レクサスIS200tが発売へ!「Lexus Safety System +」の搭載は来年か
⇒1秒でわかる愛車の買取相場
a-satei.com
車を手放す前に調べよう
完全無料でWEBですぐわかる車買取相場。どんな車でも車種・年式をいれるだけ
Ads by Voice Media JAPAN

レクサスISがついにダウンサイジングターボの流れに乗ることなる。

レクサスについては、2014年に発売したレクサスNXを始め、今年の秋にレクサスRC200tが、そして、2015年内にマイナーチェンジ予定のレクサスGSやレクサスにもダウンサイジングターボモデルがラインナップされると見られている。

レクサスGSのマイナーチェンジ2015の最新情報

もともと2014年に米国で「IS200t」の商標登録がされたことでレクサスISのターボモデルの発売に対する期待が急激に高まったが、待望の発表&発売時期は、8~9月になり、価格も現行のIS250と同価格帯になる見込みだ。


[ad#lexus1]

レクサスIS200tが2015年夏発売へ

lexusis
レクサスIS200tに搭載されるエンジンは、レクサスNXと同様の直列4気筒で2.0ℓの直噴ターボである8AR-Fが採用され、縦置きで搭載されることになる。

もちろんスペックに関しても、

・最高出力 238ps/4,800~5,600rpm

・最大トルク 35.7kgm/1,650~4,000rpm

とNXと同様になる予定だ。

燃費に関しては、若干の向上が見られ、JC08モードで13.5km/ℓになると見られている。

ちなみにこのレクサスIS200tのラインナップ化に伴って、2.5ℓエンジンモデルであるIS250は廃盤となる。

Lexus Safety System +は2016年のマイナーチェンジ時に採用か

lexusis3
注目を集めることになりそうなのはの安全装備である「Lexus Safety System +」の搭載の可否だ。

これに関して、筆者は今回の200tには、搭載されないと見ている。

もしも搭載となれば、200t以外のIS350とIS300hにも搭載される必要があり、マイナーチェンジが2016年に控えていることを考えると、それまでお預けになるだろう。

もちろん、2017年までにはレクサス全車に「Lexus Safety System +」を搭載させると発表されていることから、マイナーチェンジで搭載されるのは確実と言えよう。

2015年の年次改良ではIS250とIS200tの入れ替わりという所が大きな焦点になるだろう。

skyline
レクサスIS200tの登場によって、ライバルで同様の2.0ℓのダウンサイジングターボを搭載している日産のスカイラインとのガチンコ対決に注目が集まりそうだ。

<追記>

2016年10月にレクサスISのビッグマイナーチェンジが実施されることが決定した。

「Lexus Safety System +」が搭載されることも確定。

詳細は、こちらの記事にて。

⇒新型レクサスISのマイナーチェンジが2016年10月23日に実施!

レクサスIS200tに対するVoice

[ad#n2]

・IS300持ってるけど、200t欲しいな・・・

・FFのレクサスNXと違って、FRとなるISのターボはヤマハ製だろうな

・8ATとか6ATとか情報が飛び交っているけどどっちなの?

・6ATに比べて8ATのメリットって燃費と静粛性だろうな

・電動パーキングつかないのかな?

<ネット上より>

すでにISに乗っているユーザーからすると、ターボモデルがうらやましく思う人もそれなりにおり、中には乗り換えを検討する人もいそうだ。

トランスミッションに関しては6ATなのか8ATなのかがまだ確定した情報が入っていないため、また情報が入り次第お伝えするので楽しみに待っていてほしい。

元々、筆者としては、秋にマイナーチェンジされるクラウンの2.0ターボモデルに注目していたが、レクサスについてもIS、GS、RCそれぞれの200tモデルにも注目をせざるを得ないほど魅力を感じている。

果たして、時代の流れはハイブリッドからターボ車へシフトしていくのか、それとも上手く共存していくのかといったことを含めて今後注目していきたい。

<関連記事>
レクサスLSのフルモデルチェンジは2017年!

レクサスLX570の日本発売最新情報!

スポンサーリンク
ネットで公開されている中古車が全体のたった約30%しかないとご存じでしたか?

残り70%の非公開車両から好きな車を見つけられる無料検索サービスが登場!

あなたの希望の条件にマッチした車を探してみませんか?



おすすめの記事