ホンダの新型ジェイドはストリームを超えられるのか。2015年2月13日発売!

ホンダが新型ジェイドの発売日を2015年の2月13日と発表した。実はジェイドは、あのストリームの後継車ということもあり大きな注目を集めている。
事前に予測されていた通りハイブリッドを採用し、さらに新型レジェンドに搭載されると話題になったHonda SENSINGの搭載も明らかになり、かなりの力の入れようである。
今回はその新型ジェイドの魅力を紹介する。


ホンダ新型ジェイドはストリームを超えるミニバンになるかも

jade3

まずはエクステリアについてだが、シャープなデザインであり、ヴェゼルやインサイトの流れを汲んだものとなっている。フロントグリルはフィットやヴェゼルのEXCITING H DESIGNとは異なり、独特のものとなっている。かすかに入っている水色のラインがアコードハイブリッドのフロントグリルを髣髴させられるのは筆者だけだろうか。

リアについては、フィット3のリアのデザインの流れを汲んだものとなっており、なかなかカッコいいものとなっている。

jade4

ストリームと見比べてみるとやはり最新のホンダのデザインが投入されているということもあって時代を感じさせられる。

ストリーム

stream

大きさについては、昨年まで発売されていたストリームが全長4,570mm全幅1,695mm全高1,545-1,570mmであり、
ジェイドが全長1,660mm全幅1,775mm全高1,500mmという所から見ると全高以外は大型化したということになる。

余談をはさむが、ストリームが廃盤になった理由は、ホンダの中でも、オデッセイ、ステップワゴン、フリード、フィットシャトルとの間で差別化があまり明確にできなかったからだと筆者は思っており、ライバルであるトヨタのWISHなどに対抗するために、ブランド名をストリームからジェイドに一新し、ハイブリッド専用という付加価値を持たせて今回発売に至ったのではないかと思う。そう考えてみると何が何でもジェイドがストリームを超える存在にならなければならないだろう。

そしてインテリアについてだが、一見ヴェゼルやグレイスと同等の傾向のデザインに見えるものの、よく見てみると
質感が高く、次世代感のあるものとなっている。
特にアイボリーの内装は目を惹くものとなっている。

jade2

jade

参考にストリームの内装も挙げておく

stream2

これを見るとストリームからは、大幅に進化している事がよく分かる。

Honda SENSINGの搭載

jade5

ホンダのハイブリッド専用ミニバンという所も魅力ではあるものの、やはりHonda SENSING(ホンダセンシング)の搭載は大きな目玉と言っていいのではないだろうか。

昨年ホンダはHonda SENSINGを発表し、今後、新型レジェンドを始めにHonda SENSING搭載車両を拡大していくと言っていたが、正直、高価な車から順次搭載していき、ストリーム(ジェイド)クラスの車はもう少し後になると思っていたので驚きである。

しかも新型レジェンドは発売日が2月20日に延期されたため、なんとジェイドがHonda SENSINGを搭載した初めの車になる可能性が高まっているのである。

ちなみにHonda SENSINGの魅力は歩行者対応の自動ブレーキに、高速道路では設定した速度で自動で走る上に前走者の速度と調整をしてくれるACC(アダプティブ・クルーズコントロール)や車線の真ん中を走るように自動でハンドル操作をしてくれるLKAS等搭載といったまさに最先端の技術がフルセットで装備されていることである。

ストリームの後継車ということを考えると価格は200~300万程度になると予想され、その価格でこれだけの最先端の技術を搭載している車と言えば、スバルのインプレッサやレヴォーグぐらいだろう。

もちろん今年はトヨタも同様の装備である「Toyota Safety Sense P」を普及価格で多くの車に搭載させていくことを発表しているため、年末には状況が大きく変わっているかもしれないが・・・

最後にジェイドのハイブリッドシステムについては、フィット3ハイブリッドと同様のi-DCDが採用され、燃費については30km/ℓにせまる28.0km/ℓあたりになると予測されている。

ハイブリッドに加え最先端装備搭載というまさにストリームのフルモデルチェンジという枠におさまらないことから、ジェイドという新たなブランドになったのではないかと思わせられる程である。大いに期待のできる車ではないだろうか。

ホンダの新型ジェイドに関するVoice

・ 写真見たけどカッコいいなぁ・・・

・待望のストリーム後継か。リアの感じは好み

・元ストリーム乗りとしては名前そのままにしてほしかなったなぁ

・ 7人乗りってのはいいな

・安全装備充実してるし何よりACCついてるからかなり気になる
<Twitterより>

デザインについては評価が高くなりそうだ。
Honda SENSING搭載にも注目が集まっている。
しかしながら、ストリームユーザーにとっては、名前が変わることに寂しさを感じられ瑠という面もあるようだ。

この2年間でホンダはジェイド、ヴェゼル、グレイスといった新たなブランド名の車を出しており、ホンダ新時代の幕開けを感じさせられる。
さらに2015年は、ステップワゴンのフルモデルチェンジやオデッセイのハイブリッド化などが期待されており、ホンダにとっては熱い年になりそうだ。

おすすめの記事