日産 次期マーチのフルモデルチェンジは2017年!SWAYがコンセプト!

日産のマーチが2017年にフルモデルチェンジをする予定だ。

5代目となる次期マーチは、現行モデルに比べて大幅に変化することになる。

すでにフランスのパリモーターショー2016では9月29日にマーチの海外モデルであるマイクラの新型がワールドプレミアされている。

次期マーチ(マイクラ)デザインを含めて相当気合の入ったモデルチェンジとなっており、日本でもこの新型モデルが導入されることで、かつてのマーチの勢いを取り戻せるかが焦点となっている。

今回は、パリで公開された新型マイクラと次期マーチのフルモデルチェンジに関する最新情報をお伝えする。

スポンサーリンク


日産 マーチとは?

<画像は初代マーチ>

日産マーチは、1982年から発売されているコンパクトカーの中でも歴史の長い日本の中でも有名な車種である。

2000年代よりも前は、ヴィッツの前身となるトヨタのスカーレットとの人気を2分するほどの大人気車種でもあった。

しかしながら、現在の4代目マーチからはタイで生産された輸入車となってしまい、近年は、先進的な軽自動車の台頭や様々なコンパクトカーのライバル登場によって、かつての優位性は失われつつある。

そのような事情もあって、5代目となる次期マーチには、かつての栄光を取すことができるかどうかに焦点が集まる。

新型マーチのフルモデルチェンジ最新情報について

新型マーチのフルモデルチェンジに関する最新情報は以下の通りとなる。

日産マーチのフルモデルチェンジは2017年!SWAYがコンセプトに

sway
<新型マーチのコンセプトとなるSwayの画像>
 

4代目マーチとなる現行型のK13型になってからは、タイに生産拠点が移されたということもあって、新興国向けになった感が否めず、かつて日本国内でコンパクトカーのリーダー的存在だったことがすでに過去になりつつある。

コンパクトカーと言えば、トヨタのアクア、ホンダのフィットを中心に、最近ではフルモデルチェンジしたマツダのデミオがかなりの好評価を経ている状況だ。

そんな状況の中を打破するため、5代目となる次期マーチは、相当気合の入ったものになる。

実際に、次期マーチのコンセプトとして見られているのが、2015年の3月に開催されたジュネーブショーで公開されたSWAYである。

次期マーチのコンセプトと見られるSWAY
SWAY
 

2014年にフルモデルチェンジしたデミオもコンセプトカーの時はかなりの好評であったが、そのコンセプトを上回るスタイリッシュでスポーティなデザインに、思わず、「これがマーチ!?」と思うほどだ。

次期マーチのコンプトと見られるSWAYのデザインに関して、フロントグリルには今後、日産車の主流となるであろうV字の形をした「Vモーショングリル」が採用されている。

日産SWAY
日産SWAY リア
日産SWAYインテリア
 

とにかく未来志向のデザインであり、フロントからリアにかけて独特の流れるようなプレスラインが、より存在感を感じさせるものとなっている。

また、SWAYの公式動画も公開されている。

次期マーチには、このSWAYのデザインをベースとされている。

新型マーチがパリモーターショー2016でワールドプレミア

日産は、新型マイクラ(日本名 マーチ)を2016年9月29日にパリモーターショーにて世界初公開した。

その新型マイクラの画像がこちらだ。

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a9

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a96

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a98

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a93

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a99

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a92

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a93

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a95

コンセプトカーのSWAYを現実的な形で市販化用のデザインにしたということが分かるデザインと言えるのではないだろうか。

そしてインテリアに関しての画像はこちらだ。

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%851

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%853

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a9%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%852

ナビゲーションディスプレーには、7インチフルカラーのディスプレイが装備され、AppleのCarPlayを経由してダウンロードをしたアプリケーション、Siriの音声コントロールを利用することが可能となっている。

エクステリア、インテリア共にスポーティな部分を全面に出しており、最先端なスポーツコンパクトカーとしての活躍が期待される。

ちなみに日産のゴーンCEOは、5代目となるこの新型マイクラについて、

「30年以上前にデビューした初代『マイクラ』の登場は小型ハッチバックセグメントにおける革命であり、日産にとって新たな歴史の幕開けでした。

5代目となる『マイクラ』は、初代と同様に革新的であり、ハッチバックがお客さまに何をもたらすことができるのか、何をもたらすべきなのかという期待を高めてくれるクルマです。

