スバル 新型グローバルSUV

スバルは、「第89回ジュネーブ国際モーターショー」にて新たなコンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」を世界初公開した。

今回は、ヴィジヴアドレナリンコンセプトの内容についてお伝えする。

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPTは次期XVのコンセプトかと思いきや…

公開されたSUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPTの画像がこちらだ。

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリンコンセプト)

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリンコンセプト)

今のスバルのデザインアイデンティティである「DYNAMIC x SOLID」を進化させた「BOLDER」という考え方がこのコンセプトから取り入れられている。

ボディサイズは、全長4,490mm×全幅1,900mm×全高1,620mmとなっている。

次期レヴォーグのコンセプトと思われる「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」とやや似た、新しい形状のコの字型ランプが採用されている所が特徴だ。

特徴としては、黒い樹脂製のプロテクターがふんだんに活用されている所だ。

トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを彷彿させるクーペスタイルが印象的である。

次期XVのコンセプトと言われても違和感がないが、次期XVのコンセプトを出すにしては登場が早すぎる。

何よりもスバルは今後新型のグローバルSUVを投入すると発表していることから、XVと別物のSUVとして発売される可能性が高い。

新中期経営ビジョン「STEP」で掲げられたGLOBAL戦略SUVか

出典:スバル

ここで思い出すのが、新中期経営ビジョン「STEP」で掲げられた新型車種のGLOBAL戦略SUVの存在だ。

今回の「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリンコンセプト)」は、このGLOBAL戦略SUVの可能性が高いと筆者は予想する。

スバルは、XVとは別キャラクターの小型クーペSUVをラインナップか

最近は、レクサスからUX、マツダからCX-30というように各メーカーは、新型の小型クロスオーバーSUVを投入している。

細い道路の多い日本市場ではなおさら小型クロスオーバーSUVは、特に売りやすい存在だ。

SUV人気が高まって顧客にプッシュしやすい現在、あらゆる形のSUVを導入するのは当然だろう。

そんな中、スバルがXVとはキャラクターの異なる小型SUVをラインナップさせるのは不思議ではない。

実用性重視のXV、デザイン重視の新型SUV(ヴィジヴ アドレナリンコンセプトの市販モデル)といった棲み分けが行われると予想したい。

新型SUVの発売時期に関しては、先程の新中期経営ビジョン「STEP」の図を見る限り2023年前後の可能性が考えられる。

この時期には、XVもフルモデルチェンジがもう一度行われているはずだ。

XVが次の全面改良でさらに大型化して、新型SUVがかつてのXVポジションを担うというケースも予想できるだけに、今後の動向に注目したい。

おすすめの記事