WRX S4のB型最新情報!2015年6月発売へ

スバルのWRX S4とSTIが2015年6月に年次改良が実施されてB型になる。

4月にレヴォーグがB型になったが、実質レヴォーグのセダン版と言えるWRX S4にも同様にアドバンドセイフティパッケージのオプション追加に加え、サンルーフやホイールオプション等の追加がされることになる。

すでにカタログも出始めており、今回は、WRX S4のB型の最新情報をお届けする。

<関連記事>
レヴォーグのB型最新情報!

インプレッサハイブリッドが2015年に登場!


スバル WRX S4のB型最新情報

S4

WRX S4の発売は、2014年の8月であることから、年次改良(B型)はその一年後の2015年8月前後と予想されていたが、少し早目の6月に実施されることとなった。

4月にレヴォーグに後方支援機能やサイドビューモニター等を装備した「アドバンスドセーフティシステム」がオプションで追加になり、続いてWRX S4でも採用されることとなった。

今回のWRX S4のB型では、アドバンスドセーフティシステムのオプション追加の他には以下のものがオプションで装備可能となっている。

・タイヤホイール245/40R18(ハイクラスター塗装)
※2.0GT―Sのみ対応

stiホイール
・サンルーフ(電動チルト&スライド式)

・本革シート(運転席10ウェイ&助手席8ウェイパワーシート)

・ボディカラーのライトニングレッドがピュアレッドに変更

今回予想外だったのは、WRX STIにもアドバンスドセイフティパッケージの装備が可能となったことである。

WRX S4のB型の価格

価格については
WRX S4
・2.0GT EyeSightのアドバンスドセイフティパッケージ装着車
→349万3,000円

・2.0GT―S EyeSightのアドバンスドセイフティパッケージ装着車
→363万9,600円

WRX STI
・STIアドバンスドセイフティパッケージ装着車
→396万3,600円

・STI TypeSアドバンスドセイフティパッケージ装着車
→425万5,200円

ちなみに今回、値上げはされていない。

また、燃費に関しては、JC08モードでS4が13.2㎞/ℓ、STIが9.4㎞/ℓであり、変更はない。

他にはレヴォーグのB型では、足回りのチューニングといった細かな調整がされているため、WRX S4、STIにも細かなチューニングがされることは間違いないだろう。

現在カタログから判明しているものを記載したが、さらに最新情報が分かればまたお伝えする。

WRX S4のB型に対するVoice

・245ホイールはA型でも採用してほしかった・・・

・標準で245を装備してほしいが、燃費のことを考えると難しいんだろうな

・アドバンスドセイフティはA型乗りとしては羨ましい

・サイドカメラが一番魅力かも

・価格を考えるとどのオプションを選ぶか悩む
<ネット上より>

アドバンスドセイフティパッケージの追加等、今回のB型の変更は、レヴォーグ同様、A型の購入者の方にとっては、うらやましくなるほどの変更と言える。

特にWRX S4のB型ならではの魅力はホイール245が選択できるようになった所だろう。

例年のWRX S4のC型では、今回を上回る進化を期待したい。

<関連記事>
レヴォーグのC型を予想!発売時期は2016年春が有力

次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジは2017年の見込み

インプレッサのフルモデルチェンジが2016年に実施!アイサイトver.4搭載なるか

おすすめの記事