Macbook Air 2015年にRetina対応の12インチモデル発売

おしゃれなノートパソコンの代名詞といってもいいほど人気のMacbook air。

そのMacbook Airがいよいよ新型として新たなステップへと進化する見込みだ。

発表日と発売日については現時点では2015年の3月と見られている。

それは、以前から長らく噂となっていた12型のRetinaディスプレイモデルとして登場する。

また、現行モデルである11インチと13インチについても2月中にアップデートされると言われている。

iPad Proも含めて、今回は筆者の思いも述べながら記載していく。

スポンサーリンク

Macbook air 2015年にRetina対応の12インチ登場

macbook air

2014年から頻繁に出ると言われていた、Retina対応のMacbook Air。

とうとう2014年中の発売は叶わなかったものの、2015年の3月に発表という今度こそは正しいと思われる情報が出回っている。

現在出ている新型Macbook Airの情報としては以下の通りである。

・コードネームがMacbook Stealthと呼ばれている

・ディスプレイは12インチ

・高精細ディスプレイであるRetina Display採用(2304×1440ピクセル)

・本体サイズのスリム化によりキーボードのベゼル幅の若干の縮小

・本体サイズのスリム化により、トラックパッドのクリック機能廃止

・外部ポートがUSB Type-Cのみ

・カラーバリエーションがiPhoneと同じゴールド、シルバー、スペースグレーの3色になる

あくまでこれらの情報は、噂レベルである。

ただ、Retinaディスプレイは是非とも搭載していただきたいところだ。

retina

現在RetinaディスプレイについてはMacbook Proにしか搭載されていない。
本当は薄型のMacbook Airがいいのだけれども、RetinaがないからMacbook Proにするというユーザーも多いことであろう。

特に店頭でそのRetinaの美しさを見てしまったら、Retinaのないディスプレイを使用するのには躊躇してしまうはずだ。

12インチというのはかなり考えられたサイズであり、現在11インチでは小さすぎるし、13インチでは少し大きいと悩むユーザーにとっては絶妙なサイズである。

そもそも13インチを買うならば、それほど大きさが変わらず、Retina対応のMacbook proを購入するというケースもそれなりあることから、Macbook proとの競合を避けるためにも12インチというのはユーザーのニーズのマッチングと、APPLEのMacbook AirとProの差別化をする戦略上でベストサイズなのではないかと思う。

いち早く発表を待ち望みたいところではあるが、なんと2月24日にアップルのイベントが開催されるのではという噂が出てきた。

そこでは、Apple Watchと共に発表されることが期待されているものの、今の段階では、噂の域を出ない情報のため、イベントが開催されればラッキー程度に思っておいた方がよさそうだ。

実際には3月に発表となると筆者は見ている。

現行型Macbook Airのアップデートが2月に来るかもしれない

新型Macbook Airの登場に伴って現行型の11インチと13インチは値下げされる可能性があるが、ここにきて、2月24日にアップデートされるという情報が出てきた。

その内容はプロセッサーが「Broadwell-U」になり、他にはストレージ、RAMがアップデートされると言われている。

もしもこれが本当なのであれば、現行モデルの値下げは考えにくいだろう。

そもそもこの時期にアップデートというのはいささかタイミング的にありえるのかと思ってしまう。

なぜならば、アップデートをするメリットを考えると、12インチ発売後も現行型が魅力に思えるように性能の向上を狙うというくらいしか思いつかないからだ。

それならば、新型発表時に同時にアップデートとなりそうなものであるが・・・

いち早く続報を待ち望みたいところだ。

iPad Proについて

他に気になることと言えば、iPad Proと言われる12インチ超えのモデルである。

新型Macbook Airと同時期の発売見込みで、またディスプレイも同じくらいのサイズになることから、兄弟機のような存在になりそうだ。

そもそも、実際は噂されている両製品は実は一つの製品であり、Surfaceのような感じになるのではと一部で言われていたものの、どうやら実際には別々の製品として登場になりそうだ。

iPad Proは、iPadの中で最上位にあたるモデルとして発売されると見られている。

先ほど述べたSurface pro3に立ち向かう製品として期待されており、

iosとMac OSのハイブリッドになるとか、Appleユーザーからすると目からうろこな噂が満載であるが、こちらについてもそろそろ現実性のある情報がでてきてもいい頃だろう。

いずれはiosとMacOSが統合されると見られているが、ようやく2015年はその段階に近づくことになるのかも注目すべき点だろう。

いずれにしても最新情報が入ればまた記載していくので楽しみにしていてほしい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年春に実施される…
  2. トヨタ自動車のオーリスのフルモデルチェンジの時期がせまっている。 現時点では、新型オーリスの発…
  3. トヨタのミニバンであるノアとヴォクシーが2017年内にビッグマイナーチェンジを実施する予定だ。 …
  4. スバルのクロスオーバーSUVであるフォレスターのフルモデルチェンジの時期が近付いている。 現段…
  5. トヨタ自動車の新型プリウスPHVが2017年2月15日にフルモデルチェンジすることとなった。 …
  6. スズキのワゴンRのフルモデルチェンジが2017年2月1日に実施された。 元々、次期ワゴンRは、…
  7. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…
  8. 日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。 5代目となる次期マーチは、現行モデ…
  9. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  10. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  3. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  4. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る