2017年11月21日 プリウスαのGRスポーツがG'sに代わってラインナップへ!マイナーチェンジ(一部改良)も

トヨタのプリウスαが2017年11月21日にG'sモデルをリニューアルする。

2017年から各車のG'sモデルは、GRブランドのものへと変更されることになるが、プリウスαに関しても、今回の改良から、G'Sモデルに代わってGRスポーツモデルへと変更されることになる。

同時に、マイナーチェンジ(一部改良)も期待したい状況となっている。

そんなプリウスα GRスポーツの注目部分をお伝えする。

2017年11月 プリウスα GRスポーツ誕生へ

まず、トヨタは、2017年9月19日にGAZOO Racingの新ブランドとなる「GR」を発表した。

このGRシリーズは、「GRMN」を頂点にして、

  • GRMN
  • GR
  • GR SPORT(スポーツ)
  • GR PARTS

という名称のモデル体系となる。

その中でもGRスポーツモデルがこれまでスポーツコンバージョン車シリーズとしてラインナップされてきたG'sモデルの後継モデルとなり、GRスポーツモデルは、主に外観や内装をスポーティな内容へと改良しつつも、パワートレインの大幅変更は行わずに気軽にスポーツドライブを楽しむモデルとしてラインナップされることとなる。

すでに、プリウスPHVやマークX、ハリアー、ノア・ヴォクシー等にすでにGRスポーツモデルが設定されているが、ここにプリウスαも加わることとなる。

プリウスPHV GRスポーツの外観デザインについては、台形の専用バンパーが特徴現在のG'sモデルのデザインのイメージから大きくは変わらない。

台形状バンパーは引き続き採用されるものの、ビレットグリル部分がスポーティなメッシュタイプになる見通し。

その他、ロゴ(エンブレム)に関してはもちろん、G'sからGRのものへと差し変わることとなる。

また、左右のリアバンパーにはアルミテープが付くといった所もG'sモデルとの違いになりそうだ。

プリウスα GRスポーツは、G'sのイメージはそのままにディテールを改善した実質G'sのリニューアルモデルと言えるだろう。

ボディサイズに関しては、

  • 全長4,665mm
  • 全幅1,775mm
  • 全高1,560mm

となっており、ベースモデルの全高に比べて15㎜低くなっている。

プリウスα GRスポーツの内装に関しては、インテリアカラーをブラックを基調として、

  • 専用スポーティシート(GRロゴ付)
  • 専用タコメーター(GRロゴ付)
  • GR専用パワースイッチ
  • 小径ステアリングホイール
  • アルミペダル

等といった装備を採用。

また専用加飾としてシルバースティッチをドアトリムやフロントシート等に装備されることとなる。

そして、専用チューニングサスペンション、ブレース、エアロが装備されるものの、パワートレインに関しては直列4気筒DOHC1.8Lエンジン+THS IIシステムという部分はベースモデルと同じに。

プリウスα GRスポーツの発売時期は?

プリウスα GRスポーツモデルに関しては、2017年11月21日に発表され、12月1日から発売される。

同時にトヨタセーフティセンスPを搭載

トヨタ自動車は、2017年度末までに全車に衝突回避パッケージの「トヨタセーフティセンス」を搭載させることを発表している。

それゆえ、プリウスαにもトヨタセーフティセンスの搭載の必要が不可欠となるため、今回のマイナーチェンジでトヨタセーフティセンスPが全グレードに標準装備される。

プリウスα GRスポーツの最新情報まとめ

プリウスαに関しては、次期モデルではエスティマとの統合が取りざたされており、今回のGRスポーツモデル導入が、現行モデル終了までの大きな支えとなるだろう。

次期プリウスαに関しては、【プリウスαのフルモデルチェンジ最新情報】の記事を参照していただきたい。

【関連記事】
>>プリウスのマイナーチェンジ情報!2018年実施へ

おすすめの記事