【速報】新型クラウン フルモデルチェンジ情報!2018年夏発売決定!外観のスクープ画像等、最新情報更新中!S220系誕生へ

トヨタの高級セダンのクラウンが2018年夏にフルモデルチェンジを行うことが判明した。

クラウンには、主にアスリート、ロイヤル、マジェスタの3シリーズがラインナップされている。

2018年発売予定の見通しとなっているのは、クラウンアスリートとクラウンロイヤルの2つとなる。

そんなS220系となる新型クラウンの外観のスクープ画像と見られる写真も流出し始めているのだ。

そこで、次期クラウンのフルモデルチェンジに関する最新情報をお伝えする。


2018年 新型クラウンへフルモデルチェンジ!最新情報更新中

フルモデルチェンジ後のS220系の新型クラウンについて注目内容は、

  • 外観デザイン
  • プラットフォーム
  • 先進装備
  • 発売時期

といった内容となる。

新型クラウン フルモデルチェンジ後の外観デザインは?

現行型のS210系クラウンは、大型フロントグリルを採用するなど、これまでのクラウンのイメージを大きく覆すデザインとなったことが話題となった。

フルモデルチェンジ後のS220系クラウンでは、基本キープコンセプトとなりつつも、クーペルックなデザインが取り入れられることとなった。

次期クラウンコンセプトの外観(エクステリア)画像

これが次期クラウン コンセプトの外観(エクステリア)デザインの画像だ。

新型クラウンは、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両輪で開発したコンセプトモデルとされる。

フロントグリルが現行型の稲妻型から逆台形となっており、また、傾斜が強いCピラーがクーペスタイルを印象づけられる。

そしてサイドビューの画像がこちら。

新型クラウンのサイドは、どこか新型レクサスLSを彷彿させるデザインでもあり、よりターゲットを若い世代へと広げる狙いがあると言えるだろう。

<新型レクサスLS>

>>新型レクサスLSの詳しい情報はこちらの記事にて

新型クラウンコンセプト(CROWN Concept)のボディサイズは以下の通りとなる。

  • 全長:4,910mm
  • 全幅:1,800mm
  • 全高:1,450mm
  • ホイールベース:2,920mm
  • 乗員定数:5人

次期クラウンコンセプトの内装(インテリア)

次期クラウンコンセプトの内装(インテリア)画像がこちらだ。

こちらは、従来のアスリートに値するスポーツグレードの内装になる見通しであり、ほぼ市販モデルも同様のデザインになる。

ステアリングホイール中央の王冠サイズがスマートになっていたり、シンプルでスポーティなデザインに特化されていることから、これまでのクラウンとは大きくイメージが異なる内装となっている。

これは次期クラウンは、未来志向のスポーツセダンとしてのキャラクターを全面的に出していく姿勢が伺える。

また、ディスプレイの配置などからインフォテイメントシステムの充実が今回のポイントとなっており、自動運転時代を見越したデザインとなっている。

ちなみに、従来のクラウンロイヤルに値するラグジュアリーバージョンの内装も存在するようだが、それはまだ公開されておらず、これまでのように木目パネルやメッキが活かされたデザインとなるのかなど、どこまでスポーツモデルとのデザインの差別化が図られているのか注目所である。

新型クラウンのスパイショット画像

また以前、ドイツのニュルブルクリンクでの走行テスト中で、新型クラウンと思われるテストカーの外観のスパイショット画像が撮影されてきた。

クラウンと思われるスパイショット画像はこちら(海外サイト)

海外メディアでは、そのスパイショット画像のテストカーを次期レクサスGSではないかと報じていたが、スピンドルグリルを採用していないことから、新型クラウンの可能性が有力とされていた状況であった。

>>レクサスGSのフルモデルチェンジ最新情報

フロントグリルのエンブレム装着部分には、王冠マークのサイズにピッタリな縦型長方形のスペースも伺える。

先ほどの公開されたコンセプト画像と合わせるとまさに同じデザインであることが伺える。

新型クラウンのプラットフォームにTNGAプラットフォーム搭載

フルモデルチェンジする新型クラウンのプラットフォームには、TNGA(Toyota New Global Architecture)を採用したFR用の新世代プラットフォームが採用されることになる。

