マツダCX-4を2016年に日本発売か。<最新情報追記>

マツダが新型のクロスオーバー車を2016年の夏に日本で発売することになりそうだ、

その名は、CX-4

マツダのCXシリーズとして、CX-3、CX-5、CX-7(中国専売)、CX-9(日本未発売)が現在ラインナップしており、2015年に関しては新シリーズのCX-3が発売されたこともあって大きな話題となっていた。

⇒マツダ CX-3 最新情報!2015年春にディーゼルモデルのみ発売

⇒CX-9のフルモデルチェンジは2016年春!日本発売は未定

そして今回は、CX-3とCX-5の中間ポジションにあたるCX-4が2016年に新登場するというわけだ。

CX-4に関する最新情報を本記事ではお伝えする。

<追記 2016.4.7>
4月25日に開催される北京モーターショー2016のCX-4世界初公開に向けてマツダの中国法人がCX-4の最新のイメージ画像を公開。

その画像は、サイドシルエット等のデザインが載っているが、詳しくは本記事後半にて記載。

<追記 2016.4.25>
CX-4が北京モーターショー2016にてワールドプレミアされた。

詳しくは、本記事後半にて記載。

スポンサーリンク

マツダCX-4を2016年夏頃に発売か。越KOERUを市販化へ

マツダのCX-4が初公開される舞台は、2016年4月25日に開催される北京モーターショー2016になる。

そもそもCX-4のコンセプトカーとなる「越KOERU」がフランクフルトモーターショー2015にてワールドプレミアされている。

マツダ 越KOERU(CX-4のコンセプト)
 

<CX-4のコンセプトカーである越KOERU>
越KOERUが発表された当初は、新型CX-9のコンセプトなのかとか、新型CX-7のコンセプトではないのか等々様々な議論があったが、結論としてはCX-4ということで落ち着きつくこととなった。

マツダのチーフデザイナーである小泉巌氏曰く、某メディアのインタビューにて、越KOERUは、鼓動デザインをさらに一歩進化させたものであり、ブランド価値を引き上げるために品格を高めることを意識したと答えている。

「越KOERU」という言葉は、既存のヒエラルキーやカテゴリーといった概念に縛られないクロスオーバー車にするということを意識してつけられたのだとか。

その意志は、間違いなく市販化されるCX-4に引き継がれることになる。

<越KOERUのコンセプト動画>

相変わらず息を呑み込むような美しいデザインにはあっぱれだが、クーペ寄りのクロスオーバーといった感じか。

他のマツダ車と異なってAピラーがブラックアウトされている所も大きな特徴となっている。

この越KOERUのボディサイズに関しては、全長4,600mm、全幅1,900mm、全高1,500mm、ホールベース2,700mmとなっている。

しかし、市販バージョンとなるCX-4のボディサイズに関しては、CX-5のボディサイズの全長4,540mm、全幅1,840mm、全高1,705mmを下回るサイズになると思われる。

そこで、現時点でCX-4の予想ボディサイズは以下の通りだ。

全長4,500mm
全幅1,800mm
全高1,635mm

「CX-5ではボディサイズが大きすぎるが、CX-3では小さい」と嘆くユーザーが少なくない中、CX-4がまさに、そのかゆい所に手が届くバランスの取れた車になることを期待したいするのは筆者だけではないはずだ。

ちなみにCX-4のプラットフォームに関しては、CX-5系のものが採用される。

また、CX-4に搭載されるパワーユニットに関しては、CX-5と同様の2.2ℓDOHCディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dと、2.5ℓDOHC ガソリンエンジンのSKYACTIV-Gが採用される見込み。

CX-4の価格については、200万円台後半~が予想される。

スポンサーリンク

CX-4のスパイショットも流出し始める

海外では公道を走るCX-4と見られるテスト車両のスパイショットも撮影され始めている。

内装に関しては、CX-3とCX-5を足して2で割ったようなデザインに見える。

画像を見る限り、ほぼ市販化モデルそのままのデザインと思われる。

サイドモールにメッキ加飾されていないなど異なる部分はあるものの、越KOERUのコンセプトをより現実的なデザインにしたものと言えるだろう。

ウインドウの周りのメッキ処理がウインドウを一周させたものではなく、途中止まりになっている所が目を引くが、果たしてこれが製品化途中だからなのか、それともこのデザインで決まりなのかが気になる所だ。

マツダのフラグシップSUVのCX-9のウインドウ周りのメッキが一周していることを考えると、それに配慮して、CX-4はフラグシップではないことを示す意味合いでそのようなデザインになっているのではと筆者は予想する。

またリアのデザインについても横長のリアコンビランプの間をつなぐメッキモールがより、高級感を引き立てている。

CX-4は、全体的にシャープでプレミアム感さえ漂わせるクーペ調のSUVに仕上がっており、CX-5より高級志向ではないかとさえ感じさせられる。

SUVの販売が好調なアメリカを始め、クーペSUVというテイストのCX-4を新たにグローバル市場に送り出すことで、マツダの快進撃はまだまだ続くことになりそうだ。

<2016.4.7追記 CX-4の最新画像が公開>

これが新たに公開されたマツダのCX-4の最新画像だ。

cx-4
cx-4-4
cx-4
cx-4-3
cx-4-2
画像を見る限り、ほぼ、事前に流出していたスパイショット通りのデザインだと思わせられる。

<2016.4.25追記 CX-4が北京にてワールドプレミア>

4月25日に開催された北京モーターショー2016にてCX-4がワールドプレミアされた。

CX-4の画像についてはこちらだ。

mazda cx-4
mazda cx-4 2
mazda cx-4 リア
mazda cx-4 サイド
mazda cx-4 インテリア
mazda cx-4 インテリア2
CX-4のデザインに関しては、コンセプトが「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」となっており、既存の概念・枠組みを越えることを目指されている。

発表されたボディサイズは、

・全長4,633mm

・全幅1,840mm

・全高1,530mm

パワートレインについては、2種類用意されており、2.0ℓガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0と2.5ℓガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.5の2つとなる、

気になるCX-4の発売時期に関してだが、中国では2016年6月の予定であり、、日本発売に関しては夏~秋ごろに発表されると見られている。

また、CX-4のライバル車に関しては、スバルのXV等が当てはまるが、そのスバルXVは2017年にフルモデルチェンジする見込みだ。

次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジは2017年の見込み!PHVも投入か

CX-4に関して最新情報が入ればまたお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

CX-4に対するVoice

・CX-5との差別化が上手くできるのかが気になる

・CX-4もいいけどプレマシーのモデルチェンジを早くしてほしい

・実質アクセラクロスオーバーって感じだな

・全幅のサイズによって買う買わないを決めることになりそう

・ほんとに日本でCX-4って出るのか?

<ネット上より>

CX-4をアクセラのクロスオーバー的存在というように見るユーザーもいるようだ。

やはり気になるのはボディサイズであり、CX-4がCX-3とCX-5の間を埋めるような存在となれるかが最大の注目所だろう。

続報に期待してほしい。

<関連記事>
CX-9のフルモデルチェンジは2016年春!日本発売は未定

次期アテンザのフルモデルチェンジは2019年の見込み!

アテンザのマイナーチェンジは2017年。ディーゼルハイブリッド搭載が有力

デミオのマイナーチェンジ2016 ナチュラルサウンドスムーザーが標準装備へ

<参照>
http://www.faw-mazda.com/market/cx4yure/index.html

http://www.mazda.co.jp/

ニュースリリース

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  2. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  3. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  4. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  5. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  6. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  7. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  10. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る