新型ムーヴの2015年モデルは「ハイパー」グレードに注目

軽自動車の時代と言われて久しいが、その中でもトップレベルの人気を誇るダイハツのムーヴとムーヴカスタムがフルモデルチェンジされ、2015年モデルとして12月12日に発売された。

今回の新型ムーヴで6代目となるわけだが、安定した走行性能はさらに向上し、低燃費・低価格といった特徴は先代から引き継ぎ、さらに「ハイパー」という新しいグレードも追加され、ますます魅力的な車としての登場となる。


ダイハツ車の最新情報を更新中!

ダイハツの新型ムーヴ(2015年モデル)発売!「ハイパー」グレードに注目

move

一段と新しさを感じさせるフロントグリルが特徴のエクステリア。
そんな新型ムーヴだが、なんと、ムーヴカスタムに新たに「ハイパー」というグレードが追加された。

これがその「ハイパー」モデルである。

movo hyper

通常の新型ムーヴに比べて、格段の迫力とカッコよさが加わったエクステリア。
まさに軽自動車という枠におさまらない存在感を感じさせるデザインではないだろうか。

move3

特に印象的なのが、ダークに染まったルーフとフォグランプ周辺にわたって装備されているダーククロームメッキフロントグリルと呼ばれるハイパーモデル専用のフロントグリルだ。

夜になるとフォグランプのLEDイルミネーションがさらに存在感を高める役割を担っている。

他には、ドアハンドルのメッキ化や、リアコンビネーションランプにダークメッキアクセントがついているなど、プレミアム感を上手く演出させている。

また、インテリアも上質感あふれるものとなっている

move4

パンフレットでは、「高級感あふれる専用のインテリア」と謳っており、ダイハツの自信が伺える。

万全の装備

他には軽自動車初のTFT カラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載されるなど、もはやこれ以上ない贅沢な軽自動車といっても過言ではないだろう。

「ハイパー」モデルだけではなく、通常の新型ムーヴも含めて、走行性能も向上しており、静粛性が高まったことなども加えると、安定した走りをみせた先代モデル以上の乗り心地が期待できそうだ。

すでにネット上では多数の試乗レビューが書かれており、先代モデル以上に安定した走りを感じさせるものとなっているようだ。

新型ムーヴカスタムの「ハイパー」モデルは、コンパクトカーや普通車から軽自動車に乗り換えを躊躇しているユーザーにとっては、かなり背中を押してくれるデザイン・機能性を備えた車と言えるのではないだろうか。

ライバルのスズキが新型アルトを発売し、2015年にはターボRSモデルとして実質アルトワークスが復活するなど、勢いがとどまることのない軽自動車界。

alto turo

その怒涛の勢いの中で、今回の新型ムーヴがどのような評価を受けるのかが要注目である。

納期については、12月下旬の段階では2015年の2月までには可能と言う情報もあがっている。

この話題に対するVoice

・新型ムーヴかっちょえぇな。ここ最近の日本車ではダントツのデザインだと思う。

・新型ムーヴ意外にいいなあ

・新型ムーヴカスタムの特別なグレード 「ハイパー」 これまじでかっけー!!!

・ハイパーに本革とファブリックのコンビシートまで設定するなんてすごいな。

・新型ムーヴのCM曲、パーセルのアブデラザール組曲か
<Twitterより>

デザインに関してはかなり好評価の声が多数挙がっている。ハイパーモデルの注目度も高いようであり、2015年もムーヴが軽自動車の中で安定して人気を得ることは間違いなさそうだ。

今後のダイハツ車にも期待したい。

おすすめの記事