TNGAプラットフォームは、低重心化に加え、ボディ接合剛性を高めた溶接技術を導入。

具体的には、従来のスポット溶接に比べて溶接間隔を短くし、打点を集中できるレーザースクリューウェルディング(LSW)が採用されている。

その上、ボディ骨格を全面見直しされているのだ。

この新世代プラットフォーム採用によって、新型クラウンは、より自由なデザインを再現できるだけでなく、優れた走行性能を実現させることとなる。

また、新型クラウンのサスペンションに関しては、「いなし」サスペンションと名付けられた、現行型の「フロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンク式」という仕組みがより改良されて採用されることを予想。

ちなみに、この次世代FR用プラットフォームは、すでにLEXUS LCと新型LEXUS LSにて「GA-Lプラットフォーム」として採用されている。

時間があれば、こちらの【新型レクサスLSのフルモデルチェンジ情報】の記事も合わせてお読みいただきたい。

新型クラウンに搭載されるエンジンはダイナミックフォースが有力

新型クラウンに搭載されるエンジンについては、新型カムリから採用されているトヨタの次世代エンジン「ダイナミックフォースエンジン(Dynamic Force Engine)」が有力だ。

ダイナミックフォースエンジンには、現在2.5リッターのハイブリッドモデルと2.5リッターのガソリンモデルが発表されている。

<参考スペック>

エンジン:2.5Lハイブリッドタイプ

  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kg-m/3600-5200rpm

エンジン:2.5Lガソリンエンジンタイプ

  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm

セダン復権を掲げた新型カムリの詳細情報は、こちらの記事で詳しく解説しているので興味のある方は是非。


新型クラウンGRMNもラインナップか

また、G’sブランド後継となるGRブランドからは、GAZOO Racingが企画&開発した新型クラウンのハイパフォーマンスモデルとしてクラウンGRMNがラインナップされる可能性が取りざたされている。

専用となる外観デザインや、マフラー・サスペンションもノーマルモデルとは別の専用タイプが用意されると見られているのだ。

クラウンGRMNに搭載が予想されるエンジンは、最高出力340ps発生となる3.0リッターのV型6気筒直噴ツインターボ(V30A-FTS)等が現在有力。

<エンジンの予想スペック>

3.0リッター V6ターボエンジン

  • 最大出力:340ps/650rpm
  • 最大トルク:50.0kgm/1500-3500rpm

3.5リッター V6ツインターボ

  • 最高出力 :421ps/5,200-6,000rpm
  • 最大トルク:61.0kgm/1,600-4,800rpm

このクラウンGRMNは、メルセデスのAMGシリーズやBMWのMシリーズ対抗車種となりそうだ。

価格予想については、7~800万程度と想定。

>>マークX GR-Sを新発売へ!マークX最後のモデルの可能性

新型クラウン FCVモデルも後に発売の可能性

新型クラウンには、後に、FCV(燃料電池車)であるMIRAIのシステムをFR用にしたFCVモデルもライナップされるという噂も出ている。

クラウンFCVの発売時期については、フルモデルチェンジから約1年後の2019年となる可能性が取りざたされている。

新型クラウンの先進装備 第2世代Toyota Safety Sense

新型クラウンの先進装備には、安全パッケージとして新世代のトヨタセーフティセンスが搭載される。

現行クラウンに搭載されているToyota Safety Sense Pの内容には

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • アダプティハイビームシステム

が採用されているが、新型クラウンではこれに加えて、

  • 自動ブレーキの性能向上にて自転車、夜間の歩行者検知に対応(プリクラッシュセーフティ)
  • レーダークルーズコントロールが全車速対応に
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • 白線が無い状況でも道路端を検知可能となったレーンディパーチャーアラート
  • カメラが主要な道路標識を読み取ってインストルメントパネル内に表示するロードサインアシスト(RSA)
  • 電動パーキングブレーキ搭載

といった先進装備が採用されることとなる。

自動運転機能に注目

全車速追従機能付クルーズコントロールに加えて、車線からはみ出内容にサポートするレーンキープアシスト機能が加われば、高速道路での単一車線自動走行が実質可能になったと謳われることになるのではないだろうか。

 

レーントレーシングアシスト (LTA)機能は、車線をはみ出さずに車線内の中央を走るようにサポートするシステムのことだ。

スバルのアイサイトツーリングや日産のプロパイロットですでにLTAに近いシステムが投入されているだけに、クラウンにこの機能が搭載されるのは朗報だ。

ちなみに、【アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報】の記事で記載しているが、このLTAを採用した次世代トヨタセーフティセンスは、2018年1月にマイナーチェンジした新型アルファード・ヴェルファイアに初めて搭載された。

 

