【2018年1月】新型アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!次世代TSS搭載でプロパイロット対抗か

トヨタ自動車が販売する高級ミニバンのアルファードとヴェルファイア。

この2車種が2018年1月頃にマイナーチェンジする見通しとなっている。

今回のマイナーチェンジでは、内装と外装の改良に加え、先進安全装備に次世代トヨタセーフティセンス(TSS)が新搭載されることとなる見込み。

現行型初の大型改良となる今回のマイナーチェンジ。

そんな新型アルファードとヴェルファイアの内容で注目すべき最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

新型アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジの注目ポイントは、

  • エクステリアとインテリアの変更
  • 安全装備の充実化
  • 搭載エンジン

となる。

では、詳しく見ていこう。

新型アルファード ヴェルファイア マイナーチェンジでデザインはどう変わる?

大型グリルを採用し、高級感をより演出した現行型アルファード、ヴェルファイアのデザイン。

マイナーチェンジ後には、その外観(エクステリア)デザインが一部改良される。

その改良部分としては、グリルデザインの改良、フロント&リアのバンパー形状変更やテールランプのデザイン変更となる見込みだ。

また、17インチアルミホイールに関しても新しいデザインのものが採用されることになる。

より進化したクールでモダンなデザインへと進化する模様。

近年のトヨタ車のマイナーチェンジ後のデザイン変更として参考に挙げると、ハリアーのシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)が採用されているが、今回のマイナーチェンジでアルファードとヴェルファイアにもメーカーオプションとしてLEDシーケンシャルウインカーが搭載可能となる。

ボディカラーの変更について

ボディカラーは、「シルバーメタリック」、「グレーメタリック」、「グレイッシュブルーマイカメタリック」の3色が廃止となる。

その反面、「スティールブロンドメタリック」、「グラファイトメタリック」、「ダークレッドマイカメタリック(エアロ専用)」の3色が新たに新カラーとして加わる。

マイナーチェンジでインテリアはより質感向上へ

インテリア(内装)に関しては、マイナーチェンジ後には、より質感向上を目指して、インパネやシート素材の変更、メッキーパーツ装飾といった改良が行われる見込み。

  • 具体的には、現時点では、
  • 木目調パネルのデザインを変更
  • ファブリック+合成皮革からサイド材に採用されていた合成皮革を全面採用(V,ZA-G,Z-G,ZR)
  • セミアニリン本革ではなくプレミアムナッパ本革を採用(ExecutiveLounge)
  • ホワイトレザータイプをエアロボディにメーカーオプションとして新設定(ExecutiveLounge)

という内容が取り沙汰されている。

また、エスティマが2016年に行ったマイナーチェンジで採用した3列目の電動格納シートが新型アルファードとヴェルファイアにも採用される可能性が取りざたされているのだ。

↑9:25から電動格納シートの解説あり

アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジ後の安全パッケージ

アルファードとヴェルファイアには、現在も充実した安全装備が備わっている。

しかしながら、

ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムは歩行者検知に対応していない

といった課題もあった。

<プリクラッシュセーフティシステムについて>

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、たとえば先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速する。

ただ、他には、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールや、シースルービュー、インテリジェントパーキングアシスト2、電動パーキングブレーキといったトヨタ車としてかなり高度な安全装備が備わっている。

これが、マイナーチェンジ後は、トヨタセーフティセンスPを採用してさらなる安全向上が図られる見込みだ。

トヨタセーフティセンスPをマイナーチェンジで新搭載!

マイナーチェンジ後のアルファードとヴェルファイアに、これまでの一部の安全機能にとって代わって採用されるのが、このトヨタセーフティセンスP(Toyota Safety Sense P)。

トヨタセーフティセンスPを採用することで、これまで弱点だった自動ブレーキが歩行者検知に対応していないという部分が改善されることになる。

<トヨタセーフティセンスPの機能について>

トヨタセーフティセンスPの機能の内容については以下の通り。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

いわゆる歩行者検知に対応した自動ブレーキシステム。

ミリ波レーダーと単眼カメラにて前に走る車や歩行者を認識し、衝突の危険性がある時に、ブザーやディスプレイ表示でドライバーに警報を出す。

さらに衝突の危険性が高い場合は、衝突回避支援のためにブレーキアシスト。

それでも衝突することが避けられないとシステムが判断した場合に、自動ブレーキが作動して衝突回避もしくは衝突被害の軽減が図られるようになっている。

・歩行者に対して

自動ブレーキは、約10~80km/hの速度域にて作動し、約30km/hの減速が可能

・先行車両について

約10km/h以上の幅広い速度域にて自動ブレーキシステムが作動して、約40km/hの減速が可能

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

いわゆる車線をはみ出しそうになると注意してくれるシステム。

道路上の白線(黄線)を単眼カメラが認識して、運転手によるウインカー操作がなく車線逸脱をしそうな時に、ディスプレイ表示&ブザーにて警報で注意喚起。

また、車線の逸脱を回避しやすくするために、電動パワーステアリングを制御して運転手のステアリング操作を支援してくれる。

  • オートマチックハイビーム

車の周りの明るさや、前に走っている車のテールランプ、そして対抗車両のヘッドランプを単眼カメラが検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるシステムだ。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

前に走る先行車との車間距離等をミリ波レーダーと単眼カメラが認識し、運転手が設定した車速の範囲内にて、自動で一定の車間距離を保ちながら追従走行が可能となるシステム。

