新型スイフトのフルモデルチェンジは2017年1月4日!次期スイフトスポーツの最新情報についても

スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月27日に発表した。

元々、次期スイフトは、元々2016年内にてワールドプレミアされる見込みだったが、2016年5月の燃費測定不正問題が影響して2017年にずれ込むこととなったという経緯がある。

今回、スズキの新型スイフトと次期スイフトスポーツのフルモデルチェンジに関する最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

スズキ車の最新情報を更新中!

スズキのスイフトとは?

<画像は初代スイフト>

スズキのスイフトは初代モデルが2010年9月と6年以上前に発売したにも関わらず根強い人気のあるコンパクトハッチカーであり、欧州車にも引けを取らないスタイリッシュなデザインの評価も高い。

スムーズな加速を実現させる1.2ℓデュアルジェットエンジンの走行性能の高さ等からスイフトはスズキの技術力の高さを誇る看板商品となっている。

また、よりスポーティな走行を楽しめ、アグレッシブなスタイルの「スイフトスポーツ(スイスポ)」というスポーツ仕様のモデルも存在し、1.6ℓエンジンにクロスレシオ化された6速MTも設定されており、心地よいエンジンのレスポンスを味わえると人気だ。

価格が100万円代とリーズナブルな設定にも拘わらず、デザインや走行性能の評価も高いことから次期スイフトに関するユーザーの期待度は非常に高い。

ますは、ノーマルモデルの新型スイフトが2017年1月4日が発売され、そして数か月遅れて次期スイフトスポーツがフルモデルチェンジする予定となっている。

次期スイフトの最新情報について

ここからは、次期スイフトに関する情報をモデルチェンジ前から出ていた情報を含めて時系列に紹介する。

かつては3月に発売されたバレーノが海外で発表された時に、バレーノこそ日本版の次期スイフトのことではないかと噂されたこともあったが、実際には日本でもスイフトではなく、バレーノとして発売された。

そして、初めて次期スイフトに関する情報が出たのは2016年3月の頃だった。

その内容は、次期スイフトスポーツのモックアップ画像が海外の自動車メディアによってリークされたというものだ。

モックアップ画像だけではなく、スパイショット画像も出始めている。

次期スイフトスポーツのモックアップ画像とスパイショットが海外よりリーク

これが海外メディアによってリークされたフルモデルチェンジ後の次期スイフトスポーツの画像だ。

次期スイフト リーク画像
次期スイフト リーク画像2
次期スイフト リーク画像3
一目でスイフトの後継車と分かるデザインであるが、サイドからリアにかけてのデザインは、クーペ調のスタイルになっているように感じさせられる。

特に目を引くのが6角形の大型フロントグリル。

まるでトヨタやアウディのスピンドルグリルを彷彿させられるものだ。

フロントサイドの大型化されたエアインテークによって、強い存在感を引き立てているようにも見える。

また、次期スイフトの内装(インテリア)画像についてはこちらになる。

次期スイフト インテリア リーク画像
現行型スイフトのインテリアから一新して、かなり上質感漂うデザインになっていることが伺える。

また、モックアップ画像だけではなく、その後、次期スイフトと見られるスパイショットの画像に関しても出始めた。

次期スイフト スパイショット
次期スイフト スパイショット2
001
002
003

フルモデルチェンジした新型スイフトの詳細内容について

2016年12月27日にスズキから正式にスイフトのフルモデルチェンジの発表が行われ、新型スイフトの具体的な内容が明らかとなった。

まずは、新型スイフトのデザインから見ていこう。

<新型スイフトのエクステリア>

フルモデルチェンジした新型スイフトのエクステリア(外観)画像がこちらだ。



2016年3月に出回った次期スイフトスポーツのモックアップ画像と比べると、グリルの幅がおとなしい印象となっているが、ノーマルモデルとスポーツモデルの違い故と思われる。

全体的に先代スイフトを正当に進化させ、アグレッシブなグリルデザインを採用することで新型スイフトは、今風のスタイルになったと言える。

また前後灯火類に、LEDランプを採用しており、さらにリヤドアハンドルをCピラーガーニッシュに配置することで、2ドアクーペのようなスタイリッシュなサイドビューを演出。

新型スイフトのボディカラーには、

  • バーニングレッドパールメタリック
  • スピーディーブルーメタリック
  • クラッシーブラウンメタリック
  • スーパーブラックパール
  • スターシルバーメタリック
  • ネオンブルーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ヘリオスゴールドメタリック
  • プレミアムシルバーメタリック

の全9色を設定。

その中で新色となるのは、「バーニングレッドパールメタリック」と「スピーディーブルーメタリック」の2色になる。

<バーニングレッドパールメタリック>

<スピーディーブルーメタリック>

<新型スイフトのインテリア>

次に新型スイフトのインテリア(内装)画像がこちらだ。

メーター中央には、視覚的にわかりやすい高精彩4.2インチ大型カラードット液晶となるマルチインフォメーションディスプレイを装備。

そしてフロントシートには、質感が高くホールド性のあるスポーティーなシートが採用されている。

新型スイフトに新世代プラットフォーム採用

フルモデルチェンジ後の新型スイフトには、スズキ新世代のプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されている。

