず考えにくいだろう。
ただ、可能性としては、新型フィットシャトルのハイブリッドモデルが先行発売という形になり、少し遅れてターボエンジンモデルが発売という可能性がある。

次に、新型フィットシャトルのデザインについては、テスト車がスクープされた情報によると、ボディの側面がフィットと同様の後ろに上がったキャラクターラインが入り、リアのコンビランプについては、横長のデザインとなる。ソリッドウイングフェイスも確認されている。
ホイールについてはフィン状にデザインされる模様。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサイトがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

コメントは利用できません。

最新記事

  1. スバルのレヴォーグが2019年にフルモデルチェンジする可能性が高い根拠を解説する。その他、SGPや次…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る