ブラインドスポットモニターにて後方面の安全性能もUP

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジでは、さらに後方の安全性を強化する“ブラインドスポットモニター(BSM)”も搭載可能となる見通し。

ブラインドスポットモニターが搭載されると、隣車線を走る車両が検知され、車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させドライバーに注意喚起してくれる。

【追記情報】次世代トヨタセーフティセンス搭載でプロパイロット対抗か

新型アルファードと新型ヴェルファイアには、トヨタセーフティセンスPを進化させた次世代トヨタセーフティセンス(TSS)が全車ni

標準搭載される見通しであることが判明した。

次世代トヨタセーフティセンスは、同一車線自動運転技術として人気の日産「プロパイロットシステム」に似た機能を備えると見られている。

具体的には、車線からはみ出ないように、かつ、車線の中央を走るように自動で制御するレーンキープアシスト機能が備わると予想できる。

トヨタは、すでに新型レクサスLSに搭載する先進装備「Lexus Safety System+A」にて、その機能となる「レーントレーシングアシスト (LTA)」を実用化させている。

この「レーントレーシングアシスト (LTA)」と同様の機能がトヨタセーフティセンスにも備わるといった形になると筆者は予想したい。

クラウンのフルモデルチェンジ情報】の記事でも記載したが、今後は、トヨタの高級モデルを中心に次世代TSSを搭載していくのではないだろうか。

また、【エルグランドのフルモデルチェンジ情報】の記事でもお話したように、日産はさらなる自動運転技術を次期エルグランドで搭載させる可能性があるため、アルファード・ヴェルファイアも今回のマイナーチェンジで出来る限り、先進技術で遅れをとらないようにするのは必然だろう。

その他 先進装備について

新型アルファード、ヴェルファイアには、「インテリジェントパーキングアシスト2に機能を追加」、「ブラインドスポットモニター」、「電子インナーミラー」、「リヤクロストラフィックアラート」、「ITS Connect」といった先進装備が新たに加わる見通しとなっている。

スポンサーリンク

ターボエンジンorダイナミックフォース採用ならず

近年のトヨタ車としてクラウン、ハリアーには、マイナーチェンジで8AR-FTS型の2.0リッター直4ターボエンジンが搭載されたことが話題となった。

<8AR-FTS型の2.0L直4ターボエンジンスペック>

  • 最大出力 231PS
  • 最大トルク 35.7kgm
  • トランスミッション 6速AT

さらに、モデルチェンジした新型カムリハイブリッドには、次世代パワートレーンとして、世界トップレベルの出力と熱効率を高次元で両立させた直列4気筒2.5L直噴エンジンの「Dynamic Force Engine(ダイナミックフォースエンジン)」が採用されている。

次期アルファードとヴェルファイアには、このダイナミックフォースエンジン搭載はほぼ濃厚と言えますが、今回のマイナーチェンジで採用されると大きな注目ポイントとなります。

ステップワゴンのようにミニバンにダウンサイジングターボエンジンを搭載するケースも出てきていますが、現時点では、高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイアに8AR-FTS型2.0L直4ターボエンジン搭載はされない模様。

燃費性能や動力性能アップのため、現行のV6 3.5リッターエンジンが改良されることとなる。

マイナーチェンジでGolden EyesとTYPE BLACKは販売を終了へ

2016年7月4日から発売開始されているアルファード・ヴェルファイアの特別仕様車「GOLDEN EYES(ゴールデンアイズ)」「TYPE BLACK(タイプブラック)」は、今回のマイナーチェンジで販売が終了される見通し。

時期を見て、今後「GOLDEN EYES2」「TYPE BLACK2」といった新たな特別仕様車が発売される可能性は十分考えられる。

新型アルファードとヴェルファイアのMC後の価格

新型アルファードとヴェルファイアは、今回のマイナーチェンジによってトヨタセーフティセンスPを装備するということもあり、販売価格に関しては現行モデルよりも10万円程度の値上げとなることが予想できる。

新型アルファード ヴェルファイアのマイナーチェンジに関するまとめ

2018年前半にマイナーチェンジをする見通しのアルファードとヴェルファイア。

現在は、敵なしとも言える程、Lクラスの高級ミニバンとして絶大な人気を得ていますが、安全装備を充実することで、その地位はしばらく安泰と言えるだろう。

オデッセイのマイナーチェンジ情報】の記事でも記載したように、ライバルではオデッセイが2017年末に大幅改良される。

ここにライバルの日産次期エルグランドがどう対抗馬として登場するのかが見所だが、次期エルグランドの情報に関しては、こちらの【新型エルグランドのフルモデルチェンジ情報】の記事も合わせてお読みいただきたい。

アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報が入ればまた更新する。

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. マツダのアテンザセダン、アテンザワゴンがフルモデルチェンジに関する最新情報を今回お伝えする。 …
  2. 日産のミニバンの新型セレナにフルハイブリッドシステムとなるe-POWERが搭載される見通しだ。 …
  3. ホンダのインサイトが2018年に復活する、そんな可能性が浮上している。 2014年に販売終了を…
  4. トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされて…
  5. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  6. ホンダの次期ヴェゼルがフルモデルチェンジによってどのように進化するのか。 本記事では、次期ヴェ…
  7. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  8. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  9. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2018年内に行われると見られている。…
  10. スバルのレヴォーグが2017年7月にビッグマイナーチェンジを行いD型モデルが発売される。最新バージョ…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る