次期N-BOXのフルモデルチェンジ最新情報!NBOXスラッシュの生産中止は2020年頃の見通し

ホンダのN-BOXが2017年8月31日にフルモデルチェンジを実施する。

軽自動車の中で最も人気のある車種のモデルチェンジと言うだけあって、次期N-BOXの存在はかなり注目されている。

またNBOXスラッシュについては、今後、今回のモデルチェンジと共に新型に移行することなく一代限りで生産終了する可能性が濃厚だ。

今回は、2代目となる次期N-BOXのフルモデルチェンジの最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

ホンダのN-BOXとは?

ホンダのN-BOXは、2011年10月に新生Nシリーズの第一弾として発売されたスーパーハイトワゴン。

軽四輪車新車販売台数で2012年と2013年度、そして2015年度の3回ものNO.1という歴史的な販売台数を記録し、今や軽自動車の中で絶対的な地位を確率しているホンダの看板車種でもある。

燃料タンクをシート下に置くという独特な方式の採用によって、圧倒的に広い室内空間やラゲッジルームを実現させ、これが大ヒットにつながった。

エンジンについては、直列3気筒DOHCが主となっており、燃費向上のためにアイドリングストップも採用。

標準モデルに加えて、エアロパーツを装着したカスタムモデルもラインナップされており、発売から5年以上経過した今なお、その人気は衰える兆候が見えない。

また、「N-BOX+(エヌボックスプラス)」や「N-BOX SLASH(エヌボックススラッシュ)」という派生車種も登場するなど、N-BOXシリーズのラインナップは年々充実している傾向にある。

そんなN-BOXがいよいよ2代目にフルモデルチェンジをし、さらなる進化を遂げる。

偉大な功績を残した初代からバトンタッチを受ける2代目N-BOXはどのような存在となるのか。

N-BOXのフルモデルチェンジ最新情報について

N-BOXのフルモデルチェンジに関する最新情報は以下の通りとなる。

次期N-BOXのフルモデルチェンジは2017年8月31日

N-BOXがフルモデルチェンジする時期は、2017年8月31日と決定した。

次期N-BOXのデザインは、現行型のキープコンセプト

新型N-BOX

フルモデルチェンジ後にデザインが大きく刷新されて先代と全く別物のデザインになるパターンと、パッと見た感じ先代から大きく変わらないという2つのパターンに分かれる。

次期N-BOXは、後者に値し、現行型N-BOXのデザインのキープコンセプトとなる。

モデルチェンジ前のN-BOX

現行型NBOXからキープされるのは、

・四角形をイメージさせる全体的なシルエット

・フロント下部に位置するバンパー部分のエアインテークが横長になっている部分

・フロントグリルのすぐ下に横に広がった開口部

・各ピラーのブラックアウト化

といった部分だ。

主にフロントのデザインがキープされることで、一目でN-BOX と分かるイメージを踏襲するのが狙いか。

そしてモデルチェンジで変化するのが以下の部分だ。

・歩行者保護対策を考えて立体構造となったボンネットフード

・ボディサイドにヘッドライトからリアコンビランプまで一直線に繋がるプレスライン

・リアクォーターウインドウの上側が斜めにカットされている

車側面に一直線に引かれたキャラクターラインが、2代目ならではのインパクトを感じさせるデザインとなっている。

ボディカラーには、ツートンカラーを合わせて以下の14色をラインナップ。

<N-BOXカスタム>

N-BOXカスタムに関しても同時にモデルチェンジされ、そのエクステリアの画像が公開された。

新型nboxカスタム

新型N-BOXカスタムのボディカラーについては、ツートンカラーを含めて以下の12色となる。

新型N-BOXの内装について

新型N-BOXの内装画像についても先行公開されている。

今回のポイントは、新開発された助手席スーパースライドシート。

助手席を大きくずらすことが可能(スライド量57cm)になることで、靴の履き替えスペースとなったり、後席側から運転席に乗ることが出来たり、後席に乗る人とのコミュニケーションが取りやすくなるといったメリットがある。