『キャシュカイ』や『ジューク』などの特徴的なモデルに引き続き、新しい『マイクラ Gen5』も、自動車デザインにおけるリーダーという日産のポジションを確固たるものにします。また、このクルマは、世界中のBセグメントの中で最も台数規模が大きく、最も競争が激しい欧州の同セグメントでトップになるという私たちの意志の表れです」

と語っている。

スポンサーリンク

次期マーチの先進機能について

  • 新型のマイクラに搭載されることが発表されたのは、
  • 車線逸脱防止支援システム(LDP)
  • 歩行者認識機能付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • ハイビームアシスト
  • 標識検知機能
  • ブラインドスポットワーニング

といった機能で、これまで日産のBセグメント車では搭載されていなかった多くの先進装備が惜しみなく投入されている。

また、日産とBose社がコラボレーションをすることによって誕生した「Bose Personal サウンドシステム(6スピーカー)」も専用の機能として装備される。

その他にも、ブラシレス電動パワーステアリングシステムを搭載したり、乗り心地を快適なものへと実現させる「アクティブライドコントロール」、アンダーステアを低減することで軽快なハンドリングがサポートしてくれる「アクティブトレースコントロール」も採用していて、まさに日産の本気を感じさせられる内容となっている。

次期マーチのパワートレインについて

%e6%97%a5%e7%94%a3-%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a96

次期マーチの欧州モデルのパワートレインに関しては、0.9ℓターボチャージャー付の3気筒ガソリンエンジンモデルと1.5ℓディーゼルエンジンモデル、そして、1.0ℓの自然吸気ガソリンエンジンモデルという3つのタイプが存在する。

いずれも5速MTのみとなる。

性能に関しては、ターボモデルが最高出力66kW(90HP)/最大トルク140Nm、ディーゼルモデルが最高出力66kW(90HP)/最大トルク220Nm、NAガソリンモデルが最高出力54kW(73HP)/最大トルク95Nmとなる。

次期マーチ フルモデルチェンジで新型プラットフォーム採用

次期マーチには、現在、エクストレイルに採用されている日産・ルノー共同開発された新型プラットフォームのCFM(コモン・モジュール・ファミリー)のBセグメントタイプが採用される。

このCMFについては、今後の日産・ルノーの新型車で相次いで採用される予定だ。

フルモデルチェンジ後の次期マーチのボディサイズに関して

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%a94

これまで、SWAYサイズが全長4,010mm、全幅1,780mm、全高1,385㎜、ホイールベース2,570㎜と大きめのサイズということから次期マーチのボディの大型化が心配されていた。

実際には、全長3,999mm×全幅1,743mm×全高1,455mmというように、全長は4,000mmを下回ったが、先代よりも全長が174mm、全幅が77mmとやや大きめの拡大がされることとなった。

また、4代目の生産拠点が日本仕様ではタイ、ヨーロッパ仕様ではインドであったが、今回は、ヨーロッパも生産拠点に含まれ、ヨーロッパ仕様の5代目マーチは、フランスのルノーのフラン工場で生産される。

次期マーチの日本仕様に関しては未定だが、従来の日本生産への回帰を期待したい所。

次期マーチのライバル

次期マーチのライバルとなりうる車種は、主に以下の車種となる。
〇トヨタ パッソ

新型パッソの新グレードのMODA(モーダ)

⇒新型パッソ・ブーンのフルモデルチェンジ2016!新グレードのモーダ(CILQ)がオシャレで注目

パッソについては、2016年にフルモデルチェンジを実施したばかりであり、コンパクトカーならではの、おしゃれでキュートなデザインが特徴的だ。

ちなみに、このモデルからダイハツのOEM車となった。

〇トヨタ ヴィッツ

トヨタのヴィッツに関しては、2017年の1月にマイナーチェンジを実施し、ハイブリッドモデルも追加されている。

新型ヴィッツ マイナーチェンジを2017年1月に実施してハイブリッド搭載!次期ヴィッツまでつなぐ

〇ホンダ フィット

フィット

ホンダのフィットに関しては、2017年にはビッグマイナーチェンジを実施し、先進安全装備のホンダセンシングの搭載やアクアの37.0km/ℓを超える大幅な燃費向上が見込まれている。

