マツダ新型CX-6を2017年に発売か!?CX-5の3列シートSUVとしてミニバンの代替を想定

マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。

CX-6は、CX-5を7人乗りの3列シートにした実質CX-5の派生モデルといった存在に位置する見込み。

そこで今回は、マツダの新型CX-6の最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

マツダ車の最新情報を更新中!

マツダ新型CX-6を2017年に発売か

<画像は新型CX-5>

マツダのCX-6誕生の裏では、マツダのミニバンの販売終了が大きく関係すると見られている。

マツダには、

  • MPV
  • プレマシー
  • ビアンテ

といった3列シートのミニバンが存在したが、MPVに関しては2016年3月に販売が終了した。

そして残るプレマシーとビアンテに関しても、遅くとも2017年中には販売が終了する見通しだ。

マツダは2016年初頭に2017年を目途にミニバンから撤退して、SUVに力を入れる旨の報道がされたが、この通り2017年にはマツダのラインナップからミニバンが消滅することとなる。

しかしながら、ミニバン需要の高い日本で3列シート車を全くラインナップに入れないのはもったいない話。

そこで、次期CX-5の派生という形でCX-5の3列シート7人乗りモデルとして白羽の矢が立ったというわけだ。

それが、CX-6になると見られている。

つまりCX-6は、MPV、プレマシー、ビアンテの実質後継車種となる可能性が高い状況だ。

スポンサーリンク

ミニバンだけでなくCX-4やCX-9の代替的存在にもなる!?

mazda cx-4 2

少し前まで、海外で発売されている新型CX-9や新型クーペSUVのCX-4が日本にも導入されるという噂が出ていたが、現時点ではその見通しは立っていない。

CX-4に関しては、中国で思ったような実績が出ていないことや、全長5,071mm、全幅 1,936mm、全高1,734mmと日本の交通事情では厳しい巨大なサイズのCX-9を出したところで需要は一部に限られているということを考えると日本導入が難しいのは当然と言える。

ただ、これは筆者の考えにすぎないがCX-4やCX-9を期待するユーザーをCX-6という形で取り込めないかとマツダは考えているのではないだろうか。

そもそも単にCX-5を3列シートにするだけならば、CX-5+というような感じでCX-5の名を使った方がCX-5のブランド力も活かせていいはずだ。

しかし、あらたにCX-6というブランドを構築するということは、CX-5とは異なった新しいユーザー層をしっかりと囲い込みたいという狙いがあるのではないだろうか。

CX-6は、MPV、プレマシー、ビアンテ、そして、CX-4・CX-9を待ちわびるユーザーをターゲットとした新世代SUVとして期待できそうだ。

CX-6の基本的な内容

<画像はCX-9>

ただ、CX-5の派生車ということもあって、CX-6は、2017年にフルモデルチェンジされる次期CX-5と同様に、

  • G-ベクタリング コントロール
  • ナチュラル・サウンド・周波数コントロール
  • 最新のi-ACTIVSENSE
  • 電動パーキングブレーキ(オートホールド機能付)
  • 電動ハッチゲート

と言った最新のマツダの技術を活かした内容になるのは間違いないだろう。

また、3列シートは備わるものの、クロスオーバーSUVということもあって、スライドドアは備わらない模様。

CX-6のインテリアとしては同じマツダの3列シートSUVのCX-9がヒントとなりそうだ。

<CX-9のインテリア>

新型CX-5のインテリアのデザインテイストとCX-9のインテリアを組み合わせたものがCX-6となると予想したい。

<新型CX-5のインテリア>

また、2017年から2019年3期までマツダは構造改革ステージ2と謳われる時期に入り、このステージ中に次世代SKYACTIVであるSKYACTIV GEN2を搭載した新型車が投入されるとされているが、CX-6は時期的な問題もあって、このSKYACTIV GEN2を搭載されない見込み。

CX-6の発売日は東京モーターショー2017での発表が濃厚

発売日を含めたCX-6の発表に関しては東京モーターショー2017で行われる可能性が濃厚だ。

価格については、CX-5の実質ロングホイールモデルと考えれば、200万円代後半~300万円代前半が現実的な所。

トヨタや日産、ホンダが、ヴォクシー・セレナ・ステップワゴンといったミニバンで戦う中、マツダが新世代の3列シートSUVを新たに投入することによって、市場の風向きが変わるのかどうかに注目だ。

CX-6の新たな情報が入れば、またお伝えする。

マツダ車の最新情報を更新中!

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

  1. スバルの人気クロスオーバーSUVであるXVハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年春に実施される…
  2. トヨタ自動車のオーリスのフルモデルチェンジの時期がせまっている。 現時点では、新型オーリスの発…
  3. トヨタのミニバンであるノアとヴォクシーが2017年内にビッグマイナーチェンジを実施する予定だ。 …
  4. スバルのクロスオーバーSUVであるフォレスターのフルモデルチェンジの時期が近付いている。 現段…
  5. トヨタ自動車の新型プリウスPHVが2017年2月15日にフルモデルチェンジすることとなった。 …
  6. スズキのワゴンRのフルモデルチェンジが2017年2月1日に実施された。 元々、次期ワゴンRは、…
  7. レクサスに新しいシリーズとして新型コンパクトSUVのレクサスUXが誕生することとなった。 現時…
  8. 日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。 5代目となる次期マーチは、現行モデ…
  9. マツダが2017年に新型クロスオーバーSUVとしてCX-6にを発売させる見通しだ。 CX-6は…
  10. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  2. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  3. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  4. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  5. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  6. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  7. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  8. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  9. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…
  10. 以前、アコードハイブリッドの発売から2年経った2015年にそろそろマイナーチェンジが行われるのではと…

新車購入カタログ


<楽天>

自動車の基本書


<楽天>

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る