レクサスIS

あなたの車、最高いくらで売れるかご存じ?

【無料】あなたの車が今最高いくらで売れるか、45秒でチェックしてみよう

レクサスの4ドアセダンのレクサスISの次期モデルの動向に注目が集まっている。

そこで今回は、レクサスISのフルモデルチェンジに関する最新情報をお届けする。

次期レクサスIS フルモデルチェンジ最新情報

新型レクサスISの外観(エクステリア)デザイン

レクサスIS

フルモデルチェンジ後のレクサスISの外装については、新型ESのようにクーペライクなデザインを予想。

現行モデルからのイメージは大きく変わることなく、スポーツセダンらしくエッジの効いたデザインへ進化すると予想。

新型レクサスISのボディサイズ予想

レクサスIS

今後のレクサスGSの廃止によって、その枠を埋めるために次期レクサスISのボディサイズ拡大の可能性が取りざたされている。

ホイールベースを現行型よりも

だが、新型ESが実質GSの後継となり、次期レクサスISのボディサイズは現行と近いサイズになる可能性が現時点にて有力。

<現行ISのボディサイズ>
全長 4,680mm
全幅 1,810mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,800mm

新型レクサスISの内装(インテリア)予想

レクサスは、2018年10月発売の新型レクサスESから新しい内装デザインを採用している。

ESに続いて発売されるレクサスUXも同テイストのデザインが採用されているため、次期レクサスISもこれらに近いデザイン採用が予想できる。

レクサスESの内装

レクサスESの内装

>>レクサスES300hの最新情報はこちら

新型レクサスISのプラットフォーム

新型レクサスISには、TNGA思想で開発されたFR用のプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」の採用が有力。

GA-Lは、レクサスLS・LCと新型クラウンに採用されているが、次期レクサスIS用にチューニングされると見られる。

新型レクサスISのパワートレイン 新型ダウンサイジングターボ

エンジン

次期レクサスISのパワートレインには、ダイナミックフォースエンジンが採用される可能性が有力。

採用されるエンジンタイプとして有力なのは「2.4L直4ターボエンジン」。

この新型エンジンは、現行の3.5L V6の代替となり、かつ現行の2.0L直4ターボも消滅する可能性が考えられる。

ハイブリッドに関しても、2,500CCタイプのダイナミックフォースエンジンが活用されると予想。

次期型でレクサスIS-F 復活の可能性

モデルチェンジ後にレクサスIS-Fが復活する可能性が一部で取りざたされている。

新型レクサスIS-Fには、4.0リッター V8ツインターボエンジンの採用が有力だ。

先進安全装備 第2世代レクサスセーフティシステム+

新型レクサスISの先進安全装備には、第2世代Lexus Safety System +の搭載を予想。

これは、レクサスES、UXと2018年以降に発売される新型モデルに採用されているシステムだ。

【第2世代Lexus Safety System +の機能】

  • プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • アダプティブハイビームシステム(AHS)/オートマチックハイビーム(AHB)

新型レクサスISの発売時期

次期レクサスISの発売時期は2020年前後が有力だ。

レクサスのセダンに関しては、ESの新型が2018年に発売し、レクサスGSが2019年に販売終了の可能性が取りざたされている。

あなたの車、最高いくらで売れるかご存じ?

【無料】あなたの車が今最高いくらで売れるか、45秒でチェックしてみよう

レクサスに関連する記事

関連:レクサスGSのフルモデルチェンジ情報

関連:レクサスESのフルモデルチェンジ情報

関連:レクサスLSのモデルチェンジ情報

関連:レクサスRCのマイナーチェンジ情報

おすすめの記事