レクサスLQ最新情報!新型高級SUV登場か。LF-1 limitlessから予想できる内容

レクサスに最高級モデルとなる新型クロスオーバーSUVが登場する可能性が浮上している。

その名として有力なのが「レクサスLQ」。

今回は、最上級SUVと見られるレクサスLQの最新情報をお届けする。

レクサスLQの名称が商標登録!2018年5月に発覚

レクサスは、アメリカにて「LQ」の名称を商標登録したことが事の発端だ。

それは、米国USPTO(特許商標庁)にて2018年5月7日にて登録されていることが伺える。

>>USPTOの公式サイトはこちら

レクサスLQのコンセプト候補LF-1 limitless

レクサスLQのベースでコンセプトカーと見られるのが「LF-1 limitless」だ。

LF-1 Limitlessは、デトロイトモーターショー2018年にて「新しいラグジュアリーの方向性を提案するフラッグシップ・クロスオーバー」として世界初公開された。

外観(エクステリア)デザイン

レクサスLQの外装のヒントとなるLF-1 Limitlessのエクステリアがこちらだ。

レクサスLQのコンセプトの可能性があるLF-1 Limitless

フロントは、大径タイヤと共に張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現。

レクサスLQのコンセプトの可能性があるLF-1 Limitless

リヤは薄く水平に抜けたリヤコンビ―ネーションランプにより、ワイド感を強調。左右に分かれたリヤスポイラーが大きなガラスルーフの開放感を引き立てる。

全体的にまるでレクサスUXを大型化させたデザインという印象を受ける。

>>レクサスUXの最新情報はこちら

LF-1 Limitlessのデザインは、アメリカの南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.が担当。

長いノーズと後方に構えたキャビン、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現している所が特徴。

鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現させている。

ヘッドランプに関しては、フロントの立体的な造形へ一体化。

このミラーデザインから予想できるのは、市販モデルにはレクサスESで採用された「デジタルアウターミラー」が活用されるということだ。

デジタルアウターミラー

デジタルアウターミラー

>>レクサスES300hの最新情報はこちら

内装(インテリア)デザイン

レクサスLQの内装のヒントとなるLF-1 Limitlessのインテリア画像がこちらだ。

LF-1 limitless内装

前席は、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最先端のインターフェイスが採用されている。

また、ステアリング上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約。シフトレバーがなく、スイッチも少ないといったシンプルな空間と運転に集中できるコクピットが実現されている。

後席に関しては、開放的なレッグスペースに加えて、リヤシートエンターテインメントシステムや快適機能等をマルチオペレーションパネルで一括して操作することで、高い利便性・快適性を実現。

フラッグシップクロスオーバーにふさわしいくつろぎの空間を提供する事が意識されている。

ボディサイズ

LF-1 Limitlessのボディサイズは以下の通り。

  • 全長5,014mm
  • 全幅1,986mm
  • 全高1,605mm
  • ホイールベース2,974mm

レクサスLQのパワートレインにはPHV・EV・FCV設定の可能性も

コンセプトカーのLF-1 Limitlessには、通常のガソリンエンジンとハイブリッドモデルだけでなく、

  • プラグインハイブリッド(PHV)
  • 電気自動車(EV)
  • 燃料電池(FCV)

の搭載も想定されているため、レクサスLQのパワートレインには幅広いバリエーションが期待できる。

レクサスLQの先進安全装備 自動運転技術活用か

レクサスLQの先進安全装備には、自動運転技術が活用される可能性が考えらえる。

その理由としては、コンセプトカーのLF-1 Limitlessには、自動運転技術の提案がされているからだ。

  • 目的地までの運転操作を車両側が担うショーファーモード
  • ナビゲーションに時間の概念を導入し、車両や交通の状況に応じた判断により、休憩やレストランの提案、ホテルの予約などを可能とした4Dナビゲーションシステムの搭載

これらの機能がLF-1 Limitlessにて提案されており、市販モデルでの実現に期待がかかる。

これが第3世代Lexus Safety System +となるかは未知数だが、レクサスLQの大きな注目ポイントの一つとなる。

LQはLXとレクサスSUVの2大フラグシップへ

レクサスLX

レクサスLX

レクサスは各ジャンルの最上級(フラグシップ)モデルの名称の先頭にLをつける特徴がある。

セダン→LS(Luxury Sedan)
クーペ→LC(Luxury Coupe)
SUV→LX(Luxury Crossover)

このことから、LQに関しても「Lはラグジュアリー」、「Qはクロスオーバー」を意味すると思われる。

すでにレクサスのSUVのフラグシップモデルにはLXが存在するが、

  • レクサスLX:クロカンSUVのフラグシップ
  • レクサスLQ:都市型クロスオーバーSUVのフラグシップ

というように今後は、役割を分けたレクサスSUVの2大フラグシップになりそうだ。

これは、SUV人気が全盛期の今だからこそできる状況と言えるだろう。

レクサスLQに関する最新情報が入れば、またお伝えする。

レクサスに関連する記事

関連:レクサスUXの最新情報

関連:レクサスNXのフルモデルチェンジ情報

関連:レクサスRXのマイナーチェンジ情報

おすすめの記事