ノートe-POWERがマイナーチェンジ!プロパイロット代替機能のインテリジェント クルーズコントロール&インテリジェント LI採用

日産のノートe-POWERが2017年9月1日にマイナーチェンジをして新機能追加&新グレード追加された。

ノートは、2016年11月のビッグマイナーチェンジしたばかりで、ハイブリッドシステムのe-POWERを搭載。

ノートe-POWERは、”電気自動車のまったく新しいカタチ”としてCM等でアピールされ、瞬く間にアクア、フィットを上回る大ヒットモデルになったのは記憶に新しい所。

そんなノートe-POWERが一年経たない内に、先進機能等を追加する改良が行われた。

そこで今回は、2017年モデルの新型ノートe-POWERの最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

ノートe-POWERのマイナーチェンジ最新情報

ノートe-POWERの2017年の改良で注目内容となるのが、

  • 先進機能の充実
  • 新たなデザインスタイル

の2点となる。

ノートe-POWERにプロパイロット代替の先進機能追加!

ノートe-POWERで追加が期待されていたのがセレナやエクストレイルで搭載されている自動運転技術の「プロパイロット」。

しかしながら、ノートは設計が古いことからプロパイロット搭載は困難と思われ、次期モデルまでおあずけと思われた。

しかしながら、今回の改良で、プロパイロットよりも機能は落ちるものの実質代替となる先進装備が搭載されることとなった。

インテリジェント クルーズコントロール

インテリジェントクルーズコントロールは、他メーカーでいうところの追従機能付のアダプティブクルーズコントロール(ACC)であり、フロントガラス上部のマルチセンシングカメラを活用することで使用可能となった。

この機能を使用すると、アクセルを踏まなくても、前車と適切な車間距離を空けて自動で追従してくれるようになる。

ドライバーが設定できる車速については、約30~100km/hとなる。

つまり、約30km以上で走行中にこの機能が使用できるようになるわけだ※1

ちなみに、追従走行中の先行車が停止すると自車もそれに応じて停止するようになっている※2

※1高速道路や自動車専用道路での使用を想定

※2停止後はブザー音が鳴ってシステム解除されクリープ走行に移動

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

LDW(車線逸脱警報)に関しては、約60km/h以上で走行中に、車線からはみ出そうになるとブザー音とメーター内表示にて注意喚起をしてくれるシステムとなっている。

そしてインテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)に関しては、LDWで注意喚起されると共に、車を車線内に戻す方向へ短期間制御の力が働いて運転手に車線内に戻る操作をするように支援してくれる機能になる。

これは、フロントガラス上部設置のマルチセンシングカメラが車線を読み取ることで可能に。

以上の、

  • インテリジェント クルーズコントロール
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
  • LDW(車線逸脱警報)

の3つの先進機能追加によって、プロパイロットに近い内容が実現可能となった。

車線の中央を自動で走り、また車線からはみ出さないように制御してくれるレーンキープアシスト機能がない所がプロパイロットとの大きな違いとなりますが、現行型ノートでは今回の先進装備で限界と言えそうだ。

CMでは、自動運転化技術ICCとアピールされており、ノートe-POWERの販売力底上げが期待できると同時に、2017年6月にマイナーチェンジしてホンダセンシングを搭載した新型フィット対策効果も得られるだろう。

インテリジェント エマージェンシーブレーキの性能向上

また、フロント搭載のマルチセンシングカメラを活用する自動ブレーキシステムの「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能向上も図られている所も今回のポイントとなる。

踏み間違い衝突防止アシストの機能向上

さらに「踏み間違い衝突防止アシスト」に関しては、歩行者も作動の対応となり、作動速度域も約25km/hまで拡大されることとなった。

ハイビームアシストを標準装備化

ハイビームとロービームが自動で切り替え可能となるシステムの「ハイビームアシスト」が一部のグレードを除いて標準装備されることとなった。

以上の先進安全技術搭載によって、新型ノートe-POWERは経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している安全運転サポート車“セーフティ・サポートカーS”の「サポカーS・ワイド」に適合することとなる。

スポンサーリンク

ブラックルーフが特徴の「ブラックアロー」グレード追加

新型ノートe-POWERには、先進安全装備の充実化だけでなく、新グレードも設定。

その新グレードの名称は、「ブラックアロー」となる。

ブラックアローグレードの特徴としては、ブラックルーフが採用されており、その他には、

  • ドアミラー&アウトサイドドアハンドルをブラックアウト化
  • ダークメタリック塗装された15インチアルミホイール
  • ルーフトリムやピラー等がブラック化された内装トリム採用
  • 専用のフィッシャー類、シート&ドアトリムクロス

といった内容となっており、どこかツートンカラーを彷彿させるおしゃれでクール&スポーティなデザインが注目ポイントとなる。

<ノートe-POWERブラックアローの内装画像>

新型ノートニスモも同様の改良へ

ノートニスモシリーズに関しては、やや遅れて2017年10月17日に同様の改良が行われることになる。

SUVモデル「ノート クロスギア」も追加へ

そしてなんと、ノートのSUVモデルとも言える「ノート クロスギア」も2017年秋に発売されることが決定した。

ノートクロスギアは、アクアクロスオーバーに対抗するモデルになることが想定される。

※ノート クロスギアの詳細情報はこちらの記事を参照下さい
>>ノートSUVことノート クロスギアの詳細情報

SUVと言えば、他メーカーでは、【ハスラーワイドの最新情報】の記事で書いているようにスズキがハスラーを小型化させたハスラーワイドの導入や、マツダのCX-8なんかも大変注目が集まっている。

そんな中、ノートクロスギアは、アクアクロスオーバーと共にSUV風のコンパクトカーとして今後人気を得ることができるのかが注目ポイントとなる。

ノートe-POWERのマイナーチェンジ情報まとめ

e-POWERに加えて、自動運転化技術ICCを搭載することで、ノートは、さらなる人気獲得が予想される。

ただ、やはり期待したい本命は次期モデルのノート。

新型プラットフォームによる乗り心地改善はもちろん、最新バージョンのプロパイロット搭載や、新型リーフのEV技術投入等が予想できるため、相当クオリティの高い車になることが期待できる。

それだけに、現行モデルがいつまで今の人気を保つことができるのか注目だ。

>>ノートとどっちが良い?新型リーフの詳細情報

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダのアテンザセダン、アテンザワゴンがフルモデルチェンジに関する最新情報を今回お伝えする。 …
  2. 日産のミニバンの新型セレナにフルハイブリッドシステムとなるe-POWERが搭載される見通しだ。 …
  3. ホンダのインサイトが2018年に復活する、そんな可能性が浮上している。 2014年に販売終了を…
  4. トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされて…
  5. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  6. ホンダの次期ヴェゼルがフルモデルチェンジによってどのように進化するのか。 本記事では、次期ヴェ…
  7. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  8. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2018年内に行われると見られている。…
  10. スバルのレヴォーグが2017年7月にビッグマイナーチェンジを行いD型モデルが発売される。最新バージョ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る