新型スープラが2019年に日本発売か。価格は400万前半スタートの見通し

かつてトヨタ自動車が2002年まで発売していたスポーツカーのスープラがBMWとの共同開発にて復活することとなった。

実質5代目へとフルモデルチェンジする次期スープラは2018年に発表され、2019年上半期に日本発売される見通し。

今回は、新型スープラのフルモデルチェンジに関する最新情報を記載する。

スポンサーリンク

新型スープラはBMWとの共同開発にて2019年に待望の復活へ

実は、新型スープラ復活の機運は2014年から始まっていた。

そのきっかけは、2014年1月に開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)でトヨタが発表したコンセプトカー「FT-1 コンセプト」だ。

そのFT-1コンセプトのトヨタUSAの公式動画がこちらだ。

そして復活の決定打となったのが、スープラの商標登録。

2014年2月にトヨタは米国特許商標庁に「スープラ」の名称を商標登録したことに加え、2016年6月3日にEUIPO(欧州連合の知的財産庁)でもスープラを商標登録したことが判明している。

そんな新型スープラのワールドプレミアに関しては、早ければ2017年秋に開催予定の東京モーターショー2017、遅くとも2018年1月開催予定の北米国際自動車ショーにて公開される見通しだ。

東京モーターショー2017には、ホンダの次期S2000とマツダのRX-9のプロトタイプといった新型スポーツカーが公開される見通しであり、そこに次期スープラ登場となれば、まさに東京モーターショー2017は、高級スポーツカーがメインとなることは間違いだろう。

そんな次期スープラは、実はBMWと共同開発となる。

新型スープラ BMW Z4との兄弟車へ

BMWのスポーツカーであるZ4は、現在2009年にデビューした2代目が発売されているが、これの最新モデルと新型スープラが兄弟車種として開発されているのだ。

ちなみにBMW Z4の次期モデルに関しては名称がZ5になるという情報もある。

それに伴って、エンジン、アンダーフロアは両車共有化されることとなる。

共同開発にともなって分担される役割としては、トヨタがデザイン、足周りのチューニングとアッパーボディ、ハイブリッドシステムを担当し、プラットフォーム、シャシー、生産に関してがBMWの担当となっている。

デザインを担当するトヨタだが、具体的には北米のデザイン拠点である「Calty(キャルティ・デザイン・ リサーチ)」が担当することとなる。

スポンサーリンク

新型スープラのパワートレインに関して

TOYOTA FT-1

画像はTOYOTA FT-1

まず、新型スープラのパワートレインに関しては、2.0ℓターボエンジンと3.0ℓターボエンジンの2グレードが用意されることとなる。

2.0ℓターボエンジンに関してはBMWの2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンが提供される見込みであるものの、レクサスのNX、GS、IS、そしてクラウンアスリートに搭載されているトヨタ製の8AR-FTS型が採用されるという情報もあり、これに関しては続報を待ってほしい。

3.0ℓターボエンジンに関してはBMWから提供され、3.0L直列6気筒ターボエンジンが採用される見込みとなっている。

そして、ハイブリッドシステムとしては、トヨタの2.5L直4ターボエンジンにモーターを組み合わせたものが採用される。

ボディサイズに関しては、全長4380mm、全幅1860mm、全高1230mm、ホイールベース2480mmになる見通しだ。

また、新型スープラのプラットフォームに関しては、現行型のBMW Z4のものをベースしたものではなく、BMW i8プラグインハイブリッド

そしてシャーシに関しては、コードネームで「Silk Road」と呼ばれるFR専用シャシーが、BMW主導の元で開発されている所だ。

新型スープラの価格に関して

新型スープラの価格に関しては、2.0ℓターボエンジンモデルが400万円前半スタートとなり、3.0ℓターボエンジンの最上級モデルでは700万以下におさまると見られている。

これは、次期BWM Z4(Z5)よりも2割程度安くなる見込みだ。

トヨタ86の上級モデルとして登場する新型スープラの存在は、スポーツカー好きのユーザーからするとかなり気になる次世代スポーツカーになるのは間違いないだろう。

欧州でのスープラ名の商標登録がされるなど、徐々に新型スープラの存在が表に出つつあるが、これからワールドプレミアされる2018年に向けて徐々に詳細が明らかになってきそうだ。

ちなみに、新型スープラの発売時期に関しては、2018年の末に北米で発売され、その後、2019年の3月頃に日本発売される見通しだ。

新型スープラを含め、ホンダの新型NSX、次期S2000、マツダのRX-9、日産の次期GT-R等々、2018年を皮切りに各車のスポーツカーの世代交代が一気に進むことになりそうだ。

新型スープラについて最新情報がはいれば、またお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  2. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  3. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  4. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  5. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  6. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  7. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  10. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る