レクサスCT200h マイナーチェンジ情報!変更点を紹介。外観、内装ともに新型デザインへ刷新

レクサスのコンパクトハッチバックカーのレクサスCTが2017年8月24日にマイナーチェンジを実施。

新型CT200hは、マイナーチェンジによって、外観と内装が改良され質感向上するとともに、レクサスの先進装備であるLexus Safety System +(レクサスセーフティシステムプラス)が標準装備されることになった。

そんな新型レクサスCT200hのマイナーチェンジに関する注目の変更点をお伝えする。

【次期モデルの情報はこちら】
>>次期レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報


 新型レクサスCT200h マイナーチェンジ最新情報!

2017年8月24日にマイナーチェンジが行われた新型レクサスCT200hの内容として注目ポイントは、

  • 外観・内装の変更内容
  • 安全装備
  • 今後の動向

という部分になる。

新型レクサスCT200hのマイナーチェンジ後の外観デザイン

新型レクサスCT200hのマイナーチェンジ後の外観デザインの画像は以下の通りだ。

フロントグリルとなるスピンドルグリルのメッシュデザインが新しいデザインへと変更されることになった。

またヘッドランプ上部には、LEDのアローヘッド形状となるクリアランスランプを採用。

フロントバンパーやフォグランプについてもデザインの変更が行われている。

全体的にマイナーチェンジ後のレクサスCT200hは、スタイリッシュでかつ、レクサスLC以降にも通じる洗練されたフロントマスクへと変化を遂げている。

次にリアのデザイン画像がコチラ。

リアコンビランプの形状が変わって、レクサス車でおなじみでもあるL状のラインが入ったプレミアムカーらしさのあるコンビランプデザインを採用。

ただし近年流行りのシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は、採用されていない。

後は、リアバンパー下部のガーニッシ部分のデザインも変更されている。

マイナーチェンジ前は、やや控えめなリアデザインだったが、マイチェン後のリアデザインは、レクサスISやNXにも負けない質感高い印象になったと言える。

また、2トーンカラーとなるブラックルーフタイプも継続してラインナップされている。

  <新型CT200h F SPORTモデルも>

レクサスCT200h F SPORTモデルも同じくマイナーチェンジされた。

フロントには、ノーマルモデルとは異なるFスポーツならではのメッシュグリルのデザインを採用。

リアには、力強いバンパーデザインとなり、サイドにあるメッシュ部分については大型化。

リアコンビランプのデザインはノーマルモデルと同様の変更となる。

<新ボディカラーも>

ボディカラーには、

  • ラヴァオレンジクリスタルシャイン
  • ヒートブルーコントラストレイヤリング

の“F SPORT”専用色を新たに設定されている。

新型レクサスCT200hのマイナーチェンジ後の内装デザイン

新型レクサスCT200hのマイナーチェンジ後の内装のデザイン画像は次の通りだ。

変更点としては、

  • 7.0インチから10.3インチへとナビゲーション画面の大型化(2画面表示対応)
  • ツートンカラーのシート表皮採用

となる。

ナビ画面は固定式となっている。

またオーナメントパネルには、

  • バンブー(マットフィニッシュ/ナチュラルブラウン)
  • サンフレアブラウン
  • 本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)

をタイプ別に新設定。

シートベンチレーションやセミアニリン本革といった装備は新採用されず、小幅改良と言える内容に。


レクサスCTの安全装備にLexus Safety System+

今回のマイナーチェンジの大きな目玉とも言えるのが、安全装備のLexus Safety System+が標準装備されたことだ。

Lexus Safety System+の機能には、

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

単眼カメラとミリ波レーダーを用いて、車両と歩行者等を認識して、自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)で衝突回避または被害軽減を支援するシステム。

自動ブレーキ作動条件としては、

・車両に対しては約10km/h〜最高速の幅広い速度域で作動

・歩行者に対して約10〜80km/hの速度域で作動

・歩行者との速度差が30km/hの場合は約30km/h減速、衝突回避もしくは被害軽減を支援

・停止車両に対して自車の速度が40km/hの場合は約40km/h減速

となる。

  • レーンディパーチャーアラートLDA(ステアリング振動機能付)

単眼カメラによって、道路上にある白線・黄線を認識して、運転手がウィンカー操作を行わずに車線逸脱しそうになったときにステアリングの振動や警報ブザー、ディスプレイ表示にて注意喚起してくれる機能。

