インサイト 新型の売れ行きは意外と好調!?販売台数をチェック


新型インサイトの売れ行きについて

車を乗り換え予定の方へ

あなたの車が今いくらで売れるか、30秒でチェックしてみよう

ホンダのハイブリッド専用セダンの新型インサイトの売れ行きについて今回チェックしてみた。

高級感のあるクーペスタイルのセダンとしてデビューした3代目インサイトだが、出だしは好調と言えそうだ。

現在の販売台数を元に新型インサイトの売れ行きを見てみよう。


インサイト 新型の売れ行きは上々!販売台数がこちら

自動車の販売台数に関しては、「一般社団法人 日本自動車販売協会連合会」のホームページの乗用車ブランド通称名別順位にて調べることができる。

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp

ここでインサイトの販売台数を調べてみると、

2019年1月:1,382台

2019年2月:1,289台

2019年3月:1,535台

2019年4月:802台

となっている。

新型インサイトの売れ行きをカムリとシビックの販売台数と比較

ここで新型インサイトとカムリ、シビックの販売台数と比較してみよう。

インサイト カムリ シビック
2019年1月 1,382台 1,593台 1,189台
2019年2月 1,289台 1,744台 1,257台
2019年3月 1,535台 2,586台 1,228台
2019年4月 802台 1,868台 652台

新型インサイトの発売直後となる2019年1月はカムリに迫る売れ行きとなっていることが伺える。

しかしながら、2月以降はカムリと差が開いてしまっている状況だ。

だが、全ての月でインサイトがシビックの販売台数を上回っている点に注目したい。

市場として低迷しているセダン市場で、ましてや販売価格が300万円を越えるインサイトが単一で、シビックハッチバック,シビックセダン,シビックタイプRの合計販売台数を上回っている所は評価されるべき所ではないだろうか。

車市場全体として見るとインサイトの販売台数は、大したことはないかもしれないが、セダン市場で見ると出だしの売れ行きは上々と言えるだろう。

新型インサイトが売れている理由

新型インサイトが売れている理由として考えられるのは、やはり外観デザインだと筆者は思う。

新型インサイトの見た目は、クーペスタイルで、欧州車にも負けないカッコいいスタイルとなっており高級感を感じさせるものとなっている。

日本独自仕様としてフロントグリルにメッキバーを装着して高級感を増すといった手の込んだ工夫もされており、このクラスのセダンを求める日本ユーザーのニーズにも答えた所が支持されている理由ではないだろうか。

また、ライバルとなる同クラスのセダンに比べてインサイトはボディサイズも一番抑えられている。

インサイト カムリ アテンザ レガシィB4 ティアナ
全長 4,675mm 4,885~4,910mm 4,865mm 4,800mm 4,880mm
全幅 1,820mm 1,840mm 1,840mm 1,840mm 1,830mm
全高 1,410mm 1,445mm 1,450mm 1,500mm 1,470mm

細い道路の多い日本市場では、サイズの大きさは重要視されるだけに、この点インサイトが一番コンパクトという所はライバル車種よりも有利と言えるだろう。

そこそこ質感が高いが、ボディサイズは大きすぎないセダンが欲しいといった層には新型インサイトはまさにピッタリの存在だ。

新型インサイトは、以前販売されていたコンパクトな高級セダン「トヨタSAI」のポジションの穴を埋める車となっているのではないだろうか。


新型インサイト マイナーチェンジで課題をいかに克服できるか

豪華な外観とは異なり、どうしても新型インサイトの内装はシンプルに見えてしまう。

シンプルな内装と高級感のある外観とのギャップ克服が今後の課題となるだろう。

新型インサイトは、400万円近い価格の車なので内装デザインをもっと豪華にしてほしいという声は、少なからず聞く。

もちろん、ソフトパッドを作り込んでいたり、最上級グレードにウルトラスエード採用、レバーではなくボタン式のシフト操作を採用等々、質感向上へ努力している点は多々あるのだが、シビックベースで質感を上げるのはコストの面を考えると現在のデザインが限界と思われる。

この点は、今後のマイナーチェンジでさらなる質感向上がされることを期待したい。

2019年には日本でも次期アコードデビューが注目されるが、新型インサイトとの差別化がどこまで図られるのかに注目したい。

>>アコードのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

車を乗り換え予定の方へ

あなたの車が今いくらで売れるか、30秒でチェックしてみよう

コメントは利用できません。

最新記事

  1. レクサスRXのマイナーチェンジに関する情報を本記事ではお伝えする。 [quads id=1] …
  2. フルモデルチェンジした新型シルフィ
    日産のシルフィがいよいよフルモデルチェンジする。 シルフィは、日本市場では海外と異なり、現行モ…
  3. Mazda3最新情報
    マツダのアクセラがフルモデルチェンジをして日本でもMazda3のネームで発売となる。 コンセプ…
  4. 220系クラウンのマイナーチェンジを予想
    トヨタの高級セダンのクラウンが2018年6月にフルモデルチェンジを行いS220系モデルが発売となった…
  5. カローラのフルモデルチェンジ最新情報
    トヨタのカローラフィールダーとカローラアクシオが2019年にフルモデルチェンジを行う。 すでに…
  6. プレミオ、アリオンのフルモデルチェンジ情報
    トヨタの5ナンバーセダンであるプレミオとアリオンの今後の行方に注目が集まっている。 すでに両モ…
  7. WRXのフルモデルチェンジ最新情報
    スバルの次期WRX S4と次期WRX STIのフルモデルチェンジに関する最新情報を今回ピックアップす…
  8. レガシィB4のフルモデルチェンジ最新情報
    スバルのフラグシップセダンのレガシィB4と上級SUVのレガシィアウトバック。 レガシィと言えば…
  9. スカイラインのマイナーチェンジ最新情報
    2019年のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2…
  10. インプレッサのマイナーチェンジ最新情報
    スバルの主力モデルとなっているインプレッサだが、2019年のマイナーチェンジに注目が集まっている。 …

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが現在注目されている。 V37型となる次期スカ…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スカイラインのマイナーチェンジ最新情報
    2019年のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 【最新】次期シルフィの情報を以下の記事にて記載 >>次期シルフィのフルモデルチェンジ最…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る