タイヤのひび割れは車検で大丈夫なのか?スリップサインに注意

タイヤのひび割れがある時に気になるのが車検の存在。

車検は、2年に1度(新車購入の場合は初めだけ3年)受けることが日本の法律で義務付けられているため、家計を逼迫させないためにもできれば穏便に済ませたいものだ。

しかしながらふと、車をチェックすると想像非常にひび割れをしていたりスリップサインがついていることも少なくない。

そこで、タイヤのひび割れは車検でどこまで問題となるのかをチェックしてみよう。

タイヤのひび割れは車検でどう響くのか

タイヤ

車検でタイヤに関してチェックされやすいのが、まずスリップサインの有無

スリップサインとは、1.6mm以下のタイヤの溝が出来たときに、出てくる警告サインを意味する。

このスリップサインが出ているかどうかでタイヤが正常な状態かどうかを判断することができる。

<スリップサインの確認方法>

では、スリップサインの確認方法だが、車のタイヤには、所々小さな三角マークが刻まれている。

通常は、この三角マークのまっすぐ延長上に溝があればOKだ。

しかしながら、三角マークの延長上が平らになっている場合は、タイヤが限界状態にきてスリップサインが出ていることを意味する。

スリップサインが出ている状態だと、タイヤがスリップしやすいという危険性や車をストップするまでの距離が長くなるといった恐れがあるため、タイヤの交換の必要性が出てくる。

スリップサインが出てしまうと、道路運送車両の保安基準を満たしていないとして車検では通りにくくなる。

なので、車検前には、タイヤの溝が1.6㎜以下でないかどうか、スリップサインが出ていないかどうかを目視でチェックしておこう。

<タイヤのひび割れの判断>

そしてタイヤのひび割れ(クラック)についてだが、車検ではひび割れに関する明確な規定があるわけではない。

細かいひび割れ、ぽつぽつある程度なら問題なしとされることも多く、ひび割れどうしがくっ付いたり、混じり合ったり、長くなっている場合は注意が必要な状態。

そして、完全に目視で亀裂が確認できたり、ひび割れがコードまで達している場合はアウトとなる。

これは車検の検査員の裁量によって変わるとも言える部分だ。

タイヤのチェックは車検前だけでなく日頃からしておこう

タイヤのチェックは車検前だけでなく、安全走行に大きくかかわる部分なので日頃から行っておくことをオススメしたい。

タイヤのひび割れは、ひどくなれば後々バーストやパンクを起こす危険性がある。

タイヤの溝にスリップサインが出ていないかどうかを目視し、空気圧不足や空気圧過多を含めて、釘やガラスの破片などが刺さっていないかどうか等も時々注意して確認しておこう。

おすすめの記事