スカイライン V37のマイナーチェンジ最新情報!2017年12月20日にプロパイロット搭載、外観デザイン等の改良が有力

日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。

2014年2月に「さあ、日本のプレミアムを騒がそうか。」のキャッチフレーズでデビューし13代目スカイラインハイブリッドV37。

CIエンブレムには、日産ではなくインフィニティのものが採用されたことが話題となった。

そんなV37型スカイラインの海外仕様となるインフィニティQ50(Infiniti Q50)が、2017年にビッグマイナーチェンジが行って2018年モデルをすでに公開済みだ。

その内容としては、外観デザインの変更や、プロパイロット搭載といった大掛かりな改良となっている。

現時点では、スカイラインのマイナーチェンジの実施時期は、2017年12月20日が有力だ。

日本仕様は北米同様のマイナーチェンジが行われる見通しであり、東京モーターショー2017にて初公開されることが決まった。

そこで今回、スカイラインV37のマイナーチェンジについて注目の最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

スカイラインV37のマイナーチェンジ最新情報

マイナーチェンジする新型スカイラインの変更点について注目部分は、

  • 外観、内装デザインの変更
  • 新たな装備内容
  • 日本の発売時期

の3点となる。

スカイライン マイナーチェンジ後の外観デザインについて

スカイラインの今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの変更が行われることとなる。

その変更内容については、海外仕様のインフィニティQ50(2018モデル)を参考に解説する。

フロントビュー

マイナーチェンジ後の新型スカイライン(インフィニティQ50)フロントフェイスは、一見、改良前と同じイメージに見えるものの、細かい部分が変更されていまる。

まず、バンパーの形状を、改良前からは逆さとなる、台形デザインに変更。

フロントグリルに関しても、ややバンパ―寄りに大型化しているようにも見える。

フォグランプのあるダクトのデザインについても、真ん中部分にあったバーがなくなり、上下にメッキパーツを加飾する形に。

グリル、バンパー等のわずかな変更ではあるものの、マイナーチェンジ前よりもワイドなイメージへと変更され、新型インフィニティQ60(日本名スカイラインクーペ)寄りのデザインになったと言える。

サイドビュー

サイドビューに関しては、マイナーチェンジ前からの変更点は特にない。

リアビュー

今回の外観デザインの変更点で大きく変わったのがリアビュー。

リアコンビライトのデザインが、インフィニティQ70(日本名フーガ)と同テイストのデザインへと変更されることになった。

<引用:インフィニティQ50公式サイト

マイナーチェンジ前のリアコンビランプのデザインは、旧ブルーバードシルフィと同テイストのデザインだったが、フーガと同様のデザインになったことでよりインフィニティらしさのあるプレミアムなイメージへと変化している。

マイナーチェンジ前後を比較

ここで、デザインの比較をするためにも、マイナーチェンジ前後の画像を参考に紹介する。

<上がマイナーチェンジ前、下がマイナーチェンジ後の画像>

【フロントビュー】

【リアビュー】

どちらのデザインの方がお好みだろうか?

フロントに関しては、マイナーチェンジ前のデザインの方がスタイリッシュに見えるが、リアに関しては、コンビランプデザインの変更の影響もあってか、マイチェン後の方がスマートな印象を受ける。

※その他、外観等の詳しい画像を見たい場合は以下のインフィニティQ50公式サイトを参照いただきたい

>>新型インフィニティQ50公式サイト

スポーツタイプの「Red Sport 400」

インフィニティQ50の2018年モデルには、V型6気筒 3.0リッターツインターボエンジンを搭載する「Red Sport 400」モデルがラインナップされている。

<Red Sport 400>

デザインに関しては、フォグランプ下部分とサイドミラーをブラックアウト化させることでスポーティな印象を演出。

<搭載エンジンのスペック>

最高出力400PS/6400rpm

最大トルク350lb-ft/1600-5200rpm

日産製のV63リッターツインターボ搭載という魅力的なモデルではあるものの、日本仕様の新型スカイラインへのラインナップに関しては未定。

スカイライン マイナーチェンジ後の内装デザインについて

内装デザインに関しては、今回のマイナーチェンジでは、ほとんど変更されていない。

ちなみに、この画像が「Red Sport 400」モデルの内装ということから、レッドスティッチが所々入っている。

スポンサーリンク

新型スカイライン その他の変更点の注目ポイント

日本仕様の新型スカイラインのマイナーチェンジで搭載されるか否かを注目すべきポイントは以下の通りだ。

歩行者検知対応の自動ブレーキ搭載について

⇒現在のスカイラインにはミリ波レーダー方式のエマージェンシーブレーキが搭載されているが、歩行者検知には対応していない。

近年は、自動ブレーキに歩行者検知対応は当たり前になりつつあるため、今回のマイナーチェンジで対応されるかどうかが注目ポイントの一つとなる。

ALC(アクティブレーンコントロール)の全車速対応について

現在、車線から、はみ出ないようにサポートするLDP(車線逸脱防止支援システム)に加え、70km/h以上での走行時に、自動で安定して直進して走行できるようにステアリング操作をサポートするシステムのALC(アクティブレーンコントロール)が搭載されている。