この「HEARTECT(ハーテクト)」は、軽量化と高剛性の両立が大きなポイントとなっており、広々とした居住性と積載性の両立を実現させている。

その恩恵を受けて、新型スイフトでは、従来モデル比で120kgの軽量化という徹底的な軽量化を実現させている。

また、走行性能だけでなく燃費性能向上にも貢献。

さらによりスポーティで高い走行性能を実現させるためにも、新設計されたサスペンションも採用されている。

スポンサーリンク

新型スイフトのパワートレーンについて

新型スイフトのフルモデルチェンジ後のパワートレインについてだが、

  • マイルドハイブリッド
  • K12C型デュアルジェット エンジン
  • K10C型ブースタージェット エンジン

と3つのモデルが存在する。

マイルドハイブリッドモデルについては、スズキ独自となる1.2リッターエンジンにISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを採用。

<ISG>

アイドリングストップ後のエンジン再始動や減速時のエネルギー回生をISGが行なうことで低燃費化が図られており、マイルドハイブリッドモデルの燃費性能については、JC08モードで2WD車で27.4km/Lとなっている。

1.2L自然吸気のK12C型デュアルジェットエンジン搭載モデルのスペックについては、

  • 最高出力67kW(91PS)/6000rpm
  • 最大トルク118Nm(12.0kgm)/4400rpm
  • JC08モードで24.0km/L(2WD)

となっており、トランスミッションはCVTと5速MT、駆動方式は2WD(FF)と4WDの2つが用意されている。

<K12C型デュアルジェット エンジン>

直列3気筒 1.0リッター直噴ターボエンジン搭載モデルに関してのスペックは、

  • 最高出力75kW(102PS)/5500rpm
  • 最大トルク150Nm(15.3kgm)/1700-4500rpm
  • JC08モード20.0km/L

となり、6速ATを組み合わせて、駆動方式は2WD(FF)となる。

<K10C型ブースタージェット エンジン>

新型スイフトにスズキ最先端の安全装備

新型スイフトには、スズキ最先端の安全装備が採用されることとなった。

そのシステムは、新型ソリオ等で採用されている「デュアルカメラブレーキサポート」ではなく、新たに開発された単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減システムの「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」となっており、これはスズキ車初の搭載となる。

その他、新型スイフトの安全快適装備としては、

  • 誤発進抑制機能(5MT車を除く)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能
  • SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)

が採用されている。

ちなみに、ACCについては全車速対応ではなく、約40km/h~約100km/h内で使用可能な仕様となっている。

新型スイフト フルモデルチェンジ後の価格について

新型スイフトの価格は以下の通りとなる。

機種名 エンジン 駆動 変速機 燃料消費率
JC08モード走行
(km/L)
エコカー減税
(取得税/重量税)
価格(円)
XG 1.2L
DOHC
吸排気VVT
2WD 5MT 23.4 40%/25% 1,343,520
CVT 24.0 60%/50% 1,343,520
4WD 22.8 20%/25% 1,497,960
XL 2WD 5MT 22.6 20%/25% 1,463,400
CVT 24.0 60%/50% 1,463,400
4WD 22.8 20%/25% 1,617,840
HYBRID
ML
1.2L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD 27.4 80%/75% 1,625,400
4WD 25.4 60%/50% 1,779,840
RS 1.2L
DOHC
吸排気VVT
2WD 5MT 22.6 20%/25% 1,594,080
HYBRID
RS
1.2L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD CVT 27.4 80%/75% 1,691,280
4WD 25.4 60%/50% 1,845,720
RSt 1.0L
DOHC
吸気VVT
直噴ターボ
2WD 6AT 20.0 1,704,240

[スズキニュースリリースより]

次期スイフトスポーツについて

最後に、次期スイフトスポーツについて。

次期スイフトスポーツには、1.4ℓの直4直噴ターボのブースタージェットが搭載される。

トランスミッションは、6速MT、6速ATの2つが設定される。

次期スイフトは、よりスポーティな路線でバレーノとの差別化が図られると思われるが、デザイン・性能共にかなり期待できそうだ。

次期スイフトの発表が行われるのはジュネ―ブモーターショー2017の可能性が高く、2017年春~夏には発売が見込まれる。

スイフトスポーツのフルモデルチェンジに関する新しい情報が入ればまたお伝えする。

スズキ車の最新情報を更新中!
スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

<次期スイフトに対するVoice>

・現行モデルの最終型か、次期スイスポを買うべきか迷うな

・内装中々よさげだな

・クルコンや自動ブレーキはどうなるのだろうか

・1.4ℓターボが本当なら嬉しい

・欧州車っぽくてかっこいい

・この際、ランエボやインプを目指してほしいな
<ネット上より>

<関連記事>
日産 次期マーチのフルモデルチェンジは2016年末。SWAYがコンセプト!

次期フィットのフルモデルチェンジは2019年!ターボとi-MMDを採用か

<参考リンク>
スズキ スイフト公式ページ

関連記事

コメント

    • 飛燕
    • 2016年 4月 17日

    フロントはトヨタ、リアはスズキ、足周りはスバルな感じに見える。
    情報が漏れないスズキから画像流出はちょっと考えられない。
    本当にこれが次期スイフトなら、現行モデルを購入かな…

    • やまんちゅ
    • 2016年 5月 12日

    イグニス顔で出してくれたら買いかな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  2. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  3. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  4. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  5. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  6. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  7. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…
  10. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

新車購入カタログ


<楽天>

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る