ポルテ・スペイドがマイナーチェンジ!2015年7月に発売へ

トヨタ自動車のポルテスペイドが2015年7月1日にマイナーチェンジされることとなった。

現在の2代目となるポルテと初代のスペイドが発売されたのは2012年の7月であり、ちょうど3年というタイミングでのマイナーチェンジ実施となる。

今回はポルテ・スペイドのマイナーチェンジの最新情報を中心にお届けする。


ポルテ・スペイドがマイナーチェンジ!2015年7月に発売へ

porte
 

画像は現行型ポルテ
コンパクトカーなのに、室内空間が広く、ミニバンを彷彿させる機能性を持つことから「プチバン」という名称で親しまれているポルテとスペイド。

2015年のマイナーチェンジでは、主にデザインとエンジンが大きく変更される。

まず、デザインについてだが、新型ポルテに関しては、現在のイメージカラーである「エアグリーンパールクリスタルシャイン」が廃止される。

その代わりとしてアクアやヴィッツで採用されている「チェリーパールクリスタルシャイン」とポルテの特別仕様車 F“a la mode”の特別設定色の「スーパーブライトイエロー」が新たに設定されることになる。

aquapink
 

<参考>チェリーパールクリスタルシャイン
porte
 

<参考>スーパーブライトイエロー
特別仕様車の「a la mode」に関しては、「a la mode2」として新たに販売されることになる。

全体的なエクステリアのデザインとしてはほとんど変わらず、ドアミラーやラジエーターグリルの一部の変更にとどまる。

インテリアに関しては、シートの表皮のデザイン変更に加え、所々快適性を高めるために、助手席にはリッド付のグローブボックスが採用されるといった工夫が施されている。
現在のアクセントカラーであるオレンジがピンクに変更されている所にも注目だ。

また、人気のパッケージオプションに関しては、一部変更が加えられて、ロック時に自動でミラーが格納される機能や、ステアリングと運転席のシートにヒーター機能が加わったりといった、より快適性を高める内容になっている。

新型カローラと同様のエンジンを採用

corola
新型ポルテ・スペイドのエンジンに関しては、新型エンジンが採用されるとともに、現在需要の低い1.3ℓタイプについては廃止になる。

今回のマイナーチェンジによって新採用となるエンジンは、3月にビッグマイナーチェンジされた新型カローラに採用されている直列4気筒DOHCの1.5ℓの「2NR-FKE」が採用される。

アイドリングストップの機能が加わり、燃費に関してはJC08モードで、新型カローラフィールダーの23.0㎞/ℓに近い、22.0㎞を達成している。

新型ポルテとスペイドは、コンパクトカーのため、Toyota safety senseCの搭載が期待されるが、現時点ではまだはっきりとした情報は入っていない。

<追記>
新型ポルテ・スペイドにToyota safety senseの搭載はなかった。

2016年以降の年次改良にて搭載が行われると見られる。

ポルテ・スペイドのマイナーチェンジに対するVoice

・新型でタコメーターにならないかな。なったらカッコいいと思う。

・ポルテ・スペイドにハイブリッドって出ないの?

・Gモデルってコスパいいよな

・自動ブレーキついてほしい

・今回のMCで自動ブレーキ搭載は難しそう
<ネット上より>

ハイブリッドや自動ブレーキと言った最先端機能の搭載を望むユーザーは多いようだ。
いずれハイブリッドかダウンサイジングターボを搭載してくるはずなので、次のモデルチェンジに期待したい所だ。

<関連記事>
パッソのフルモデルチェンジが2016年に実施へ!新型ブーンも同時に登場

アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に!

ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジが2016年1月6日に!セーフティセンスC搭載へ

おすすめの記事