ランドクルーザープラド150にディーゼル 追加!最新情報掲載!

トヨタのランドクルーザープラド150系にクリーンディーゼルモデルが2015年6月に追加されることとなった。
ハイブリッドに加え、今年に入ってからダウンサイジングターボに力を入れ始めているトヨタだが、120系での搭載を終了してから、8年ぶりに国内でクリーンディーゼル車の投入することになる。

今回は、ランドクルーザープラド150後期に追加されるディーゼルモデルの最新情報をお届けする。

<関連記事>
ランドクルーザー200のマイナーチェンジが2015年8月に!トヨタセーフティセンスP初搭載へ

レクサスLX570の日本発売最新情報!2015年待望の発売へ


ランドクルーザープラド150にディーゼル 追加!最新情報掲載

land
待望のクリーンディーゼルモデルの追加は2015年6月17日に発表される。

今回のディーゼルエンジンは、120系で採用されていたKD型(1KD-FTV型)の後継となるGD型(1GD-FTV)のエンジンが採用されることになる。

6速ATの直42.8ℓ(正式には2,755CC)で、スペックは以下の通りである。

・最高出力 177ps/3400rpm

・最大トルク 45.9kg-m/1600-2400rpm

燃費に関しては、JC08モードで、11.2㎞/ℓとなる。

ディーゼルモデルは「TZ-G」「TXLパッケージ」「TX」の3グレードが用意されることになり、車両本体価格については以下の通りだ。

・TZ-Gモデル 513万3,927円(税込)

・TX Lパッケージモデル 469万6,037円(税込)

・TXモデル 396万4,582円(税込)

「TZ-G」「TXLパッケージ」モデルに関しては7人乗り、「TX」は5人乗りとなっている。

ちなみに「TZ-G」「TXLパッケージ」モデルは、LEDヘッドランプが標準装備されている。

エクステリア等のデザインは、ほぼ現行型を維持する形となるが、ボディカラーについては、レッドマイカMの追加とダークブルーマイカの廃止という変更がされる。

V6モデルは廃版

land2
ディーゼルモデル追加によって、現行のV6、4.0ℓガソリンエンジンモデルが廃止となる。

ただし、直4の2.7ℓモデルに関しては継続して販売される。

さらに6速AT化+DUALVVT化という改善が行われている。

燃費については、現行型より0.5㎞/ℓアップの9.0㎞/ℓに改善されている。

トヨタセーフティセンスに関しては、ランドクルーザー200への搭載は確定しているものの、プラドに関しては、今回搭載はない。

安全装備については、オプションで、レーダークルーズコントロールとプリクラッシュセーフティシステムが追加できる(TZ-Gモデルのみ)ので、必要なユーザーはそちらを選ぶことになる。

近年、日本ではクリーンディーゼル車というとマツダが一歩進んでいる感じがあるが、ここでトヨタが巻き返しを図ることができるかに注目だ。

ランドクルーザープラドに対するVoice

・プラドはやっぱ雪道で一番活かせるよな

・ディーゼルになることで静粛性はどうなるのかな

・プラドだけじゃなく200にもディーゼルがほしい

・フルモデルチェンジはいつになるんだろうね

・プラドには、トヨタセーフティセンスなしか・・・
<ネット上より>

ディーゼル車と言えば、カラカラ音が気になるところだが、プラドでは、どの程度静粛性が実現されているのか興味深い。
セーフティセンスの搭載に関しては、次回のマイナーもしくはフルモデルチェンジまでお預けになりそうだ。

<関連記事>
パッソのフルモデルチェンジが2016年に実施へ!新型ブーンも同時に登場

アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に!

ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジが2016年1月6日に!セーフティセンスC搭載へ

おすすめの記事