また、車両のふらつきを検知して、警報ブザーとメーター表示によって休憩を促す機能もついている。

  • オートマチックハイビーム

ロービームをハイビームに自動的に切り替えてくれる機能。

作動条件は、車速30km/h以上となる。

対向車のヘッドライトや先行車のブレーキランプを感知することで、夜間走行時に、周囲の明かりの状況によって適切なビームへと自動で切り替えする仕組みになっている。

  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

先行車両を単眼カメラとミリ波レーダーにて認識し、運転手が設定した車速に応じて自動で適切な車間距離を保ちながら追従走行してくれるシステムだ。

これによって自動車専用道路、高速道路走行時には、疲れやストレス軽減に大きく貢献してくれる。

<MC前の安全機能>

ちなみに、マイナーチェンジ前のレクサスCTには、

  • プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

この2つがセットとなったオプションパッケージが151,200円で設定可能となっていた。

しかしながら、このプリクラッシュセーフティシステムは、歩行者検知に対応していなかった。

よって、新型レクサスCT200hの安全装備についてマイナーチェンジ後は、

・自動ブレーキシステムが歩行者検知対応

・車線逸脱を予防するレーンディパーチャーアラートLDA搭載

・ハイビーム&ロービーム自動切換えが可能に

といった部分が進化したポイントとなる。

レクサスCT200h 今後のモデルチェンジについて

レクサスCTは、2011年にデビューしたこともあり、すでに発売から6年以上が経過している状況だ。

気になる次期レクサスCTへのモデルチェンジは、2019年以降となり、現在一部では2021年頃になるという情報も。

詳しくは以下の記事を参照していただきたい。
>>レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報

その間に、次期レクサスCTのSUVモデルとも言える、レクサス新世代コンパクトSUVのレクサスUXが2018年に発売される。

>>レクサスUXの最新情報はこちら

これは、世界的に需要の少ないコンパクトハッチバックカーよりも、今人気急上昇中のSUVを優先させるからだと思われる。

新型レクサスCT200hのマイナーチェンジ最新情報のまとめ

レクサスCTは、現行型2度目となるマイナーチェンジを2017年8月24日に実施された。

次期レクサスCTのモデルチェンジまでのつなぎとしてラインナップされることになるが、

  • 全車速対応のクルコン
  • 電動パーキングブレーキ
  • アダプティブヘッドランプ

といったトヨタを含め、他メーカーの車でも採用されつつある装備が追加されなかったのはやや寂しい限りでもある。

2018年の新型SUVのレクサスUX登場によって、レクサス車はよりSUVに注力した形へと進んでいくだろうが、そんな中、レクサスCTが無事に生き残れるのかどうか注目だ。

ちなみにレクサスNXに関しても大幅改良されているので、コチラの記事も合せてお読みいただきたい。
>>レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報

レクサスCTに関する最新情報が入れば、またお伝えする。
>>次期レクサスCTについて


<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

レクサスに関連する記事

関連:レクサスCTのフルモデルチェンジ情報

関連:レクサスUXの最新情報

レクサス モデルチェンジ情報一覧へ

What do you think of this post?
  • Awesome (0)
  • Interesting (0)
  • Useful (0)
  • Boring (0)
  • Sucks (0)
コメントは利用できません。

最新記事

  1. 次期レヴォーグのコンセプトと見られるモデル
    スバルのレヴォーグが2019年にフルモデルチェンジする可能性が高い根拠を解説する。その他、SGPや次…
  2. スバルの次期WRX S4と次期WRX STIのフルモデルチェンジに関する最新情報を今回ピックアップす…
  3. レクサスRXのマイナーチェンジに関する予想を本記事ではお伝えする。 [quads id=1] …
  4. レクサスNXのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けする。デザインの改良やターボモデルを「NX30…
  5. レクサスgs
    レクサスのEセグメントセダンのレクサスGSの次期モデルに関する情報を本記事では記載する。 次期…
  6. レクサスに最高級モデルとなる新型クロスオーバーSUVが登場する可能性が浮上している。 その名と…
  7. レクサスIS
    レクサスの4ドアセダンのレクサスISの次期モデルの動向に注目が集まっている。 そこで今回は、レ…
  8. レクサス版プリウスとの呼び声もあるレクサスCT。 今回は、次期レクサスCTのフルモデルチェンジ…
  9. レクサスのスポーツ2ドアクーペ「レクサスRC」が2018年にマイナーチェンジを実施。 外観、内…
  10. レクサスに新型コンパクトSUVとしてレクサスUXが2018年11月にデビューする。 デザインや…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが現在注目されている。 V37型となる次期スカ…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る