新型シルフィがビッグマイナーチェンジで2016年に日本発売か?セントラはすでにMC済み

日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。

今回のビッグマイナーチェンジでは、単にエマージェンシーブレーキの追加といった内容だけではなく、外観が新型マキシマのようにVモーショングリルが採用となっている。

フルモデルチェンジ並に全体的にかなり大幅な改良がされることが北米日産の上級副社長のインタビューから判明した。

<追記>
新型セントラ(日本名シルフィ)のスパイショットが発覚した。

<追記2 2015.11.20>
11月18日(日本時間11月19日未明)にアメリカのロサンゼルスモーターショー2015にて新型セントラが公開された。

新型セントラ

詳細は記事後半にて記載済み

<追記3 2016.4.1>
新型シルフィの日本発売に関しての内容を本記事後半いて追記。

スポンサーリンク

<新型シルフィがビッグマイナーチェンジにて2015年末登場へ>

今回のシルフィのビッグマイナーチェンジが判明したのは、北米日産の営業&マーケティング担当副社長であるフレッドM・ディアス氏が海外のインタビューにて2015年の秋に新しいセントラ(日本名シルフィ)でコンパクトセダン界で勝負をしかけると話したことがきっかけである。

インタビューでは、新しいスタイルと最新の技術をセントラ(シルフィ)に投入することが話された。

 

<フルモデルチェンジ並の進化へ>

syphy
<画像は現行型シルフィ>
さらに、フレッドM・ディアス氏は、新しいセントラ(シルフィ)は、「信じられないほど新たなものになるだろう」と話しており、単なるマイナーチェンジではなく、実質フルモデルチェンジ並の進化を遂げることを彷彿させられる。

実は、米国ではセントラ(シルフィ)の販売はかなり好調であるのだが、それでも今回大幅な改良に至った理由としては、ライバル社の動きが大きく関係しているのだとか。

トヨタのカムリが昨年大幅なマイナーチェンジを実施したことや、ホンダの新型シビックが登場したことで、好調である現状を楽天的に見ず、さらなる躍進を考える必要があるようだ。

<Vモーショングリル採用が確定>

maxima
デザインが大幅に見直されるという点から見て、新型シルフィでは近年の日産のデザインの象徴となっているVモーショングリルの採用はほぼ確定している。

2015年後半から2016年に登場する予定の、ティアナの米国モデルであるアルティマの新型モデルには、Vモーショングリルが採用されることがすでにスパイショットでも判明しており、姉妹車であるセントラ(シルフィ)にも採用されるのは自然だと筆者は考えている。

V-モーショングリル採用のセダンと言えば、新型マキシマやラニアがあるが、どちらかと言えば、マキシマのコンパクト版というイメージになると予想したい。

(2015年11/20追記):実際にはマキシマではなくアルティマのコンパクト版
という形になった。

<新型マキシマ>マキシマ

<ラニア>
日産ラニア
 

ラニアについては、以前、日本ではブルーバードとして発売されるのではという噂に関する記事を書いたが、新型シルフィがマキシマのように斬新なデザインになるのであれば、ラニアが日本で発売する可能性は低くなりそうだ。

日産ラニアをブルーバードとして日本で発売する可能性

<ターゲットを若者にも?>

主に60代前後のユーザーがターゲットと思われがちなシルフィであるが、海外では、20~30代のユーザーに売れている国もあり、一概と高年齢層向けセダンとは言えないシルフィ。

新型シルフィにて、大胆なVモーショングリルを採用し、スポーティな外観に変更することで、日本でも若者ユーザー向けにターゲットを広げることができそうだ。

ただ、一部、王道セダンのデザインを好む傾向のある従来の高年齢層のユーザーが離れないかどうかが懸念である。

しかし、あのトヨタのクラウンさえも現行モデルになってからデザインを大胆に変更したことから、もはやデザインの変化に関しては時代の流れというべきだろうか。

crown
カモフラージュされていることからハッキリとは分からないが、Vモーショングリルが採用されているように見える。

またヘッドライトについても、新型マキシマ、新型アルティマ(日本名ティアナ)とほぼ同様のブーメラン上のデザインが採用されていることが伺える。

エアインテークがハニカム形状となっている点も見逃せない。

リアについては、ほとんど現行型と変わらず、クリアレンズの形状が変更されているなどわずかな変更に留まっている。

スポンサーリンク

<追記2 新型セントラ公開!>

ロサンゼルスモーターショー2015にてついに新型セントラの姿が公開された。

それがコチラだ。

新型セントラ2016(シルフィ)
新型セントラ2016リア
ほぼスパイショット通り、Vモーショングリルやブーメラン型のヘッドライトが採用となった。

ちなみに、発表時や走行シーン動画も公開された。

ビッグマイナーチェンジの名にふさわしく、かなり大幅にイメージチェンジが図られている。

全体的なデザインを見ると、すでに発表されている新型アルティマ(日本名ティアナ)をよりコンパクトにしたものとなっており、現行モデル同様、アルティマとセントラとの姉妹関係を感じさせる両社の統一したデザインは継承されることとなった。

