新型レクサスISのマイナーチェンジが2016年10月23日に実施!

レクサスISのビッグマイナーチェンジが2016年の10月23日に実施される。

現行型モデルのレクサスISが発売されたのが2013年ということを考えると、4年目となる節目の今年に大幅な改良が施されることとなる。

車格が一つ上のレクサスGSに関しても、2012年発売から4年目になる昨年2015年にビッグマイナーチェンジを果たしたばかりだ。

レクサスGSのマイナーチェンジ2015の情報

レクサスISは、毎年一部改良を実施しているが、2015年には2.0ℓターボモデルの追加が行われたことは記憶に新しい。

今回は、2016年10月にビッグマイナーチェンジを実施するレクサスISについて記載する。

スポンサーリンク

レクサス車の最新情報を更新中!

レクサスISが2016年10月23日にビッグマイナーチェンジを実施

冒頭でお伝えしたように、新型レクサスISのマイナーチェンジが実施されるのは2016年10月23日だ。

今回の改良は、ビッグマイナーチェンジというだけあって、デザインの大幅な変更も行われる。

ヘッドライトやバンパー部分の変更のほかに、特徴的な部分としてエアインテークがレクサスLC500のような縦長のデザインになる。

レクサスLC500h
<画像はレクサスLC500h>
 

レクサスLC500hの最新情報!日本発売は2017年春。次期レクサスSCとして期待が高まる

その新型レクサスISのワールドプレミアに関しては、4月25日に中国で開催された北京モーターショー2016にて行われた。

 

そこで公開された新型レクサスの画像がこちらだ。

〇新型レクサスIS350の画像

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9is
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9is2
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9is3
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9is4
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9is5
そして次に新型レクサスIS200tの画像がこちら。

レクサスIS200t マイナーチェンジ2016
レクサスIS200t マイナーチェンジ2016 2
レクサスIS200t マイナーチェンジ2016 リア
レクサスIS200t マイナーチェンジ2016 リア2
 

ちなみに今回から新ボディカラーとしては、

「ディープブルーマイカ」

「グラファイトブラックガラスフレーク」

の2色が追加される。

そしてこれまで設定されていた「スターライトブラックガラスフレーク」は廃止となる。

次にインテリアの画像に関してはコチラだ。

レクサスIS マイナーチェンジ2016 インテリア2
レクサスIS マイナーチェンジ2016 インテリア3
 

インテリアカラーに関しては、「シャトー」「ノーブルブラウン」「ニュアンスブラック」の3色が追加され、「アイボリー」「トパーズブラウン」「ムーンストーン」の3色が廃止されることとなる。

〇新型レクサスのデザインテーマについて

今回の新型レクサスISのデザインテーマは、「アグレッシブスポーツ(Aggressive Sports)」となっており、マイナーチェンジ前のデザインに比べて、ダイナミックで迫力のあるデザインとなっている。

新型レクサスISのグリルに関しては、上下比率が見直され、グリルの下部分がマイナーチェンジ前のデザインよりも広がっている。

余談ではあるが、昨年マイナーチェンジした新型クラウンアスリートについても、グリルの上下比率が見直され、グリル下部が拡大されていたことは記憶に新しい。

また、レクサスLCのように縦長デザインというわけではなかったが、両端のエアインテークの形状に関しても拡大されている点にも目が惹く。

新型レクサスis グリル
新型レクサスISのグリル
レクサスIS マイナーチェンジ前
<参考 マイナーチェンジ前のレクサスIS>
 

インテリアに関しても、これまでマルチメディアディスプレイの周りの隙間が気になっているユーザーは少なくなかったが、今回のマイナーチェンジによって、それらは解消され、2画面表示可能な10.3インチに拡大されることとなった。

また、Enterボタンをリモートタッチ側面に設置し、操作性も向上している。

他にも標準スピーカー数が8つから10に変更されていたり、アナログクロックやリモートタッチパームレス、ステアリングのデザインが変更されていたりと様々な部分が改良されている。