今後は、トヨタの高級モデルを皮切りに次世代TSSが搭載されることになると筆者は予想している。

新型クラウン フルモデルチェンジの時期は2018年夏

新型クラウンアスリートとロイヤルのフルモデルチェンジに関する実施時期については、2018年夏頃に予定されている。発売日に関しては現時点で6月頃が有力だ。

それに先駆けて、まずは東京モーターショー2017にてコンセプトモデルが公開された。

次期クラウンではアスリート、ロイヤル、マジェスタの区別がなくなる可能性

そして大きな注目ポイントとしては、次期クラウンではこれまでのようにアスリート、ロイヤル、マジェスタといった区別がされず、「スポーティなグレード(従来のアスリート後継)」、「ラグジュアリーなグレード(従来のロイヤルサルーン後継)」というようなグレード違いでラインナップされる可能性が高い。

マジェスタに関しても、何らかのグレードとして残るか、廃止の可能性が取りざたされている。

以上が、新型クラウンアスリートと新型クラウンロイヤルのフルモデルチェンジに関する最新情報となる。

ちなみに、弟分のマークXについては、消滅の危機を迎えており、それに関しては【マークXのフルモデルチェンジの動向を解説】の記事で解説している。

最後にクラウンのライバル車の状況を見ていこう。

クラウンのライバル スカイラインがリニューアル

ちなみにライバルのスカイラインは2017年12月20日にビッグマイナーチェンジした。

詳しい情報は、【スカイラインのマイナーチェンジ情報!外観デザイン変更へ】の記事を参考にしていただきたいが、デザインがより洗練されて、自動運転技術の充実化も期待される状況となっている。

フーガもいよいよ次世代モデルに交代か

また、フーガに関しても、次期モデルに関する噂が出始めている。

次期フーガのコンセプトは【次期フーガのフルモデルチェンジ最新情報】の記事で詳しく説明しているが、あの車がヒントと見られる。

次期アコードは欧州プレミアムサルーン風の内装に

次期アコードに関しては、内装デザインがこれまでと大幅に変更され、欧州プレミアムサルーン車のようなデザインに。

日本発売は未定だが、新しいアコードの情報は知っておいて損はないだろう。詳しくはこちらの記事にて。

>>アコードのフルモデルチェンジ情報!欧州車並みの内装に注目

レガシィB4はより高級デザインへ

スバルのレガシィB4に関しては、2017年10月にビッグマイナーチェンジが行われ、大幅なリニューアルが行われることが決まった。

大きく進化した新型レガシィについては、【レガシィB4 ビッグマイナーチェンジ情報!変更点を解説】の記事で詳しく解説をしているが、注目はより高級感ある外観デザインになったことだ。

アテンザ フラグシップとしてより進化

次期アテンザに関しては、第2世代スカイアクティブ採用が有力であり、フラグシップセダンとしてより進化した内容になる見通し。

クラウンにより近づいた高級セダンとなることが期待される状況だ。

>>次期アテンザ フルモデルチェンジの情報をピックアップ

ライバルが続々と改良されていく中、新型クラウンがセダンの絶対的王者の威厳を見せることができるのかその注目度は大きい。

次期クラウンに関して新しい情報が入れば、また更新する。


<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

コメントは利用できません。

最新記事

  1. ホンダ N-VAN
    ホンダから新型軽自動車となるN-VANが新発売されることとなった。 N-VANは、N-BOXの…
  2. レクサス新型ES
    レクサスのFFセダンとなるレクサスESは、2018年秋にフルモデルチェンジして日本発売する。 …
  3. 新型RAV4 アドベンチャーモデル
    トヨタ自動車のクロスオーバーSUVのRAV4が再び日本発売することが確定した。 現行モデルの4…
  4. 新型カローラハッチバック2
    トヨタのカローラフィールダーとカローラアクシオが2019年頃にフルモデルチェンジを行う見通しとなって…
  5. トヨタ自動車の2BOXハッチバックカーのオーリスのフルモデルチェンジがいよいよ行われる。 現時…
  6. スバルのクロスオーバーSUVのフォレスターが2018年にフルモデルチェンジする。 現行型は、2…
  7. 日産の4ドアセダンであるティアナのフルモデルチェンジの時期が近づいている。 現在、日本ではL3…
  8. スバルの次期WRX S4と次期WRX STIのフルモデルチェンジに関する最新情報を今回ピックアップす…
  9. スバルのレヴォーグが2019年にフルモデルチェンジする可能性が高い根拠を解説する。その他、SGPや次…
  10. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが現在注目されている。 V37型となる次期スカ…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。…
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村


乗り物ランキング

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る