レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報!2017年秋に大幅改良実施。ハリアーとの競合に注目

レクサスの中型クロスオーバーSUVのレクサスNXが2017年秋にマイナーチェンジを行う。

レクサスNXと言えば、現在のSUV市場の需要が高騰する中、高級SUVの中でも人気が高い。

レクサスRXよりもコンパクトサイズのSUVということもあり、2014年のデビュー以降、レクサスの中でも売れ筋車種となっている。

そんなレクサスNXは、2017年秋にいよいよ後期モデルへとモデルチェンジが実施されこととなった。

今回は、レクサスNXのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けする。

スポンサーリンク

レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報!初の大幅改良へ

マイナーチェンジ後のレクサスNXのデザインを最初にご覧いただこう。

<新型レクサスNXのエクステリア>

まずは、新型レクサスNXのエクステリア(外観)のデザイン画像から。

マイナーチェンジ前よりもフロントバンパーを鋭くし、バンパー左右のダクト形状を大型化。

スピンドルグリルに関しては、レクサスRXやLXと共通性を持ったレイヤー状のデザインへ変更。

Fスポーツモデルに関してはメッシュデザインを改良。

ヘッドランプは、三眼式のLEDヘッドランプで超小型LEDランプユニットを採用。

新意匠のアルミホイールが採用されている。

リアコンビランプには、流れるウィンカーとして知られている「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」を採用。ランプのデザインも内側がブラックアウト化され、サイズもやや横長へと拡大されている。

さらに、リヤバンパー下部分のガーニッシュにはリブを追加。

注目部分は、「キックオープン機能付きパワーバックドア」が採用されたことだ。

これによって、両手に荷物を持ってふさがっている状態でもバックドアの開け閉めが可能となる。

<新型レクサスNXのインテリア>

次に新型レクサスNXのインテリア(内装)画像がこちらになる。

新型リモートタッチの採用や、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の一体化されたメーターフードセンターの搭載。

また、シンプルでかつ機能的に配置が変更されたクラスターのスイッチも見逃せない。

最も、大事なポイントとしては、10.3インチのワイド画面が採用されるようになったことだ。

レクサスISもマイナーチェンジで同様のモニター画面拡大化が行われたが、レクサスNXもそれに続くこととなった。

モニターが拡大されたことによって2画面表示が可能となりインターフェイスの使い勝手が向上する。

マイナーチェンジ後のパワートレインについて

新型レクサスNXは、マイナーチェンジ後もパワートレインについては基本変更は行われていない。

事前に3.5L V6エンジンの搭載や8速ATへの変更等の期待がされたものの、実現には至らなかった。

よって、新型レクサスNXのパワートレインは、これまで通り、ターボとハイブリッドモデルの2モデルがラインナップする。

ちなみにMC前の各スペックについては、

<ターボモデル>

  • 2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
  • 最高出力:175kW(238ps)/ 4,800~5,600r.p.m
  • 最大トルク:350kW(35.7kgf・m)/ 1,650~4,000r.p.m
  • トランスミッション:6 Super ECT (スーパーインテリジェント6速オートマチック)

<ハイブリッドモデル>

  • 2.5L 直列4気筒DOHC
  • 最高出力:112kW(152ps)/ 5,700r.p.m
  • 最大トルク:206kW(21.0kgf・m)/ 4,400~4,800r.p.m
  • フロントモーター最高出力:105kW(143PS)
  • フロントモーター最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)
  • リヤモーター最高出力:50kW(68PS)
  • リヤモーター最大トルク: 139N・m(14.2kgf・m)
  • トランスミッション:電気式無段階変速機(CVT)

となっている。

新型レクサスNXではグレード名称変更へ

これまでレクサスNXでは、ターボモデルを”NX200t”、ハイブリッドモデルを”NX300h”としてきた。

しかし、今回のマイナーチェンジ後は、ターボモデルは”NX300″へと名称変更される(ハイブリッドモデルは変更なし)。

ダウンサイジングターボも世間の認知度が高まったことや、3L並みの動力性能を訴求するためにNX300へと改められることになったと見られる。

スポンサーリンク

Lexus Safety System +を全グレードで採用

レクサスNXのマイナーチェンジ後には、レクサス最新の安全装備となる「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム)」が標準装備されることとなる。

そのLSS+の内容は、

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
  • レーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング振動機能付)
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]
  • 全車速対応レーダークルーズコントロール

となる。

レクサスNXは、マイナーチェンジ前にも、

  • ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • レーンディパーチャーアラート[LDA]

といった安全装備がメーカーオプションにて装備できたが、マイナーチェンジ後は、

  • プリクラッシュセーフティシステムが歩行者に対応した
  • オートマチックハイビームがアダプティブハイビームシステムに変更された

という部分が大きい。

また、マイナーチェンジ後のオプションとしては、「インテリジェントクリアランスソナー」と「リアクロストラフィックアラート」が設定される見通しだ。

その他、マイナーチェンジの内容について

その他、レクサスNXのマイナーチェンジの内容については以下の通りだ。

  • サスペンションのチューニングを最適化させ、ロール特性や操舵に対する応答性が改善
  • アブソーバーの変更
  • 新しいAVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)を搭載