今回のマイナーチェンジは、エクステリアよりもインテリアの改良の方に力が入れられていると言ってもいい内容だ。

電動パーキングブレーキが採用されなかったのは残念ではあるが、車格が上のレクサスGSとの差別化を図るためなのだろうか。

トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルに関しても、昨年のビッグマイナーチェンジ時に電動パーキングブレーキが採用されなかったことを考えると、トヨタのこの車格のセダンに電動パーキングブレーキが採用されるのは、次の世代以降になりそうだ。

ちなみに、この新型レクサスISに関しては、若いユーザーが多い、性能面での評価に加えて何者にも似ていない個性が購入決定の重要な要素とされるNear Luxury市場と呼ばれる中型高級車の市場での確固たる地位を築くことが目指されている。

また、エクステリアだけでなくインテリアに関しても手が加えられ、デザインの変更や一部の使用素材の変更などが行われることとなる。

スポンサーリンク

レクサスIS マイナーチェンジにてLexus Safety System +が搭載へ


lexus-is

今回のレクサスISのマイナーチェンジにて、最新の安全予防パッケージである「Lexus Safety System +」の搭載されることとなった。

「Lexus Safety System +」に関しては、2017年末までに日本、北米、欧州の全車に設定すると発表されており、昨年のレクサスGSもマイナーチェンジによって「Lexus Safety System +」が搭載され、そしていよいよ新型レクサスISにも搭載されることになったというわけだ。

ただ、惜しい点としては、「Lexus Safety System +」の機能の一つであるレーダークルーズコントロールがブレーキ制御付タイプであり、全車速対応ではないという点だ。

また、レーンキープアシスト(LKA)ではなくステアリング制御付のレーンディパーチャーアラート(LDA)の方を採用という点も、GSよりかは劣るポイントとなる。

電動パーキングブレーキについても、近年発売された新型のレクサスNX、RX、GSに備わっているということや、レクサスISと同価格帯のレクサスNXにも搭載されていることを考えると、今回のマイナーチェンジにてレクサスISにも電動パーキング搭載とされると予想していたが、次期モデルまでお預けとなる。

<新型レクサスISの価格について>

新型レクサスISの価格については、以下の通りになる予定だ。

〇IS200t

IS200t version L 5,308,000円
IS200t F SPORT 5,204,000円
IS200t ベースグレード 4,700,000円

〇IS300h

IS300h version L 5,788,000円
IS300h F SPORT 5,680,000円
IS300h ベースグレード 5,150,000円

〇IS350

IS350 version L 6,207,000円
IS350 F SPORT 6,303,000円
IS350 ベースグレード 5,599,000円

いずれにしても、現行型よりも10万~20万円程度価格が高くなる。

<レクサスISのライバルのスカイラインについて>

スカイラインハイブリッドちなみに国産車としてレクサスISのライバルとなるスカイラインについては、北米で新型の3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載モデルが発表され、近い将来日本でも導入が見込まれている。

スカイラインハイブリッドのマイナーチェンジについて

これが日本導入となると、スポーツセダンを好むユーザーにとっては大いに盛り上がることになるだろう。

2.0ℓターボモデルを2015年に発売したレクサスISだが、今回のビッグマイナーチェンジでどこまでライバル以上に魅力をアピールできるのかに注目だ。

今後、新型レクサスISに関する新たな最新情報が入れば、またお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

レクサスISのマイナーチェンジに対するVoice

・ナビの大型化はうれしいな

・流れるウインカーの装備期待してた

・MCの内容次第でベンツのCクラスにするかどうかを決める

・かっこいいと思う

・電動パーキングブレーキつかなかったんだ

<ネット上より>

エンジンについては現在の200t/250/300h/350から変更はない見こみだ。

続報が入り次第また、お伝えする。

<関連記事>
レクサスLSのフルモデルチェンジは2017年に!最先端技術搭載へ

次期レクサスCTのモデルチェンジは2017年の見込み

マークXのマイナーチェンジが2016年に実施の可能性が浮上!2.0ℓターボ搭載か

関連記事

コメント

    • ひろ
    • 2016年 4月 20日

    多分スライドウィンカーは採用されないだろうな。gsのmcでも採用されなかったし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  2. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  3. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  4. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  5. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  6. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  7. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  10. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る