レクサスRX 7人乗りモデル「RX450hL」の最新情報!マイナーチェンジと共に日本発売

レクサスRXに7人乗りモデルがラインナップされた。

現行型レクサスRXは、2015年にフルモデルチェンジされたが、今回はマイナーチェンジ実施と共に派生車となる7人乗りモデル「RX450hL」が導入される。

レクサスRX450hLの日本発売は、2017年12月7日に行われた。

7人乗りモデルクラスのクロスオーバーSUVに関しては、スバルのアセントやマツダのCX-8といった新型モデルが続々と発表されている状況であり、レクサスRXもこの流れに乗っての発売となる。

実は、レクサスRXの7人乗りモデルに関しては、かなり前から情報が出ていたが、それらを含めて、今回、新型レクサスRXの7人乗りモデル「RX450hL」の注目の最新情報をお届けする。


レクサスRX 7人乗りモデル「RX450hL」の最新情報

7人乗りモデルとなるレクサスRX450hLの注目内容は、

  • これまでの情報の流れ
  • レクサスRX450hLのスペック

この2つとなる。

7人乗りモデル レクサスRX450hLの情報の流れ

元々、2014年報道されたレクサスとして7人乗りモデルの新型クロスオーバーSUVが開発されているという海外メディアによるスクープ情報が始めの情報となる。

その時は、レクサスRXをさらに上級にしたレクサスTXという名称で出るという情報であり、海外メディアとLEXUSゼネラルマネージャー、ジェフ·ブラッケン氏と取材した時に取れた情報ということで、一部で話題となっていた。

その7人乗りの新型SUVについては、発売時期が2015年後半から2017年になるとも言われており、その後、2015年に同じ海外メディアがスパイショット画像を公開したことでさらに話題に。

<スパイショット画像について>
>>その時のスパイショット画像がこちら(海外メディアサイト)

このスパイショット画像の外観は、レクサスRXとほぼ同じデザインであり、若干ロングホイール化されたくらいしか違いはない。

そして次の情報が出たのは2016年という少し時間が経ったことから、レクサスTXはガセではないかとも一部で見られ始めた。

「RX350L」「RX450hL」の商標特許が判明

しかしながら、2016年3月11日に欧州連合知的財産庁EUIPO(当時は欧州共同体商標意匠庁OHIM)に対して「RX350L」「RX450hL」の商標登録がされたとう新情報が出て、さらにアメリカの特許商標庁ウェブサイトでも「RX350L」「RX450hL」の商標確認ができることから、レクサスRXのロングホイールモデル発売が現実的になってきた。

レクサスRXの7人乗り派生モデルとして発売が確定へ

そして海外メディアは、先程でてきたジェフ·ブラッケン氏が、以前言っていたレクサスTXとは異なり、レクサスRXのブランド名で発売させるだろうと話したことを報道。

これは、新たにTXというブランドで出すよりも、人気のあるRXウラン度で出した方がいいと言うのが理由だと思われている。

そして7人乗りモデルのレクサスRX350L(V6ガソリンモデル)、RX450hL(ハイブリッドモデル)は、2017年後半から2018年に発売の見通しであることも同時に伝えられた。

レクサスRX450hL 2017年12月7日に日本発売開始

そしてついに日本では2017年12月7日に3列シートのロングバージョンとなるレクサスRX450hLが発売開始となった。

>>>公式ニュースリリース

通常モデルのRXの全長を拡大させ、電動格納式のサードシートを採用。

3列目に関しては、左右に配置された専用エアコンが装備されている。

また、分割可倒式のセカンド・サードシートによって、段差感の少ないフラットなフルラゲージモードなどの幅広いシートアレンジが可能となっている。

なお、日本仕様としては、V6ガソリンモデルのレクサスRX350Lはラインナップされず、ハイブリッドモデルのRX450hLグレードが新発売となる。

RX450hLのスペック

レクサスRX450hLのスペックに関しては、

<エンジン>

最高出力:262PS/ 6,000
最大トルク:34.2kgm/ 4,600

<モーター>

・フロント

最高出力:167PS
最大トルク:34.2kgm

・リア

最高出力:68PS
最大トルク:14.2kgm

となる。

またボディサイズに関しては、

  • 全長 5,000mm
  • 全幅 1,895mm
  • 全高 1,725mm
  • ホイールベース 2,790mm

となる。

<参考 RXの通常モデルのボディサイズ>

全長4890mm
全幅1895mm
全高1710mm
ホイールベース2790mm

レクサスRX450hLは、通常よりも全長110mmのロング化されることとなる。

レクサスRX マイナーチェンジで200tの名称変更

3列シート7人乗りモデルの追加に加えて、マイナーチェンジ(一部改良)も共に行われる。

ターボモデルのRX200tのロングホイールモデルのラインナップは設定されないが、そのRX200tに関しては、名称がRX300に変更される。

この名称変更は、レクサスNXのマイナーチェンジと同じ流れとなる。
>>レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報

レクサスRX 7人乗りモデルRX450hLの最新情報まとめ

世界中でSUVの需要が高まる中、大人数が乗れる3列シート7人乗りタイプのSUVの人気はますます高まることが予想される。

マツダに関してはミニバンにとって代わる7人乗りの次世代SUVを2017年にデビューさせたばかり。
>>マツダ 7人乗り上級SUVのCX-8を発売へ!

その中でも人気の高級クロスオーバーSUVとして支持されるレクサスRXのRX450hLが日本国内でどこまで売れることができるのか大きな注目となる。

レクサスのSUVは、新シリーズのUXも2018年にデビューする見通しであり、今後ますます発展していくことになるだろう。

>>レクサスUXの最新情報

新しい情報が入れば、追ってお伝えする。

<関連記事>
>>レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報
>>レクサスCTのマイナーチェンジ最新情報

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

コメントは利用できません。

最新記事

  1. ホンダ N-VAN
  2. レクサス新型ES
  3. 新型RAV4 アドベンチャーモデル
  4. 新型カローラハッチバック2
  5. スバルのレヴォーグが2019年にフルモデルチェンジする可能性が高い根拠を解説する。その他、SGPや次…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る