トヨタ次期カローラ フルモデルチェンジ最新情報!予定として2019年にフィールダー、アクシオ共に発売か

新型カローラハッチバック2

トヨタのカローラフィールダーとカローラアクシオが2019年頃にフルモデルチェンジを行う見通しとなっている。

すでに初代モデル発売から50年以上が経過しているという歴史あるカローラ。

まず、2018年6月には、オーリスがカローラのハッチバックモデルとしてカローラスポーツの名称で新発売される予定だ。
>>新型オーリスのフルモデルチェンジ最新情報!カローラスポーツとして新発売

そしてステーションワゴンの次期カローラフィールダーとセダンの次期カローラアクシオについては、2019年発売の見通しとなっている。

グローバル化が進み3ナンバーになる可能性が取りざたされる等、次期カローラは若年層もターゲットに含め、カローラブランドの再興が目指されることになりそうだ。

そこで、今回、トヨタ次期カローラのフルモデルチェンジに関する注目の最新情報をお届けする。


トヨタ次期カローラのフルモデルチェンジ最新情報!

次期カローラのフルモデルチェンジについて注目内容は、

  • 発売時期
  • ボディサイズ(5ナンバーと3ナンバー)
  • 外観・内装デザイン
  • パワートレイン・搭載エンジン
  • 先進安全装備
  • アリオン、プレミオとの統合の可能性

という6つのポイントになる。

トヨタ次期カローラフィールダー、次期カローラアクシオの発売時期は2019年

新型カローラハッチバック

画像は新型カローラハッチバック

トヨタ次期カローラフィールダー、次期カローラアクシオの発売時期は2019年内が現在有力だ。

発売日は2019年夏~秋頃の可能性が予想される。

トヨタ新型カローラ フルモデルチェンジでボディサイズは3ナンバー化か

カローラと言えば、5ナンバーサイズのコンパクトサイズというのが人気の理由の一つに挙がる。

これが、今回のフルモデルチェンジでボディサイズがついに3ナンバー化される可能性が有力となっているのだ。

ただ、3ナンバー化されるのはステーションワゴンモデルのカローラフィールダーのみで、セダンのカローラアクシオはこれまで通り5ナンバーサイズ維持が有力。

海外仕様の新型カローラをベースに、若干日本向けにチューニングされたデザインとなるというのが大方の予想となる。

トヨタ新型カローラの外観(エクステリア)デザイン予想

フルモデルチェンジするトヨタ新型カローラの外観(エクステリア)デザインについては、先行発売されるカローラハッチバックに似たデザインが採用されると予想。

新型カローラハッチバック2

カローラハッチバック

セダンに関しては、この後紹介するスクープ画像を見る限り新型カムリハイブリッドのようにクーペスタイルのスポーティセダンとなるデザインが採用されると予想できる。

新型アクシオは、ミニカムリといった印象を受けるかもしれない。

トヨタ新型カムリ

ステーワゴンについては、単なる大きなカローラハッチバックとならないように差別化が図られることになるだろう。

これまで高齢層ユーザーが多かったカローラは、外観デザインの刷新によって若年ユーザーの取り込みが図られる見通しだ。

トヨタ新型カローラのスパイショット・スクープ画像

海外メディアでは、新型カローラと見られるスパイショット画像が撮影されて公開されている。

>>新型カローラのスパイショット画像(海外サイト)

このスパイショット画像からは、Cピラ―部分が、新型カムリのようなクーペルックのスタイルを彷彿させられる。

また、リアのコンビランプについては、現行の北米モデルと欧州モデルを組み合わせたデザインに。

【追記】

2018年4月17日に海外にて新たなテストカーのスクープ写真をAutoGuideが公開。

トヨタ新型カローラの内装(インテリア)デザイン予想

新型カローラハッチバックの内装(インテリア)

カローラハッチバックの内装

フルモデルチェンジするトヨタ新型カローラの内装(インテリア)デザインは、カローラハッチバックと同テイストのデザインと予想できる。

センターコンソール上に8インチのタッチスクリーン対応ナビモニター搭載や、新形状のドアトリム等がポイントとなりそうだ。

カローラハッチバック同様に、オートホールド機能付きの電動パーキングブレーキやApple CarPlay、Amazon Alexa、Wi-Fi Connect等に対応したマルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」も搭載か。

メッキパーツ採用などで、シンプルながらも質感向上が感じられる室内空間を予想したい。

トヨタ新型カローラはTNGAプラットフォームがグローバル化を推し進める

フルモデルチェンジする新型カローラのプラットフォームに採用されるのが、TNGAプラットフォーム

TNGAプラットフォームは、トヨタの新世代プラットフォームとして、4代目プリウスから採用され始め、TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略だ。