このALCが、70km/h以上ではなく、全車速域にて対応されるかどうかが注目点となる。

これは、プロパイロット採用によって、実用化されると予想する。

※海外仕様のインフィニティQ50ではプロパイロット導入が発表されている

ダイレクトアダプティブステアリングが第2世代になるかどうか

次世代ステアリング技術として注目を集めたダイレクトアダプティブステアリング。

<ダイレクトアダプティブステアリングとは?>

ステアリングの動きからドライバーの意図を読み取り、ドライバーのステアリング操作を電気信号に置き換えてタイヤを動かし、タイヤ角度とハンドル角度、操舵力を独立して制御するテクノロジー

<引用:日産公式サイト>

クーペタイプのインフィニティQ60では、第2世代となるダイレクトアダプティブステアリングが採用されており、ステアリングの応答がドライバーの好みに合わせて調整できるようになったり、第一世代よりも自然なステアリングフィールドが実用化されている。

新型スカイラインには、ダイレクトアダプティブステアリングが第2世代にアップデートされるのかどうかが注目ポイントとなる。

ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)について

第2世代ダイレクトアダプティブステアリング同様に、インフィニティQ60に採用されたダイナミック デジタル サスペンション(DDS)が新型スカイラインにも追加されるのかどうかも注目ポイントの一つに。

ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)は、運転手の好みとなるサスペンションセッティングに調整することができる所が特徴となっている。

スカイライン マイナーチェンジの実施時期は2017年12月20日

日本仕様のスカイラインハイブリッドのマイナーチェンジの実施時期は、2017年12月20日が有力だ。

少なくとも、2018年度までには発売される可能性が高い。

まずは、2017年10月に開催される東京モーターショー2017で何らかの情報公開が期待される状況。

マイナーチェンジ後の価格については、先進装備充実もあり、10万円程度の値上げを予想する。

ちなみに、海外モデルの新型インフィニティQ50の価格は、こちらのインフィニティ公式サイトにて確認することができる。

>>新型インフィニティQ50の価格を確認する

日本仕様の新型スカイライン

東京モーターショー2017にて、日本仕様のマイナーチェンジ後の新型スカイラインが公開されることが決定した。

その一部画像がすでに公開されている。

<日本仕様の新型スカイライン>

この日本仕様のデザインは、北米仕様のRed Sportモデルと同様のデザインとなっているが、同じく北米使用のラグジュアリータイプのデザインも採用されるのかに注目だ。

そして日本仕様の内装画像がこちらだ。

内装に関しても北米仕様とほぼ同じだ。

電動パーキングの搭載がされていないことも伺える。

スカイラインのマイナーチェンジ最新情報

V37スカイラインは、充実した先進装備搭載がデビュー時の売りの一つだったが、今回、プロパイロット導入等でさらなる先進化が期待できる。

今やスカイラインと言えば、トヨタのクラウンと肩を並べる存在となりましたが、【クラウンのフルモデルチェンジ最新情報】の記事で記載したように、クラウンは2018年に次期モデルを投入の見通しだ。

また、その他セダンの動向については、【次期フーガ】【次期アテンザ】【新型レガシィB4】の記事を参照いただきたい。

日本国内のプレミアムセダンとして定着しつつあるスカイラインだが、今回のマイナーチェンジでさらに磨きがかかり、注目を集めることとなるだろう。

なお、次期モデルのV38型スカイラインについては、【次期スカイライン(V38)のフルモデルチェンジ情報】の記事にて最新情報を基に詳しい予想情報を記載しているので、そちらもあわせてお読みいただきたい。

新しい情報が入れば、またお伝えする。

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダのアテンザセダン、アテンザワゴンがフルモデルチェンジに関する最新情報を今回お伝えする。 …
  2. 日産のミニバンの新型セレナにフルハイブリッドシステムとなるe-POWERが搭載される見通しだ。 …
  3. ホンダのインサイトが2018年に復活する、そんな可能性が浮上している。 2014年に販売終了を…
  4. トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされて…
  5. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  6. ホンダの次期ヴェゼルがフルモデルチェンジによってどのように進化するのか。 本記事では、次期ヴェ…
  7. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  8. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2018年内に行われると見られている。…
  10. スバルのレヴォーグが2017年7月にビッグマイナーチェンジを行いD型モデルが発売される。最新バージョ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る