スポンサーリンク

新型N-BOX搭載のエンジンは現行エンジンを改良し燃費向上が目指される

新型N-BOXに搭載されるエンジンには、現行型のS07A型エンジンを大幅改良して燃費の改善が図られる。

現行型の燃費性能は25.6km/Lだが、これが次期モデルではN-BOXのライバルとなる、

  • ダイハツ タント(JC08モードで28.0km/ℓ)
  • スズキのスペーシア(32.0km/ℓ)

これらを越える燃費性能が目指され、現行型N-BOXの26.5km/ℓからどこまで向上させられるかが焦点となる。

30.0km/ℓの大台が目指されていると見られるが、エンジン改良レベルで5km近く向上できるのかどうかがポイント。

これに関しては続報を待っていてほしい。

N-BOXスラッシュは生産終了で次期モデル無し

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80n-box%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

「N」シリーズの新作として2014年12月に誕生したN-BOXスラッシュ。

このN-BOXスラッシュは、今回のフルモデルチェンジを実施した新型N-BOXをベースに次期モデルが期待されるが、残念ながら次期モデルは用意されることなく一代限りで生産終了となる見通しだ。

N-BOXスラッシュの生産中止は、今回のフルモデルチェンジ直後ではなく、今後小幅なマイナーチェンジを実施して2020年頃にカタログ落ちする可能性が高いと見られている。

新型N-BOXに「ホンダセンシング」搭載へ

hondasensing

フルモデルチェンジ後の新型N-BOXの安全装備には、現行型の「シティブレーキアシスト」ではなく、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が搭載されることとなる。

ホンダセンシングとは、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムであり、車両進行方向の状況を認識し、多彩な機能で、ドライバーにとってより快適で安心なドライブをサポートする装備となっている。

車種によって、搭載機能が異なるものの、ホンダセンシングには以下の機能が存在する。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
    前走車、対向車、歩行者との衝突を回避支援
  • 歩行者事故低減ステアリング
    歩行者との衝突を回避支援
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
    適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
    車線の中央を走行できるように支援
  • 路外逸脱抑制機能
    車線を検知し、はみ出さないように支援
  • 誤発進抑制機能
    不注意による急発進を抑制し、注意を喚起
  • 先行車発進お知らせ機能
    停車時に、先行車が発進したことをお知らせ
  • 標識認識機能
    標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援

ホンダセンシング公式より

新型N-BOXには、これら全ての機能が搭載され、軽自動車だからといって機能の簡素化がされていない所がホンダの本気を感じさせられる。

それだけではなく、さらにホンダ初となる「後方誤発進抑制機能」、そして「オートハイビーム」機能も搭載。

後方誤発進抑制機能に関しては、自車の後方に障害物があり、かつ、セレクトレバーがリバース(R)の状態で強くアクセルを踏み込んだ時に急な後退を抑制する機能となっている。

軽自動車にホンダセンシングクラスの安全装備がつくのは珍しいため、フルモデルチェンジ時には、軽自動車クラスで最高峰の安全・快適機能搭載となる可能性が高い。

特に、全車速対応のACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉が利用できるとあれば、軽自動車だけでなく、コンパクトカーのライバル車よりも優位に立てる部分と言える。

コンパクトカーでさえ、歩行者検知に対応していなかったり、追従機能付きのクルーズコントロールが付いていない車が大半なので、これらの機能を含んだ新型N-BOXは、これほど魅力な話はないだろう。

新型N-BOXのフルモデルチェンジに関しては、2017年8月31日に行われて同日発売されると見られている。

価格については、ホンダセンシング搭載にともなって5万~10万程度値上がりする可能性は高い。

上級車顔負けの先進装備を搭載することで、今後もナンバー1の地位維持を目指す。

次期N-BOXのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば、またお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  2. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  3. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  4. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  5. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  6. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  7. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  10. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る