TNGAプラットフォームは、ボディ剛性の強化や軽量化&低重心化によって走行性能の向上に大きく貢献する。

それだけでなく、部品の共通化等により、開発の効率化が進むというポイントも。

新型カローラには、4代目プリウスとC-HRに採用されているTNGA-Cプラットフォームが採用される見通しだ。

このTNGA-Cプラットフォームを採用することが、日本仕様の次期カローラフィールダーが3ナンバー化される理由として有力なポイントとなる。

それゆえ、全幅は1,745mm程になる見通し。


トヨタ新型カローラ フルモデルチェンジで注目のパワートレイン

エンジン

フルモデルチェンジ後の新型カローラのパワートレインに関しては、以下のラインナップが有力。

 ハイブリッドモデルにはダイナックフォースエンジン

新型カローラのハイブリッドシステムには、

  • C-HR同様の直列4気筒1.8Lハイブリッドシステム
  • 直列4気筒2リッターのダイナミックフォースエンジン搭載タイプ

の2モデルのラインナップが有力だ。

注目は、2リッタータイプのダイナミックフォースエンジンであり、これは新型カムリに搭載された2.5リッタータイプのダウンサイズモデルと言える。

ダウンサイジングターボモデル

近年、搭載車種が増えているダウンサイジングターボエンジン。

新型カローラには、新型オーリス(カローラハッチバック)搭載の1.2Lタイプの直噴ターボエンジン搭載が有力だ。

ディーゼルモデル

今回最も注目ポイントとなるのがディーゼルモデルの有無について。

新型カローラのディーゼルモデルには、BMWの3気筒1.5リッターディーゼルツインパワーターボが搭載される可能性が取りざたされている。

BMW製のエンジンと言えば次期スープラでも採用されることになっている。

これが実現すれば、クリーンディーゼルエンジンを搭載するマツダのアクセラ(ディーゼルモデル)対抗車種となるだろうう。

この4パターンのエンジンが有力視されている状況だ。

トヨタ新型カローラ 第2世代トヨタセーフティセンス等の先進安全装備に注目

新型カローラの先進安全装備としては、第2世代トヨタセーフティセンスの搭載が有力となるる。

第2世代トヨタセーフティセンスの機能には、

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者(夜間含む)、自転車検知機能付衝突回避支援型)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)※一部車種除く
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • オートマチックハイビーム
  • 全車速対応レーダークルーズコントロール

以上の機能が備わっている。

>>>「Toyota Safety Sense」第2世代版を2018年より導入(トヨタ公式サイト)

注目したいのが、レーントレーシングアシスト(LTA)が一部車種では除くとされている所だ。

LTAは、車線からはみ出ず、車線の中央を走るように自動でサポートしてくれる機能のことであり、このLTAと全車速対応レーダークルーズコントロールが組み合わさることで、実質の同一車線自動走行に近いことが可能になると言える。

他メーカーの先進装備では、日産プロパイロットやスバルのアイサイトツーリングアシスト等、全車速対応のレーンキープアシスト(LKA)+オートクルーズコントロール搭載が普及していくことが考えられるため、新型カローラにもレーントレーシングアシスト(LTA)が採用されるのかが注目ポイントとなる。

ちなみに、トヨタは、2018年以降に、新型レクサスLSに搭載される先進予防安全システムの「Lexus Safety System+A」にある機能をトヨタ車にも展開していくことを発表している。

すでに2018年1月にマイナーチェンジしたアルファードとヴェルファイアには、それが実用化されたと次世代トヨタセーフティセンス(TSS)が搭載されており、詳しくは【アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報】の記事を参照いただきたい。

次期カローラにもLTA採用の次世代TSSを搭載となれば、一気にライバルカーとの先進装備の差を縮めることとなるだろう。

トヨタ新型カローラ 次期プレミオ、アリオンと統合でプレミアムコンパクトカー誕生も!?

カローラの上級車種としてコロナ、カリーナ時代を含めて長年ラインナップされてきたプレミオとアリオンだが、次期モデルでは新型カローラとの統合の可能性が取りざたされている。

トヨタ プレミオ

新型プラットフォーム採用等によって、これまでよりも大幅に進化する新型カローラではあるものの、既存のプレミオ、アリオンユーザーが、果たして納得して乗り換えすることができるのかは疑問ではある。

マークXのフルモデルチェン情報】の記事でお伝えしているが、マークXとSAIが新型カムリへの統合が有力なように、プレミオ・アリオンに関しても次期カローラに統合となってしまうのか要注目だ。

ちなみに、トヨタのセダンとしては、2018年6月にクラウンが全面改良を行うため、【クラウンのフルモデルチェンジ情報】の記事も合せてお読みいただきたい。

カローラの新しい情報が入れば、またお伝えする。


<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

What do you think of this post?
  • Awesome (0)
  • Interesting (0)
  • Useful (0)
  • Boring (0)
  • Sucks (0)
コメントは利用できません。

最新記事

  1. 次期レヴォーグのコンセプトと見られるモデル
    スバルのレヴォーグが2019年にフルモデルチェンジする可能性が高い根拠を解説する。その他、SGPや次…
  2. スバルの次期WRX S4と次期WRX STIのフルモデルチェンジに関する最新情報を今回ピックアップす…
  3. レクサスRXのマイナーチェンジに関する予想を本記事ではお伝えする。 [quads id=1] …
  4. レクサスNXのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けする。デザインの改良やターボモデルを「NX30…
  5. レクサスgs
    レクサスのEセグメントセダンのレクサスGSの次期モデルに関する情報を本記事では記載する。 次期…
  6. レクサスに最高級モデルとなる新型クロスオーバーSUVが登場する可能性が浮上している。 その名と…
  7. レクサスIS
    レクサスの4ドアセダンのレクサスISの次期モデルの動向に注目が集まっている。 そこで今回は、レ…
  8. レクサス版プリウスとの呼び声もあるレクサスCT。 今回は、次期レクサスCTのフルモデルチェンジ…
  9. レクサスのスポーツ2ドアクーペ「レクサスRC」が2018年にマイナーチェンジを実施。 外観、内…
  10. レクサスに新型コンパクトSUVとしてレクサスUXが2018年11月にデビューする。 デザインや…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが現在注目されている。 V37型となる次期スカ…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る