<新型アルティマ>
参照記事
⇒新型ティアナのマイナーチェンジ最新情報

またインテリアに関しても機能性や質感の向上が図られた。

シート生地、シフトレバーやステアリングの変更、そしてエルグランドやエクストレイルにも採用されている5.0インチの「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が採用となったことで、より快適に運転ができるようになった。

セントラ

安全機能としては、ブレーキアシストする「エマージェンシーブレーキ」、後方車両を検知しドライバーに注意を促す「ブラインドスポットワーニング」、そして「インテリジェントクルーズコントロール」が採用される等、現行モデルに比べてかなり充実した装備がされた。

これで、かなりアルティマ(ティアナ)に機能的に追いついたと言える。

あくまでこれは北米版の仕様であるが、日本版の新型シルフィにもほぼ同じものが採用されることとなりそうだ。

<2016.4.1追記 新型シルフィの日本発売は中国モデルの動向を参考に>

日本発売に関しても、2015年度内に実施されると見られていたが、2016年現4月現在、未だに発売される動きは出ていない。

姉妹車であるティアナを含めて日産の主要車のほとんどが自動ブレーキのエマージェンシーブレーキが搭載されていく中、シルフィに関しては未だにエマージェンシーブレーキが搭載されていないという異例の事態となっている。

これはセダン不況とも言われる日本での戦略が難航しているとも考えられるが、そもそもシルフィ・セントラを含めて現行型を世界で初めて公開した場所である中国でさえ、現時点でマイナーチェンジが実施されていないことを考えると、日産のセダン車に対する戦略が立て直しを図られている可能性が高いと思われる。

いずれにしても、新型シルフィの日本発売は、中国版シルフィがマイナーチェンジした後に実施される可能性が高く、2016年内にはなんらかの発表があるはずだ。

前身はブルーバードであったシルフィが日本で廃盤となることは考え難いが、中国で発売された新型セダンのラニアが新生ブルーバードとして登場する可能性も否めないため、先行きは不透明だ。

⇒日産 ラニアをブルーバードとして日本で発売する可能性

ただ、最大のライバルであるトヨタのアリオン・プレミオが2016年6月にビッグマイナーチェンジを実施することから、シルフィに対しても何らかのアクションがあることを期待したい。

⇒アリオン・プレミオのモデルチェンジが2016年に!トヨタセーフティセンス搭載か

北米版のシルフィことセントラの新型では、現行型よりもよりスポーティに手直しされたデザインであるが、上質なコンパクトセダンという位置づけのブルバードシルフィの後継車の役割を持つ日本でこのデザインが果たして採用されるのか、日本版独自のものについても正式な発表に注目だ。

筆者としては、現行型シルフィのパーキングブレーキレバーが海外仕様のままセンターコンソールの左にあることが気になっているので、是非とも新型では右に移動されていることを願う。

また、新たな情報が入ればお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

シルフィに対するVoice

・最近、シルフィをよく街で見かけるようになってきたけど、乗り換える人が増えたのかな?

・新型カローラが良さげなだけに、シルフィのMCはまだかな

・パーキングブレーキの位置が気になる

・ティアナにするかシルフィにするか迷う

北米で2015年後半に新型セントラが発売されることを考えると、その日本版であるシルフィの発売時期は、2015年末~2016年初めになるだろう。

ただ、日産はエマージェンシーブレーキを2015年秋までに主要量産モデルへの標準化を完了させると発表していることから、その秋に合わせて、日本でも2015年秋にシルフィのマイナーチェンジが行われる可能性はあると見ていいだろう。

同時期にマツダのアクセラもマイナーチェンジをする予定であり、2015年の後半はコンパクトセダンが熱い時期になりそうだ。

<関連記事>
新型セレナのモデルチェンジは2016年!自動運転技術「パイロットドライブ 1.0]が日産初採用

日産 次期マーチのフルモデルチェンジは2016年末。SWAYがコンセプト!

日産ノートハイブリッドが2016年発売!マイナーチェンジも同時に実施へ

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  2. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  3. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  4. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  5. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  6. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  7. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  10. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る