⇒新型フィットのマイナーチェンジ最新情報!2016-2017年内にホンダセンシング搭載の見込み

〇マツダ デミオ

新型デミオ

マツダのデミオは、2014年にフルモデルチェンジを実施し、欧州車のような美しいルックスと、ディーゼルエンジン搭載をさせるなど、一気に国産のコンパクトカーのレベルを引き上げた存在と言える。

⇒デミオのマイナーチェンジ2016 ナチュラルサウンドスムーザーが標準装備へ

2016年10月には、マイナーチェンジを実施して、マツダの最新技術のG-VECTORING CONTROLや歩行者検知対応の自動ブレーキを採用したi-ACTIVSENSE搭載など、コンパクトカーとしては、さらなる高機能化が進むと考えられる。

次期マーチ 自動運転システム搭載なら国内大ヒットの可能性

最後に注目したいのが、日本仕様の次期マーチに、新型セレナで搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」が搭載されるかどうか。

<新型セレナ>
新型セレナ

⇒次期セレナのフルモデルチェンジは2016年8月!自動運転等の最新情報掲載

もしも、それが実現すれば、次期マーチは、ノートはおろか、トヨタのアクアやホンダのフィットさえも脅かす大ヒットとなる存在になるのは間違いないだろう。

さらには、新型ノートに搭載されているEV技術を活用したe-POWERも採用となれば、かつての栄光を取り戻す可能性は一気に上がることとなる。

ただ、次期マーチに、プロパイロットやe-POWERを搭載してしまうことで、同じ日産のコンパクトカーであるノートの市場を奪ってしまう可能性が高く、コストの面等も考えると現実的には難しいだろう。

中には、次期マーチのボディサイズが大型化することで、ノートと競合するおそれがあり、次期マーチは、海外のみの販売になるとみるという情報も一部では存在する。

ただ、新型マイクラのデザイン面等が比較的好評な面を考慮すると、2017年内に新型マーチが日本発売される可能性は高いと予測したい。

次期マーチのフルモデルチェンジに関する続報が入れば、またお伝えする。

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

スポンサーリンク

次期マーチに対するVoice

・本当にSWAYが新型マーチになるんだろうか

・自動ブレーキはもちろん搭載されるよね

・ボディサイズがどれくらいになるのかが気になる

・キューブのモデルチェンジ待ってたけど、新型マーチにしようかな

・新型ノートとどっちにすべきか迷う・・・
<ネット上より>

新型マーチのボディサイズがどこまで大型化するのかが気になるユーザーは少なくない。

また、どこまでSWAYのデザインに近い形で市販化できるのかにも注目だが、そのデザイン次第でかつてのマーチの勢いを取り戻せるかどうかに大きく影響を与えることになりそうだ。

また、日産は、2016年には、マーチ以外にも主要車種となるセレナのフルモデルチェンジに加え、ノートもマイナーチェンジして、ハイブリッドモデルを出す予定であり日産ファンからすると、注目の年でもある。

自動運転技術だけでなく、デザインとしても飛躍することになるのかどうか期待したい。

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. トヨタのキャブオーバー型車のハイエースが、2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が取りざたされて…
  2. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  3. ホンダの次期ヴェゼルがフルモデルチェンジによってどのように進化するのか。 本記事では、次期ヴェ…
  4. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  5. スズキの軽スーパーハイトワゴンのスペーシアが2018年にフルモデルチェンジを実施する見込みだ。 …
  6. マツダのアテンザセダン、アテンザワゴンがフルモデルチェンジに関する最新情報を今回お伝えする。 …
  7. 日産の小型クロスオーバーSUVのジュークのフルモデルチェンジが2018年内に行われると見られている。…
  8. スバルのレヴォーグが2017年7月にビッグマイナーチェンジを行いD型モデルが発売される。最新バージョ…
  9. 日産のコンパクトカーのキューブのフルモデルチェンジに関する最新情報、そして予想内容を含めて今回お伝え…
  10. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. 日産のV37型スカイラインのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えする。 2014…
  2. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  3. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  4. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  5. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  6. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  7. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る