新型リーフが2015年11月10日にマイナーチェンジに実施!発売は12月へ

日産のリーフが2015年11月10日にマイナーチェンジを実施した。

最近は、リーフに乗車したロックミュージシャンの矢沢永吉が出演するCMや、180SXとリーフが加速対決するCMが放映されており、何かと露出が高いリーフ。

今回のマイナーチェンジの目玉は、新開発バッテリーの採用と自動ブレーキの装備となる。

新型リーフについて東京モーターショー2015にてマイナーチェンジ後の発表された

また、カルロス・ゴーンCEOより11月から受注を開始し、発売日に関しては12月になるということが発表された。

<新型リーフが2015年11月10日にマイナーチェンジ>

日産リーフ
 

<画像は現行型リーフ>
マイナーチェンジした新型リーフは、今回、30kWhとなる新開発されたバッテリーを搭載することによって、航続距離が現行モデルの228kmから280kmになった。

この30kWhのバッテリー搭載グレードについては、S、X、Gの全てに用意される。

つまりどのグレードも30kWhのバッテリータイプと現状の24kWhのバッテリータイプのいずれかを選択できるようになっている。

価格については、24kWhのバッテリータイプで

・Gグレード 3,624,480円(税込)

・Xグレード 3,254,040円(税込)

・Sグレード 2,803,680円(税込)

となっており、30kWhのバッテリータイプを選択した場合は、各グレードそれぞれ394,200円引き上げられる。

<自動ブレーキ搭載へ>

日産は今年4月に今年の秋までに主力車の全車に自動ブレーキを標準搭載すると発表しており、それに合わせてリーフも自動ブレーキが全グレードに標準搭載されることになった。

マイナーチェンジ後の新型リーフの全体的な安全機能としては、歩行者検知機能付き衝突被害軽減ブレーキの「エマージェンシーブレーキ」、「LDW(車線逸脱警報)」、「エアバッグ展開連動ハザードランプ」が採用されることとなった。

<新型リーフのボディカラーに新色追加>

新型リーフのボディカラーには、タンジェリンオレンジとソニックブルーの2色が新たに加わることとなった。

それらの新色にはブラックの2トーンカラーも設定される。

新型リーフは、全色で9色となる。

ソニックブルーと入れ替わりで、現行モデルに設定されているアクアブルーは姿を消すこととなった。

アクアブルー
 

<現行モデルのアクアブルー>

<カタログについて>

新型リーフのカタログについてもすでに発覚している。

新型リーフ2015カタログ
新型リーフ2015カタログ2
新型リーフ2015カタログ3
3枚目のカタログ画像からオーテックのエアロスタイルも設定されることが分かる。

マイナーチェンジされた新型リーフは、発売日よりも一足早く東京モーターショー2015で出品される。

<次期リーフが東京モーターショー2015で登場か>

また、2017年にフルモデルチェンジが噂される2代目となる次期リーフのコンセプトカーも東京モーターショー2015でお披露目されるのではという話も出ており、その画像がこれだ。

次期リーフ
 

<次期リーフのコンセプトカーと見られる画像>
かなり次世代を感じさせるデザインだが、詳細発表を期待しよう。

<追記>
東京モーターショー2015にてコンセプトカーの「NISSAN IDS Concept」が公開された。

これが次期リーフとなるかは未定だが、機能性などを考えると2~3世代後にフルモデルチェンジされるリーフの可能性が高いだろう。

詳細はこちらにて。

日産の自動運転技術が東京モーターショー2015にて披露!IDS Conceptの魅力とは

<リーフに対するVoice>

・自動ブレーキ標準装備は価値があるな

・追従クルーズコントロールがつけば最高だと思う

・リーフ実際に乗ったけど体感は速かった

・もうフルモデルチェンジの話出てるのか

・補助金考えたら30kWhモデル買おっかな

<ネット上より>

おすすめの記事