これによって、乗り心地のと縦安定性が大きく改善されることとなる。

新型レクサスNX 日本発売は2017年秋

マイナーチェンジした新型レクサスNXの日本発売は、冒頭でもお伝えした通り2017年秋頃に行われる見通しだ。

価格については、15万円程度の価格上昇を予測したい。

最大のライバルは新型ハリアーか

新型レクサスNXの最大のライバルは、2017年6月に一足早くマイナーチェンジを実施するトヨタ ハリアーになるのは間違いない。

ハリアーのマイナーチェンジ最新情報はこちら

ハリアーは、マイナーチェンジによってNX同様の2リッターターボエンジンを搭載し、また全車速対応の追従機能付きクルーズコントロールや電動パーキングブレーキを搭載するなど、大掛かりな改良が行われている。

まさにレクサスNXのユーザー層を取り込みかねない程の充実した改良内容でもあることから、今後の動向が注目される。

レクサスNXのマイナーチェンジに関する最新情報が入れば、追ってお伝えする。

スポンサーリンク

<おまけ>

今あなたが乗っている車がいくらで売れるとお思いだろうか?

実は、車の買取相場がWEBでスグに見れるサービスがあるのだ。

⇒車買取相場が無料でスグ見れる!

自分の車の情報を入力すると、スグ概算価格が表示されるので、結果を今すぐ知りたい人にはオススメだ。

⇒詳細はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事

  1. ホンダのN-BOXが2017年秋にフルモデルチェンジを実施する。その次期N-BOXに関する最新情報を…
  2. レクサスRXに7人乗りモデルが追加されると共に改良が行われる。今回は、レクサスRXのロングホイールモ…
  3. トヨタの人気ミニバンであるノアとヴォクシーのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えする。デザイン改…
  4. トヨタのエスクァイアのマイナーチェンジ最新情報をお届けする。今回は、より高級感を訴求し、ノア・ヴォク…
  5. フルモデルチェンジする日産の次期リーフに関する最新情報をお届けする。バッテリー容量拡大や自動運転技術…
  6. トヨタのカムリハイブリッドがフルモデルチェンジをして大幅なリニューアルを行うこととなった。新世代プラ…
  7. マツダは、2017年に3列シートの7人乗りタイプの新型SUVとしてCX-8を発売させる。これは従来の…
  8. トヨタのハリアーがマイナーチェンジを実施し、大幅なリニューアルを図る。デザイン改良はもちろん、ターボ…
  9. スバルの新型SUVとしてアセントが北米で2018年に発売することが発表された。逆輸入という形で日本発…
  10. 日産の人気SUVのエクストレイルがビッグマイナーチェンジを2017年6月に辞しする見通しだ。自動運転…

ピックアップ記事

  1. レクサスのフラグシップセダンであるレクサスLS。2017年に念願のフルモデルチェンジが行われる。 …
  2. スズキの新型ソリオ(三菱自動車のデリカD:2)が2015年8月26日にフルモデルチェンジを実施した。…
  3. 日産の新型スカイラインクーペのフルモデルチェンジが2017年に実施される可能性が出てきた。 V…
  4. スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施される。 新…
  5. 日産のセレナが2016年8月にフルモデルチェンジを実施する。 具体的な発売時期に関しては、8月…
  6. エスティマのビッグマイナーチェンジが2016年6月6日に実施された。 以前は、エスティマについ…
  7. ホンダのオデッセイハイブリッドが2016年2月5日に発売開始となった。 以前から新型オデッセイ…
  8. トヨタのクラウンアスリート・ロイヤルが2015年10月1日にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  9. <2016.9月追記> 2016年11月22日に現行型マークXのビッグマイナー…
  10. アコードハイブリッドが発売されて、今年2015年で丸二年。 そろそろマイナーチェンジが行われる頃で…

おすすめ記事

  1. スバルのWRX S4・STIが2017年にビッグマイナーチェンジを実施してD型へと改良される。D型W…
  2. スズキの新型スイフトが2017年1月4日にフルモデルチェンジを実施して発売することをスズキは12月2…
  3. トヨタ自動車が満を持して発売する新型クロスオーバーSUVのC-HR。 このC-HRの動向が、2…
  4. レクサスGSは、2015年にビッグマイナーチェンジを実施し、デザイン、機能共に大幅な改良が施された。…
  5. ホンダのフリードのフルモデルチェンジが2016年に実施される。 現時点で最有力の発売時期は9月…
  6. 日産のシルフィの海外モデルであるセントラが2015年後半にビッグマイナーチェンジを実施した。 …
  7. 日本で2013年11月に発表され、 翌年2014年2月に発売された日産のスカイラインハイブリッド。…
  8. マツダがロサンゼルスモーターショー2015にて2代目にフルモデルチェンジされた新型CX-9を発表した…
  9. トヨタ自動車は、新型プリウスを2015年9月8日(現地時間)、アメリカのラスベガスで初公開された。 …
  10. 新型レクサスRXのフルモデルチェンジが2015年10月22日に発表される予定だ。 今回は、新型…

ブログランキング参加中

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 車ブログ 新車へ
にほんブログ村

2016-04-19_19h12_28
ページ上部へ戻る